© Peanuts Worldwide LLC

スヌーピーミュージアムは“恋ってすばらしい”を実感するお薦めデートスポット

© Peanuts Worldwide LLC

スヌーピーミュージアムは、現在、スヌーピーミュージアム特別展『Love is Wonderful―恋ってすばらしい。』が開催されており、バレンタイン・シーズンの装いに衣替えされ、デートスポットにもなっている。

 

スヌーピーミュージアム第2回展覧会『Hello again, Snoopy』(もういちど、はじめましてスヌーピー)開催の際、アメリカ合衆国からCharles M. Schulz Museum and Research Center(チャールズ M. シュルツ美術館&リサーチセンター)館長のKaren Johnson(カレン・ジョンソン)が来日し、SOUL SAPIENS | ソウルサピエンスのインタビューで「スヌーピーミュージアムはデートに最高の場所でしょ!?原画をじっくり読み込んで、その後、食事もできて・・・デートに最高でしょ!(笑)」と、デートにお薦めしたいスポットとしても日本国の『PEANUTS』(『ピーナッツ』)ファン、日本国の若者たちにメッセージを送ってくれた。Karen Johnson(カレン・ジョンソン)のメッセージを受けて、連日、多くのカップルがスヌーピーミュージアムを訪れ、ミュージアム・デートを楽しんでいる。果たして、どのようなミュージアム・デートが楽しめるのか―SOUL SAPIENS | ソウルサピエンス アンバサダーの戸高龍希が、特別展『Love is Wonderful―恋ってすばらしい。』が開催されているスヌーピー・ミュージアムでのミュージアム・デートを体験取材した。


今回は、SOUL SAPIENS | ソウルサピエンス アンバサダーの戸高龍希くんが、スヌーピーミュージアムでのミュージアム・デートを体験取材。スヌーピーミュージアムに到着した瞬間からウキウキ気分で入館し、館内に一歩足を踏み入れるとじっくり展示を観賞していた。そんな戸高龍希くんの様子を見ていた編集部スタッフは、今回の企画を忘れ、恋人の存在を放置して一人で楽しんでしまうパターンだと感じ、「今日は、デート企画なので・・・」と念を押したが・・・マイペースな戸高龍希くんは・・・。。。戸高龍希くんがリード?するミュージアム・デートを楽しんでいただきたい(笑)。

ホール&シアター

© Peanuts Worldwide LLC

館内に入ると一番に目に飛び込んでくるのは、「3Dピーナッツ」。アーティストの大谷芳照さんが4,452枚のコミックストリップでSnoopy(スヌーピー)とCharlie Brown(チャーリー・ブラウン)を壁面に表現した3Dモザイク。1枚1枚違うコミックストリップなので、恋人と一緒に好きなコミックストリップやシーン、キャラクターを見つけるのも面白いよ!「3Dピーナッツ」の前にあるドッグハウスの上で眠るSnoopy(スヌーピー)のスタチュー「ドリーミング・スヌーピー」は、フォトスポットになっているので、Snoopy(スヌーピー)を起こさないように恋人と一緒にそっと写真を撮影しよう!

 

壁面には、『PEANUTS』(『ピーナッツ』)の原作者でもあるカートゥニストのCharles M. Schulz(故・チャールズ M. シュルツ)さんと『PEANUTS』(『ピーナッツ』)のルーツを辿る写真などが展示されているよ。Charles M. Schulz(故・チャールズ M. シュルツ)さんの奥さんでもあるCharles M. Schulz Museum and Research Center(チャールズ M. シュルツ美術館&リサーチセンター)理事長のJean Schulz(ジーン・シュルツ)さんとの仲睦まじい夫婦写真やSnoopy(スヌーピー)のモデルになった愛犬スパイクの写真も展示されているので、恋人との将来に想いを馳せながら見るのもいいんじゃない!?

スタッフさんが次の扉を開けてくれると、そこはオープニングシアター。オープニングシアターでは、晴れ、曇り、風、雨など思い通りにならない恋模様が描かれたオリジナル映像「恋ってすばらしい。」が上映。原画を使って映像が作られていて、スヌーピーミュージアムだけでしか見ることができないんだって!恋人と寄り添って一緒に見てホッコリしよう!

ギャラリー

© Peanuts Worldwide LLC

ギャラリーに足を進めると、日本国初公開を含む『PEANUTS』(『ピーナッツ』)の原画約80点や初期の作品、アニメーションのセル画、ヴィンテージグッズなど約100点が展示。原画の下には日本語に翻訳されたものもあるので、わかりやすくて安心。原画は、予想以上に大きくてびっくり!新聞に掲載するときは、原画を縮小して掲載するんだって。スヌーピーミュージアムは、アメリカ合衆国のCharles M. Schulz Museum and Research Center(チャールズ M. シュルツ美術館&リサーチセンター)のサテライトミュージアムとして、数多くの原画を見ることができることで有名なんだよ。

© Peanuts Worldwide LLC

今回のスヌーピーミュージアム特別展『Love is Wonderful―恋ってすばらしい。』は、5つの章に分かれていて、その冒頭には日本国で出版されている『PEANUTS』(『ピーナッツ』)の翻訳を手掛ける詩人/絵本作家/翻訳家/脚本家の谷川俊太郎さんが特別に書き下ろした恋の詩も展示されているよ。なんだかロマンチックだったなぁ。展示のコンセプトは、うまくいかない“恋”と自分の思い通りにならない“気象”が重ね合わせられていて、壁面が色んな形や大きさ、パターンのドット模様に!ギャラリーのほとんどのエリアが撮影可能だから、壁をバックに恋人と一緒に写真を撮影してSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿するのもいいかも!ほかにもSnoopy(スヌーピー)とキスをしているような写真が撮影できるフォトスポットもあるからSnoopy(スヌーピー)とキスしちゃおう!恋人を置き去りにしてSnoopy(スヌーピー)とキスすると、恋人が拗ねちゃうから気をつけてね(笑)。

 

© Peanuts Worldwide LLC

 

   
error: