世界を掴んだディズニー・オフィシャル・アーティスト:カズ・オオモリの才能と信用―インタビュー

 
© 2017 So Mishima

© 2017 So Mishima

江渕良平: いままで手掛けた作品の中で思い入れの深い作品とその理由を教えてください。

[foogallery id=”6437″]

※画像はクリックすると拡大できます。

Kaz Oomori: 映画『Star Wars: The Force Awakens』(邦題:スター・ウォーズ/フォースの覚醒)のアートワークですね。実は、Poster Posse(ポスターポッセ)副社長/共同オーナーのRebecca Thompson(レベッカ・トンプソン)から「Disney(ディズニー)のチームがKazに描いてほしいと言っているんだけど、スケジュールがない」と言われたんです。1週間しないということでした。でも、待望の映画『Star Wars』(邦題:スター・ウォーズ)新シリーズだったので断る理由がないと思って、是非やらせてほしいと返答をして、納期やギャランティなどの契約締結からスタートしました。一番心配だったのは、Rebecca Thompson(レベッカ・トンプソン)だったと思うんですよね・・・間に合うか間に合わないか、信用を失うんじゃないか・・・そこら辺が一番重要なところだと思うんです。そこで、まずはRebecca Thompson(レベッカ・トンプソン)を安心させることが必要だと思い、1日のスケジュールを決めることを提案しました。1本何かラフを描いて朝の6時00分に送る、そうするとアメリカは昼から夕方なのでチェックをしてもらってフィードバックを送ってもらい、調整があれば調整をして昼の12時00分に送る、チェックをしてもらってフィードバックを送ってもらい、夕方18時00分にまた送り、まだフィードバックがあれば深夜0時00分に送るというスケジュールをアメリカの現地時間に合わせて1週間繰り返し続けました。1週間で3種類のポスターアートを完成させました。ポスターは3枚1セットで、アメリカのDisney Movie Rewards+Fandango VIPの企画として、Disney Movie Rewardsのウェブサイトで販売されました。僕のキャリアの中でもハードなスケジュールではあったんですが、こんな機会は滅多にないじゃないですか。これは何が何でもやり遂げたいと思ってやりましたね。その結果、Disney(ディズニー)のチームも喜んでくれて、その後もDisney(ディズニー)関連のアートワークをレギュラーでさせていただけることになりました。

江渕良平: 昨年、The Walt Disney Company(ウォルト・ディズニーカンパニー)本社にも行かれていましたね。

Kaz Oomori: 憧れだったので良かったです。映画『Snow White and the Seven Dwarfs』(邦題:白雪姫)の七人の小人が屋根を支えている・・・あの場所に自分が行けるとは思いもしませんでした。

江渕良平: Kazさんは、幼い頃にDisney映画『Pinocchio』(邦題:ピノキオ)を観たことで絵を描き始めましたが、The Walt Disney Company(ウォルト・ディズニーカンパニー)やThe Walt Disney Animation Studios(ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ)に入ろうとは思わなかったんですか。

Kaz Oomori: いやぁ・・・無理ですよ・・・とんでもないです。

江渕良平: The Walt Disney Company(ウォルト・ディズニーカンパニー)やThe Walt Disney Animation Studios(ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ)に入らなくても、Disney(ディズニー)の仕事ができるのはすごいことですよね。

© 2017 So Mishima

Kaz Oomori: 本当にありがたいことです。映画『Star Wars: The Force Awakens』(邦題:スター・ウォーズ/フォースの覚醒)のポスターアートを手掛けたときに、Disney(ディズニー)のチームから映画『Star Wars: The Force Awakens』(邦題:スター・ウォーズ/フォースの覚醒)の監督やキャスト、スタッフにポスターをプレゼントしたいということで、アメリカから約300枚くらいのポスターが送られてきてサインをして返送したんですが、そのときにDisney(ディズニー)のチームの方々からメッセージカードと名刺が添えられていて、The Walt Disney Company(ウォルト・ディズニーカンパニー)の名刺だ!Mickey Mouse(ミッキーマウス)がプリントされているんだ!と感動してしまいました。その後、Disney(ディズニー)のチームのリーダーに「今度、本社に遊びに行っても良いですか?」と連絡をしたら「ある仕事・プロジェクトの話や打ち合わせもあるので、是非来てください」とウェルカムな返事をいただいたんですが、でも、僕が一人で行くのも勿体無いと思って、Poster Posse(ポスターポッセ)とDisney(ディズニー)のチームのリーダー、僕がいま教えている奈良芸術短期大学に、生徒も一緒に連れて行きたいことを相談したらOKをいただいたので、20人限定で生徒を連れて行きました。

 
江渕良平: 素晴らしい。学生さんたちも喜んだんじゃないですか。

Kaz Oomori: いやぁ本当に良かったです。生徒も喜んでくれました。Walt Disney(ウォルト・ディズニー)さんのオフィスが、当時のまま保存されて残されているんですが、そこにも入らせていただくことができて、貴重な体験をすることができました。そのときに打ち合わせをしたのが、Disney映画『Moana』(邦題:モアナと伝説の海)アメリカ合衆国限定コレクティブル・チケットのアートワークに関する打ち合わせだったんですよ。

江渕良平: Disney映画『Moana』(邦題:モアナと伝説の海)アメリカ合衆国限定コレクティブル・チケットのアートワークも本当に素晴らしいですよね。

Kaz Oomori: ありがとうございます!今日持ってきたんですよ!

江渕良平: けっこうしっかりした分厚い作りなんですね。

© 2017 So Mishima

Kaz Oomori: そうなんですよ。あの、江渕さん・・・この間、取材もしていただいたこともありますので、良かったらどうぞ!

江渕良平: えぇぇぇ!!!うわぁめちゃくちゃ嬉しい!!!Kazさんのように日本人が世界を股に掛けて活躍していることを伝えるのは、僕の使命でもあり、『SOUL SAPIENS with Ryohei Ebuchi | ソウル・サピエンス』の使命でもあるので。ずっと前からKazさんを何らかの形でご紹介できればと思っていたんですけど、最初にご連絡をさせていただいてからお会いしたいお会いしたいと思いながらもずっとお会いできていなかったので、お会いできないままの取材は失礼に当たるし、お断りされるかも・・・と思っていたんですよ。

Kaz Oomori: いやいや、断る理由がないですよ!ありがとうございました!

江渕良平: こちらこそありがとうございます。そう言っていただけて嬉しいです。

Kaz Oomori: このコレクティブル・チケットのアートワークの打ち合わせを、The Walt Disney Company(ウォルト・ディズニーカンパニー)のカフェテリアでしたんですけど、このカフェテリアは、上司も部下も関係なくみんなが集って食事ができる場所になっているんですよ。Walt Disney(ウォルト・ディズニー)さんがご存命のときもそのカフェテリアでスタッフと一緒に食事をしていたところなんです。実は、ここで初めて、Poster Posse(ポスターポッセ)社長/共同オーナーのDon Thompson(ドン・トンプソン)とPoster Posse(ポスターポッセ)副社長/共同オーナーのRebecca Thompson(レベッカ・トンプソン)ともお会いすることになるんです。

江渕良平: え?いままでDon Thompson(ドン・トンプソン)やRebecca Thompson(レベッカ・トンプソン)とも会わないままPoster Posse(ポスターポッセ)に所属して、一緒にお仕事をされていたんですか。

Kaz Oomori: 会ったことなかったんですよ。ほぼ毎日のメールのやり取りだけです。

江渕良平: びっくりです。でも、Kazさんのお話を伺っていると、Kazさんの才能と努力、人間関係を構築するための努力、相手に対するリスペクトや感謝が信頼や信用に結びついて、仕事にも繋がっているように思いました。メールだけでお仕事を一緒に・・・というのは、海外でもなかなかないですよね。

© 2016 Kaz Oomori
© 2016 Poster Posse inc.

Kaz Oomori: 確かにないですし、怖いですよ。ただ、Poster Posse(ポスターポッセ)に関しては、Don Thompson(ドン・トンプソン)やRebecca Thompson(レベッカ・トンプソン)とお互いにリスペクトをして、お互いにまめにメールを送り合って、そして、心から「Thank you」ですよね。フィードバックもすぐに返すということを繰り返していました。Disney(ディズニー)のチームとDon Thompson(ドン・トンプソン)、Rebecca Thompson(レベッカ・トンプソン)と会ったときは、写真では見ているんですけど、本物と会えた!と感動でした。そして、みんなでThe Walt Disney Company(ウォルト・ディズニーカンパニー)の本社&スタジオ・ツアーに参加しました。

     
error: