• HOME
  • NEWS LIST
  • Music
  • リアム・ギャラガーが5月発売の3rdアルバムから先行シングルをリリース—デイヴ・グロールが共作しドラムを担当

リアム・ギャラガーが5月発売の3rdアルバムから先行シングルをリリース—デイヴ・グロールが共作しドラムを担当

リアム・ギャラガー氏が5月発売の最新アルバムから先行シングルをリリースし、リリックビデオを公開した!どのような楽曲になっているの!?記事を読み進めよう!

 
Liam Gallagher|リアム・ギャラガー
リアム・ギャラガーさんのシングル「Everything's Electric」のジャケット
Liam Gallagher|リアム・ギャラガー

リアム・ギャラガーさん
Photo by Greg Williams

シンガー/ソングライターのLiam Gallagher(リアム・ギャラガー)が、2022年5月27日(金曜日)に発売する3rdアルバム『C’mon You Know』(『カモン・ユー・ノウ』)より先行シングル「Everything’s Electric」(エヴリシングズ・エレクトリック)をリリースした。

 

シングル「Everything’s Electric」は、5月に発売するアルバム『C’mon You Know』の序章を飾り、緊張感と危険性を融合させたロックンロール・チューン。生々しくリズミカルなフレーズでパンクとヒップホップの融合は騒々しいベースによって強調され、リアム・ギャラガーの唸り声が象徴的。楽曲を彩るスライド・ギター、華麗なピアノ・プレイ、響くバッキング・ボーカルは、数々のロックンロール・サウンドに対するオマージュとも言える。

リアム・ギャラガーの盟友であり、グラミー賞やアイヴァー・ノヴェロ賞などを複数回受賞している音楽プロデューサーのGreg Kurstin(グレッグ・カースティン)がプロデュース、ロックバンドNirvana(ニルヴァーナ)のドラマーやロックバンドFoo Fighters(フー・ファイターズ)のドラマー/ヴォーカルを務めたミュージシャンのDave Grohl(デイヴ・グロール)がドラムを担当し、共作。リアム・ギャラガーとデイヴ・グロールは、Foo FightersがロックバンドOasis(オアシス)のツアーに参加して以来、互いに尊敬の念を抱き続けていたようで、近年ファンの間でもこの2人がコラボレーションするのではという憶測も広がっていたが、その憶測は事実となった。

 

リアム・ギャラガーは、イギリス(連合王国)現地時間2月8日(火曜日)にロンドン・O2アリーナで開催されるイギリス(連合王国)最大の音楽賞授賞式『The BRIT Awards 2022』(『ブリット・アワード2022』)に出演し、シングル「Everything’s Electric」をパフォーマンスする予定となっている。また、6月にネブワース・パークで2日間に渡る過去最大規模のソロライブを発表しており、3rdアルバム『C’mon You Know』の楽曲を中心に構成される予想。計160,000枚のチケットは、数時間で完売した。

Liam Gallagher(リアム・ギャラガー)の3rdアルバム『C’mon You Know』(『カモン・ユー・ノウ』)は、2022年5月27日(金曜日)に発売される。

INFORMATION

Liam Gallagher – Everything’s Electric from C’mon You Know

発売: 2022年2月4日(金曜日)

ダウンロード / ストリーミング
https://LiamGallagherJP.lnk.to/CMONYOUKNOWPu
ワーナーミュージック・ストア
https://store.wmg.jp/collections/liamgallagher
日本国内レーベル
https://wmg.jp/liam-gallagher/

 

 

© 2022 Warner Music UK Limited ©︎ 2022 Warner Music Inc. © 2022 Warner Music Japan Inc.
 
 

Liam Gallagher氏のシングル「Everything's Electric」では、Dave Grohl氏のドラムテクも輝く!Dave Grohl氏は、Nirvanaの「Nevermind」他すべての楽曲でGap BandやCameo、Tony Thompson(CHIC)のディスコ・フラムを引用し、ディスコ・フラムがどの楽曲にでも合うことを明かしている。

 
error: