すべては人類のために。

MISSION|ミッション

 
すべては人類のために。

地球上に約4,000,000,000年前に誕生したと言われる生命。

約7,000,000年前に誕生したと言われる二足歩行の猿人。

そして、約4,000,000年前に原始的な人類が誕生しました。

諸説ありますが、約200,000年前に存在した現生人類の祖先と言われるHomo Sapiens(ホモ・サピエンス)が、同時期に存在していたとされるHomo Neanderthalensis(ホモ・ネアンデルターレンシス)などの旧人類より進化を遂げ、いまの現生人類ヒトにまで進化したのは、賢く、創造力に富んでいたことで抽象的な思想を可能にし、文化の発展や人種間の交流、多様性を促進させ、芸術的な言動を促がすことに繋がったからであると言われています。また、発音を可能にする身体的条件・能力が整い、コトバを駆使してコミュニケーションをはかり、物事を伝え広める術を持ち、次代に繋げ、後世が継承したからであるとも言われています。現生人類ヒトによってラテン語で“賢いヒト”と名付けられたホモ・サピエンスは、夢やフィクションを信じ、コトバや絵、(象形)文字によって知識・技術を伝え広め継承し、文化を育み続け、いまの現生人類ヒトにまで進化したのです。

私たちは、ヒトとして、メディアとして、約200,000年前のヒト=ホモ・サピエンスの原点にかえり、10年・・・20年・・・50年・・・100年・・・1,000年・・・と、未来を見据え、“ヒト”と、ヒトが生み出す“モノ”・“コト”に焦点を当て、“リアル”に触れ、なるだけ多くの独自取材をして記事・画像・写真・映像・デザインを配信します。“いま”、そして、“これから”注目・話題の映画、テレビ、音楽、アート、ファッション、ライフスタイル、テクノロジーなどのニュースや情報、リポート、インタビューの配信を通して、“人類・生命のいま”、“人類・生命のこれから”、“いま起こっていること”、“ヒトの人生・軌跡”、“伝統・文化”、“エンターテインメント”、“エンターテインメントやカルチャー、フィクションなどの中に存在する大切な情報”、“想像する力”、“信じる力”などを日本国・全世界の人々に、特に若者に発信し、伝え、広め、アーカイヴし、人類・生命(の発展や未来)に貢献します。

GOAL|ゴール

 
エンターテインメント×メディア×クリエイティビティで世界を変える。

エンターテインメントやフィクションには、過去・現在・未来の事実・情報、歴史、社会情勢、社会問題、メッセージ、生命が生かされ生きるヒントなどの大切な情報も含まれます。

私たちは、映画・テレビ、音楽、アート、ファッション、ライフスタイル、テクノロジーなどのニュースや情報をただのニュースや情報として伝えて終わらせるのではなく、さらに掘り下げて、ヒト・モノ・コトそのもの、作り手や関わった人、作品、物事が伝えようとしていること、過去・現在・未来の事実・情報、歴史、社会情勢、社会問題、メッセージ、ヒト・生命が生かされ生きるヒントなどの大切な情報をよりわかりやすく丁寧に、クリエイターやアーティストのクリエイティビティを加えた記事・画像・写真・映像・デザインでお洒落に格好良く、多くのヒトに届けることができるように努力し、エンターテインメントやフィクションと、現実の間を繋ぎ、埋めます。

地球や世界そのものを変えることはなかなか難しいですが、エンターテインメント、文化(カルチャー)、フィクション、メディア、ヒトが持つ最大限の力を駆使・発揮し、一人でも多くのヒトに過去・現在・未来の事実・情報、歴史、社会情勢、社会問題、メッセージ、人・生命が生かされ生きるヒントなどを届ける、夢や希望、勇気、笑顔、感動を提供することで、人(の心)を動かし、少しずつでも世界・地球を変えることや変えるお手伝いになればと考えています。そして、ヒトが何かを思い、考え、会話・議論し、行動し、心が豊かになり、優しくなり、正しいことをしようと、そういう一人ひとりのヒトの集合体がコミュニティや社会を構成・構築し、地球・世界もより良い方向に変わっていくと確信しています。

CONCEPT|コンセプト

 
人の心や時間に余裕をつくるコンテンツ。

私たちは、特定のポップカルチャーやサブカルチャー等の熱心な愛好家Geek(ギーク)を対象としたメディアではなく、まだ興味・関心を持っていない人々に興味・関心を持っていただけるように、幅広く様々なトピックを伝え、きっかけづくりをするメディアです。幅広く様々なトピックを取り上げますが、その点と点は皆さんの中で繋がり、やがて線・環となるはずです。

混沌とした時代、喧騒の都市、人間(関係)の摩擦の中でも、ヒトとして大切な心・精神・魂・敬意・愛・優しさ・温もりを感じることができるような、“良い音楽を聴きながら読みたい”、“美味しいコーヒーや紅茶、お茶を飲みながら読みたい”と思ってもらえるような、人の心や時間に余裕をつくるちょっとお洒落で拘ったコンテンツ、記事・画像・写真・映像・デザイン・ウェブサイトを目指します。

社会派の“ポジティブ・メディア”として、ライターやクリエイターのポジティブな主観を記事・画像・写真・映像・デザインに含めることはありますが、第三者個人の権利を侵害する情報やプライベートな情報、悪い噂、フェイクニュース、批判(作品を含む)に関する記事・画像・写真・映像・デザインは、例外を除いて掲載・配信しない方針を貫きます。

error: