• HOME
  • NEWS LIST
  • Art
  • アートアクアリウム美術館 GINZAが東京・銀座三越新館にオープン—喧騒を忘れさせてくれる癒しの金魚アートと幻想空間

アートアクアリウム美術館 GINZAが東京・銀座三越新館にオープン—喧騒を忘れさせてくれる癒しの金魚アートと幻想空間

幻想空間の中で金魚アートを楽しむことができるアートアクアリウム美術館 GINZAが銀座三越新館にオープンした!どのような美術館・展示内容になっているの!?記事を読み進めよう!

 
アートアクアリウム美術館 GINZA
じっくり金魚を観察するSAPIENS TODAY|サピエンストゥデイ公式アンバサダーの加藤倖都さん ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi
アートアクアリウム美術館 GINZA

華道家の假屋崎省吾さんとコラボーションしたフラワーリウム“花鳥風月”第1弾 ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

アートアクアリウム美術館 GINZAが、2022年5月3日(祝日・火曜日)に東京・銀座三越 新館にオープンした。

 

アートxデザインxエンターテインメントx金魚のアクアリウムを融合した幻想的で華やかな和の世界が広がるアートアクアリウムは、2020年に東京・日本橋にオープンしたアートアクアリウム美術館(※2021年9月に閉館)に続く常設美術館としてアートアクアリウム美術館 GINZAを銀座三越新館にオープン。

アートアクアリウム美術館 GINZAは、“百華繚乱〜進化するアート〜”をテーマに、奈良・春日大社に代表される万灯籠と、そこに連なる永続的な金魚の回廊が来館者を迎える“静寂閑雅”、自然には存在しなかった金魚たちの美しい姿を蒐集する文化を表現した“飛耳長目”、都会の喧騒を忘れさせてくれる静かな滝の中で金魚が泳ぐ“落花流水”、色とりどりの華やかな金魚と光が交錯し折り紙の表現で再構築した“百華繚乱”、連なる堤灯と竹林、金魚が静かさと荘重な空間を演出する“竹林七賢”、様々な分野で活躍するアーティストとコラボレーションするフラワーリウム“花鳥風月”、アートアクアリウム美術館 GINZAでしか手に入らないお土産を販売する“千客万来”の6エリアで構成され、10の作品やアートピースを展示。各エリアには、テーマに沿った香りが漂うほか、作曲家のCornish(コーニッシュ)が手掛けた楽曲が彩り、癒しの空間の中で作品を楽しむことができる。

 

さらにフラワーリウム“花鳥風月”では、第1弾のコラボレーションとして、日本国を代表する華道家の假屋崎省吾とコラボレーションし、花瓶に見立てた小さな新作が、緻密に構築された造形美と華やかな花々、優雅に泳ぐ金魚が調和した壮大な作品に変身。本展で“静のいけばな”と“動の金魚”を世界で初めて融合した假屋崎作品の世界観がエリアいっぱいに広がる。

希少・貴重な金魚や新しい空間型作品、初の空中作品、コラボレーション作品なども登場していることで、これまでのアートアクアリウムの世界観に新たな息吹をもたらし、現代の喧騒を忘れさせてくれる癒しの金魚アートと幻想空間が誕生した。

INFORMATION

 

開業: 2022年5月3日(祝日・火曜日)オープン
時間: 10時00分から19時00分(最終受付18時00分)
休館: 銀座三越の休館日に準ずる ※メンテナンスにより不定期で休館する場合があります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
会場: 東京・アートアクアリウム美術館 GINZA ※入場は9階からエスカレーターで8階へ(東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越新館 8階)
料金: 日時指定予約制 WEBチケット 2,300円(税込) / 当日券 2,400円(税込) / 小学生以下 大人1名につき2名まで無料
注意: 当美術館に関する情報は予告なく変更になる場合があります。また、情勢によりやむを得ず、営業時間に変更が生じる場合や、休業となる可能性もあります。最新情報、詳細、注意事項を公式サイトおよび公式SNSにて必ずご確認ください。

 

 

アートアクアリウム美術館 GINZA
 
 

2020年に東京・日本橋にオープンしたアートアクアリウム美術館(2021年9月閉館)に続く第2章として、アートアクアリウム美術館 GINZAがオープン!各エリアは、金魚、水槽(の造形)、展示方法、水の音、音楽、香り、照明・・・すべてが融合し、癒しの幻想空間に!金魚の解説等は表示されていないが、実は希少・貴重な金魚もたくさん!帰ってから金魚の品種を調べてみるのも楽しみ方の1つかも。館内では、写真を撮影できるようフォトスポット用の照明も設置されている。假屋崎省吾さんの作品は、花木(いけばな)と金魚の壮大なシャンデリアのようで素敵だった!エリアいっぱいに広がる花木の香りも癒しに!

 
error: