ラッパーのXXXTentacionがアメリカ合衆国フロリダで銃撃され死亡

 
Jack McCain

HIP HOPシーンで人気を博しているラッパーのXXXTentacion(エックスエックスエックス・テンタシオン)ことJahseh Dwayne Onfroy(ジャセー・ドウェイン・オンフロイ)が、アメリカ合衆国現地時間2018年6月18日(月曜日)にアメリカ合衆国フロリダ州マイアミのディアフィールド・ビーチで銃撃され、死亡した。

 

XXXTentacion(エックスエックスエックス・テンタシオン)名義で音楽活動をしていたJahseh Dwayne Onfroy(ジャセー・ドウェイン・オンフロイ)は、アメリカ合衆国現地時間2018年6月18日(月曜日)にアメリカ合衆国フロリダ州マイアミのディアフィールド・ビーチにあるバイクショップで用事を済ませた後、自身の車に戻ったところを銃撃された。Twitter(ツイッター)上には、銃撃された直後、運転席に座って微動だにしないXXXTentacion(エックスエックスエックス・テンタシオン)の変わり果てた姿と、付近にいた人が警察や救急に通報する様子などを映した映像が目撃者によって投稿されており、この時点で既に死亡していたと見られる。

 

アメリカ合衆国のメディアの報道とアメリカ合衆国フロリダ州ブロワード郡の保安官事務所の発表によると、銃撃されたのはXXXTentacion(エックスエックスエックス・テンタシオン)、本名Jahseh Dwayne Onfroy(ジャセー・ドウェイン・オンフロイ)本人に間違いはなく、搬送先の病院で死亡が確認されたという。また、某車種に乗り、一人が赤いマスクをして、パーカーのフードを被った2人組の黒人がXXXTentacion(エックスエックスエックス・テンタシオン)を射殺したとの目撃情報も発表され、警察当局は強盗目的の殺人事件としても視野に入れ、懸賞金を掛けて容疑者の行方を追っている。これらの情報が発表された後、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上ではファンによっても容疑者探しが始まり、目撃情報と一致している人物が浮上しているようだが、浮上した彼らが容疑者か否かは定かではない。

銃撃後、目撃者によってTwitter(ツイッター)上に投稿された映像に映っていたのは、息が途絶えた後も硬く両手の拳を握りしめた、無防備な弱冠20歳のXXXTentacion(エックスエックスエックス・テンタシオン)の姿。17歳でデビュー、Billboard 200では2位を獲得し、瞬く間にその名を世界に知らしめ、様々な問題を抱えながらも、音楽活動を通して若者にメッセージを発信。最近、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で配信されたLIVE映像では、「最悪なことは重なる、俺はくだらないことに巻き込まれて死んでいく。俺の夢が叶うのを見ることはないかもしれない。せめて、若いみんなにだけでも、俺のメッセージが伝わっていてほしい」と、力強くも今回の事件を予言するようなメッセージをファンに投げかけていた。自身のInstagram(インスタグラム)のストーリーズには、今週末にチャリティーイベントを計画していることも投稿。

弱冠20歳という若すぎる才能の死に、世界中のファンが追悼し、再び銃規制を求める声も高まっている。

     
error: