• HOME
  • NEWS LIST
  • Music
  • ネッサ・バレットがNEWシングル「tired of california」をリリース—実直なリリックでロサンゼルスのダークサイドを探る

ネッサ・バレットがNEWシングル「tired of california」をリリース—実直なリリックでロサンゼルスのダークサイドを探る

TikTokでリップシンクとダンス動画が有名になったネッサ・バレット女史がNEWシングルをリリースした!どのような楽曲になっているの!?記事を読み進めよう!

 
Nessa Barrett|ネッサ・バレット
ネッサ・バレットさん ©︎ 2022 Warner Records and Nessa Barrett
Nessa Barrett - tired of california

ネッサ・バレットさんのNEWシングル「tired of california」ジャケット ©︎ 2022 Warner Records and Nessa Barrett

シンガーのNessa Barrett(ネッサ・バレット)が、2022年10月7日(金曜日)にNEWシングル「tired of california」(タイヤード・オブ・カリフォルニア)をデジタル配信リリースした。

 

不安障がいや双極性障がいを抱えながらも自身のプラットフォームを通してメンタルヘルス(精神的な健康)の重要性を提唱し、癒しを発信しているネッサ・バレットは、10月14日(金曜日)リリース予定のデビューアルバム『young forever』(『ヤング・フォーエバー』)より先行してNEWシングル「tired of california」をリリース。シングル「madhouse」(マッドハウス)とシングル「die first」(ダイ・ファースト)に続く同シングルは、「I get sick of sunshine on my perfect skin(綺麗な肌に降り注ぐ太陽の光), vapid conversation(くだらない会話), giving me the spin(耐えるわ)」「Driving down Mulholland(マルホランドをドライブして), closing both my eyes – (両目を閉じて…) ‘cuz they say you get more famous when you die(死んだらもっと有名になるって言うし)」、さらに中毒性のあるコーラスで「I’m so tired of California(カリフォルニアにはもう飽きた), I’m so tired of L.A(L.A.にはもう飽きた)」「where the real thing comes as often as the California rain(カリフォルニアの雨のように、本物がよくやってくる)」と、ロサンゼルスのダークサイドを探っている。

 

10月22日(土曜日)・同月23日(日曜日)・同月29日(土曜日)にアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスで開催される音楽フェス『When We Were Young Festival』(『フェン・ウィ・ワー・ヤング・フェスティバル』)に出演し、NEWシングル「tired of california」を初披露するほか、同月25日(火曜日)にはカリフォルニア州ロサンゼルス市のEl Rey(エル・レイ劇場)で開催するデビューアルバム『young forever』発売記念ライブ『YOUNG FOREVER LIVE!』(『ヤング・フォーエバー・ライブ!』)にも登場するようだ。

Nessa Barrett(ネッサ・バレット)のNEWシングル「tired of california」は、2022年10月7日(金曜日)にデジタル配信リリース。

INFORMATION

Nessa Barrett – tired of california from young forever
 
発売: 2022年10月7日(金曜日)

ダウンロード / ストリーミング
https://Japan.lnk.to/tocPu
日本国内レーベル
https://wmg.jp/nessa-barret/

 

 

©︎ 2022 Warner Records and Nessa Barrett © 2022 Warner Music Japan Inc.
 
 

Nessa Barrett女史は、不安障がいや双極性障がいを抱えながらも今年リリースのシングル「dying on the inside」を通して多くの人々に摂食障がいへの関心を持ってもらおうとしたりするなど、自身のプラットフォームでメンタルヘルスの重要性を提唱している。特に新型コロナウイルスによる感染症のパンデミック禍以降はメンタルヘルスを崩し精神疾患を抱えている人も増え、彼女の言動には勇気づけられるだろう。

 
error: