東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが新しい運営方法を公開—ゲストとキャストの健康と安全を守るための対策を徹底

東京ディズニーリゾート®︎(東京ディズニーランド®︎/東京ディズニーシー®︎)が営業再開に向けて新たな運営方法を公開した!新しい運営方法(衛生・安全対策)の内容は!?記事を読み進めよう!

 
Tokyo Disney Resort®︎|東京ディズニーリゾート®︎
©︎Disney
Tokyo Disney Resort®︎|東京ディズニーリゾート®︎

©︎Disney

東京ディズニーリゾート®︎(東京ディズニーランド®︎/東京ディズニーシー®︎)が2020年7月1日(水曜日)からの営業再開に先駆け、SRAS-CoV-2 / COVID-19(新型コロナウイルスによる感染症(急性呼吸器疾患))感染防止のための新しい運営方法を公開した。

 

パークでは、キャストはマスクを常時着用し、場所や必要に応じてフェイスシールドや手袋を着用。さらに施設の必要箇所やアトラクションの手すり、セーフティーバー、座席、レストランのテーブルやイス、ショップの棚を定期的に拭き上げるほか、レジ前にはシールドが設置され、接触感染や飛沫感染を防止する。ゲストは、入園時にゲートで検温をし、常時マスクを着用。アトラクションやレストランの待ち列に並ぶ際などは、足元に設置された目印に従い、ゲスト同士のソーシャルディスタンスを確保。アトラクションではグループごとに乗り物や座席の間隔をあけて搭乗する。エントランスやレストルーム、アトラクションの出口付近に消毒液が設置され、各自で手指の消毒をすることができる。

アトラクションやレストラン、ショップは必要に応じて利用できる人数や使用できるテーブル・席が制限されるほか、一部アトラクション、キャラクターとゲストとのふれあいが伴うグリーティングは休止。パレードやショーは、ソーシャルディスタンスを確保した上で、キャラクターがゲストに挨拶をするグリーティングのパレードやショーが予定されている。

東京ディズニーランド®︎、東京ディズニーシー®︎、ディズニーホテルなどは、新型コロナウイルス感染症感染防止、ゲストやキャスト、キャラクターの健康と安全を守るために様々な工夫と衛生・安全対策を講じていく。

 

パークの各施設での主な対応・対策やアトラクションなどの休止状況については、東京ディズニーリゾート®︎オフィシャルウェブサイトに掲載されるので事前にチェックしよう!

テーマパーク情報
Tokyo Disney Resort®
東京ディズニーリゾート®

住所: 〒279-8511 千葉県浦安市舞浜1-1
時間: 季節・曜日等により異なる
料金: 1デーパスポート 大人(18歳以上) 8,200円(税込) / 中人(中学生・高校生(12歳から17歳)) 6,900円(税込) / 小人(幼児・小学生(4歳から11歳)) 4,900円(税込)、シニアパスポート(65歳以上) 7,600円(税込)、3歳以下 無料、ほか
交通: JR京葉線・武蔵野線「舞浜駅」南口より徒歩、ディズニーリゾートライン&ディズニーリゾートクルーザー、ほか
駐車: 合計約12,500台(普通車 1日 平日2,500円 / 土曜日・日曜日・祝日3,000円)
運営: オリエンタルランド
お問い合わせ: インフォメーションセンター 0570-00-8632

Tokyo Disney Resort®
東京ディズニーリゾート®
https://www.tokyodisneyresort.jp

 

 

©︎Disney

いままでと同様とはいかないけど、まずはパークの営業が再開されることが一番。ただ、入園人数の制限により予想通りオンラインチケットの争奪戦が激化。7月分のオンラインチケットは完売、販売終了となっているようだ。7月1日(水曜日)16時00分より8月分のオンラインチケットの発売が開始される。なるだけ早く元通りの運営体制で楽しめるよう、新型コロナウイルスによる感染症が落ち着くことを願いたい。

     
error: