• HOME
  • NEWS LIST
  • Art , Comic
  • スヌーピーミュージアムが12月14日にオープン決定—スヌーピーファンの新聖地約2倍の広さで常設展と企画展
スヌーピーミュージアム

スヌーピーミュージアムが12月14日にオープン決定—スヌーピーファンの新聖地約2倍の広さで常設展と企画展

スヌーピーミュージアム

© Peanuts

スヌーピーミュージアムが、東京・南町田グランベリーパーク内に移転し、2019年12月14日(土曜日)にオープンすることが決定した。

 

アメリカ合衆国カリフォルニア州ソノマ郡サンタローザにあるChrles M. Schulz Museum and Research Center(チャールズ M. シュルツ美術館&リサーチセンター)の世界で唯一のサテライトミュージアム(分館)であるスヌーピーミュージアムは、東京・六本木から東京・南町田グランベリーパーク内に移転し、約2倍となる展示スペースにBROWN’S STORE(ブラウンズストア)が併設、隣接するアネックス(パークライフ棟)にはPEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)もオープンし、内容もパワーアップして生まれ変わる。

新しく生まれ変わるスヌーピーミュージアムの展示は、常設展と企画展で構成される。常設展『スヌーピーとピーナッツ・ギャング』は、チャールズ M.シュルツ美術館&リサーチセンターと同様にいつでもスヌーピーに会える充実した展示となり、4面の大スクリーンのオープニングシアターに続いて、原作者のCharles M. Schulz(チャールズ M. シュルツ)の生涯や作画のテクニックなどを紹介するほか、チャーリー・ブラウンをはじめとするピーナッツ・ギャングたちのコーナーやヴィンテージ・グッズのコーナー、フォトスポットにもなる全長約8mの巨大な“スリーピング・スヌーピー”が出迎えるスヌーピー・ルームなども設置。企画展は、チャールズ M. シュルツ美術館&リサーチセンターが所蔵する貴重な原画で構成され、6ヶ月毎に展示替えが行われる。第一弾として、現在のキャンプ・ブームやシーズンにもぴったりな企画展『ビーグル・スカウトがやってきた!』がオープニングから来年2020年6月28日(日曜日)まで開催され、隊長役のスヌーピーがウッドストックたちを従え、野山を駆け巡るビーグル・スカウトの誕生エピソードに始まり、美味しいマシュマロの焼き方やテントでの生活、厳しい自然の中での心得やリーダーの憂鬱など、個性豊かなメンバーたちが繰り広げるキャンプの世界を楽しむことができる。さらには、常設のワークショップルームも設けられ、ぬいぐるみやトートバッグ、キャンドル、和菓子など、様々なワークショップ・プログラムの開催が予定されている。

 

常設展&企画展

常設展

スヌーピーミュージアム

ピーナッツ・ギャング(左) / 巨大“スリーピング・スヌーピー”(右)
© Peanuts Worldwide LLC

アメリカ合衆国カリフォルニア州ソノマ郡サンタローザにあるチャールズ M. シュルツ美術館&リサーチセンター同様に、いつでもスヌーピーに会える充実した常設展示を新設。4面の大スクリーンのオープニングシアターに続いて、原作者チャールズ M. シュルツの生涯や作画のテクニックなどを紹介するほか、チャーリー・ブラウンをはじめとするピーナッツ・ギャングたちのコーナーやヴィンテージ・グッズのコーナー、全長約8mの巨大な“スリーピング・スヌーピー”が出迎えるスヌーピー・ルームなど、ボリュームたっぷりの展示が続く。

企画展

スヌーピーミュージアム

『ピーナッツ』原画(部分) 1978年8月16日(左) / 1989年4月30日(右)
© Peanuts Worldwide LLC

企画展の第一弾は、企画展『ビーグル・スカウトがやってきた!』がオープニングから来年2020年6月28日(日曜日)まで開催され、隊長役のスヌーピーがウッドストックたちを従え、野山を駆け巡るビーグル・スカウトの誕生エピソードに始まり、美味しいマシュマロの焼き方やテントでの生活、厳しい自然の中での心得やリーダーの憂鬱など、個性豊かなメンバーたちが繰り広げるかわいらしさいっぱいの世界を楽しむことができる。

 

© Peanuts Worldwide LLC

 

   
続きを読む
1 / 3
error: