• HOME
  • NEWS LIST
  • Kids , Television
  • セサミストリート エデュケーションサミットの開催が決定—国内外の有識者・教育関係者がオンライン学習のあり⽅や可能性を議論

セサミストリート エデュケーションサミットの開催が決定—国内外の有識者・教育関係者がオンライン学習のあり⽅や可能性を議論

セサミストリートを手掛けるセサミワークショップが、学校・地域・家庭における子どもの学習・教育について議論する『セサミストリート エデュケーションサミット』の開催を発表した!どのようなサミットになるの!?記事を読み進めよう!

 
Sesame Street|セサミストリート
©2020 Sesame Workshop. All rights reserved.

セサミストリートカリキュラム 導入映像

 

SESAME STREET|セサミストリート


Sesame Street|セサミストリート

Sesame Street(セサミストリート)は、世界中のすべての子どもたちが“かしこく”“たくましく”“やさしく”育つことを支援し、研究結果に基づいた各国・各コミュニティのニーズや文化に合ったコンテンツ、メディア、教育プログラムを提供しているアメリカ合衆国の501(c)(3)=非営利組織 Sesame Workshop(セサミワークショップ)/旧・Children’s Television Workshop(チルドレンズ・テレヴィジョン・ワークショップ)によって制作され、1969年11月10日にスタートした子ども向け教育テレビ番組。

 

アメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタンにあるとされる架空のストリート“セサミストリート”と、セサミストリートにあるとされるテラスハウスを舞台に、マペティア(パペティア)/映画製作者/プロデューサー/カートゥニストのJim Henson(ジム・ヘンソン)が創作したマペットと呼ばれる個性豊かで独創的なキャラクター:Elmo(エルモ)、Cookie Monster(クッキーモンスター)、Big Bird(ビッグバード)、Oscar the Grouch(オスカー・ザ・グラウチ)、Bert(バート)、Ernie(アーニー)、Grover(グローバー)たちと、ヒューマンキャストと呼ばれる俳優・女優たちが、様々なコーナーを繰り広げる。また、各界の著名人やセレブリティがゲストとして出演し、マペットたちと共演。1969年に誕生して以来、世界150以上の国と地域で愛され続け、世界の放送業界でも名誉と権威のあるEmmy Awards(エミー賞)を多数受賞し、いまもなお毎年新たな複数の受賞によって記録を更新し続けている。ここ日本国でも1971年からNHKで放送、2004年から2007年までテレビ東京系列で日米共同制作版が放送され、大人気を博した。現在、日本国では、ソーシャルメディアやYouTubeチャンネルでコンテンツを配信しているほか、教育分野で金融教育プログラム『夢をえがき、計画をたて、行動する:みんなで考えるファイナンシャルエンパワーメント』や小学校向け教育プログラム『セサミストリートカリキュラム』、医療分野で医科・歯科クリニック&病院向けプログラム『セサミストリートクリニック』など、様々なイニシアティブやブランド、プログラムを展開している。

Sesame Street
https://www.sesamestreet.org
Sesame Workshop
http://www.sesameworkshop.org
セサミストリート 日本国版
http://sesamestreetjapan.org
セサミワークショップ 日本事務局
https://www.sesameworkshop.org/ja

 

 

Sesame Street® and associated and related characters, trademarks and design elements are owned and licensed by Sesame Workshop. ©2020 Sesame Workshop. All rights reserved. ©/™ 2020 Sesame Workshop. All Rights Reserved.
 
 

過去の学習・教育の方針や方法に捉われず、そして、大人が勝手に子どもたちの学習・教育をこうしたいからこうするではなく、時代の移り変わりと共にいまの子どもたちが学習・教育で何を必要とし、何をベストとするのか・・・学校や先生が子どもたちに何を教え伝える必要があるのか・・・そう真剣に考えている大人・先生たちが、エゴを捨て、愛と本音で現場の生の声を届け、話し、議論する『セサミストリート エデュケーションサミット』。筆者も第1回に出席させていただいたが、次代の子どもたちの学習・教育に希望が持て、胸が熱くなるほどだった。今回は、学習・教育関係者や子どもの全般的な学習・教育に関心・興味がある方はもちろん、ちょっと専門的になるけど、⾮同期型・同期型のオンライン授業、ICT教育、⾮認知能⼒の育成と指導、教育メディアとテクノロジー、データ分析とエビデンスに基づいた教育、Learning Engineering(学習工学)に関心・興味がある方にオススメ!特に学校の先生を目指している学生や専門学生、若者にも参加してほしい!先生を目指す学生・友達同士で声を掛け合って参加申し込みをしよう!エルモもそう言ってた!笑、

 
error: