• HOME
  • NEWS LIST
  • Movie
  • 映画『マーベラス』マギー・Q渾身のスタントシーンを捉えた本編映像と場面写真が解禁—マーティン・キャンベル監督も絶賛

映画『マーベラス』マギー・Q渾身のスタントシーンを捉えた本編映像と場面写真が解禁—マーティン・キャンベル監督も絶賛

殺しの美学を持った超一流が戦いを繰り広げる映画『マーベラス』の新たな本編映像と場面写真が公開された!どのような本編映像と場面写真になっているの!?記事を読み進めよう!

 
The Protégé|マーベラス
マギー・Qさん演じるアンナ・ダットン © 2021 by Makac Productions, Inc.
The Protégé|マーベラス

敵から逃げるアンナ・ダットン(マギー・Qさん) © 2021 by Makac Productions, Inc.

映画『The Protégé』(邦題『マーベラス』)の本編映像と場面写真が公開された。

 

今回公開された本編映像と場面写真は、女優/モデルのMaggie Q(マギー・Q)演じる暗殺者Anna Dutton(アンナ・ダットン)が敵から追われ、銃で応戦するシーンを捉えた本編映像と場面写真。⾒どころとなるのは、アンナ・ダットンが敵の銃撃に応戦しながらも、ビルの上層階から消化ホースを使って華麗に⾶び降りるスタントシーンとなっており、このシーンはスタントマンを使わず、マギー・Q自ら演じているという。

マギー・Qは、本作の監督を務めた映画監督のMartin Campbell(マーティン・キャンベル)監督との撮影について「この映画では、世界最⾼のアクション監督と⼀緒に、⾃分のキャリアの中でやったことのなかったスタントをすることができたわ」と、撮影前に何度もリハーサルを繰り返し、新たなチャレンジをしたことも明かした。また、マーティン・キャンベル監督もマギー・Qのスタントについて「ジャッキー・チェンのもとで修⾏したこともあって、彼⼥のアクションは別格だ」と絶賛し、スタントシーンを本人がやると怪我のリスクも⾼く、保険料が嵩んでしまうため、アンナ・ダットンが⾞に衝突するシーンと、俳優のMichael Keaton(マイケル・キートン)演じる警護官Michael Rembrandt(マイケル・レンブラント)をガラステーブルに叩きつけるシーン以外はすべてマギー・Q本人が演じていることも明かし、「きっとそのシーンも、やれたと思うよ」と信頼を寄せているようだ。

映画『The Protégé』(邦題『マーベラス』)は、2022年7月1日(金曜日)より全国で公開される。

 
RECOMMEND
INFORMATION

裏社会で⻑年トップクラスの暗殺成功率を誇ってきたアンナ(マギー・Q)とムーディ(サミュエル・L.ジャクソン)。師弟コンビとして親⼦の様な絆で結ばれた2⼈だったが、ある⽇、ムーディが何者かに惨殺されてしまう。復讐に乗り出したアンナの前に現れたのは、ターゲットの護衛を請け負ったプロのセキュリティ、レンブラント(マイケル・キートン)だった。敵対関係のはずのアンナに、意外にもソフトな物腰で迫る、底知れない魅⼒を持ったレンブラント。復讐に燃える暗殺者vs完璧を追求する護衛者。超⼀流の知⼒とスキルを駆使した戦いには、予測不可能な結末が待っていた・・・
 
公開: 2022年7月1日(金曜日)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
監督: Martin Campbell(マーティン・キャンベル)
脚本: Richard Wenk(リチャード・ウェンク)
出演: Maggie Q(マギー・Q)、Michael Keaton(マイケル・キートン)、Samuel L. Jackson(サミュエル・L.ジャクソン)、Robert Patrick(ロバート・パトリック)、ほか
提供: ハピネットファントム・スタジオ、REGENTS
配給: REGENTS

 

 

© 2021 by Makac Productions, Inc.
 
 

Maggie Q女史は、Jackie Chan(成龍)氏の事務所に所属しており、Jackie Chan(成龍)氏のもとでスタントを習得。2006年公開の映画『Mission: Impossible III』や2007年公開の映画『Live Free or Die Hard』でも切れ味鋭いスタントを披露、タフなヒロイン像をつくり出し、映画『The Protégé』でもスタント能力を存分に発揮し、アンナ・ダットンとして復讐に燃える。

 
error: