Anheuser-Busch InBev © 2019

京都・法輪寺で『CORONA SUNSETS SESSIONS KYOTO』来週開催、古都の絶景と音楽を楽しむ

京都・法輪寺(虚空蔵法輪寺)

音楽イベント『CORONA SUNSETS SESSIONS KYOTO』(コロナ・サンセッツ・セッションズ・キョウト)が、来週2019年5月11日(土曜日)に京都・法輪寺で開催される。

 

軽い味わいと、ライムを挿してそのまま立ち飲みするスタイルが若者にも人気を博し、世界中のフェスやイベントなどでもお馴染みとなっているメキシコ産リゾートビール“コロナ・エキストラ”。CORONA(コロナ)は、人生における本質的な豊かさや歓び、価値観の大切さを示唆する“THIS IS LIVING.”(これが人生だ、これが生きることだ)をメッセージに掲げ、そのメッセージと世界観を音楽とサンセットの中で楽しむことができる音楽イベント「CORONA SUNSETS SESSIONS」を開催しており、2016年の東京での開催を皮切りに、大阪、神奈川・横浜、福岡、北海道・札幌で開催。また、別ラインでは、2004年にスペイン王国のイビザでスタートした大型ビーチフェスティバル『CORONA SUNSETS FESTIVAL』(コロナ・サンセッツ・フェスティバル)を、2015年から沖縄でも開催している。

そして、今回、音楽イベント「CORONA SUNSETS SESSIONS」が初めて京都で開催されることとなり、京都の代表的な寺院として清少納言の『枕草子』で挙げられているほか、本尊虚空蔵菩薩のご利益が『今昔物語』にも描かれている由緒ある寺院、嵐山の法輪寺(通称 虚空蔵法輪寺)が会場に選ばれた。約1300年前の和銅6年(713年)に第43代日本国天皇の元明天皇陛下の勅願によって行基菩薩が木上山葛井寺として創建したのがはじまりとされる法輪寺は、嵐山の渡月橋を渡った先に静かに佇み、“舞台”と呼ばれる展望台からは渡月橋や小倉山、嵯峨野を一望でき、遠くには京都タワーを望むことがきる。暮れゆくサンセットが映える古都の絶景をバックにして、コロナ片手にロックバンドDATS(ダッツ)やバンドTENDRE(テンダー)、バンドEmerald(エメラルド)、DJ YOTTUの雰囲気抜群の音楽を肌で感じながら、日常を忘れて“チルアウト”できる最高のイベントになりそうだ。

 

音楽イベント『CORONA SUNSETS SESSIONS KYOTO』(コロナ・サンセッツ・セッションズ・キョウト)は、来週2019年5月11日(土曜日)に京都・法輪寺で開催される。

イベント情報
CORONA SUNSETS SESSIONS KYOTO
コロナ・サンセッツ・セッションズ・キョウト
  • 日程: 2019年5月11日(土曜日)
  • 時間: 16時00分から20時00分
  • 場所: 京都・法輪寺(京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町)
  • 料金: 入場無料・完全招待制(400名様を抽選でご招待)※応募締切済
  • 出演: DATS、TENDRE、Emerald、YOTTU
  • 注意: 飲酒を伴うイベントのため、20歳未満の方のご入場はできません。お車でお越しになる場合は飲酒及び飲酒運転を固くお断りいたします。雨天の場合はやむを得ず中止とさせていただく場合がございます。雨天中止の場合は、ホームページ及びソーシャルメディアでご案内させていただきます。

CORONA SUNSETS SESSIONS KYOTO
コロナ・サンセッツ・セッションズ・キョウト
http://corona-extra.jp/event/corona-session/

 

Anheuser-Busch InBev © 2019

 

   
error: