Paul Smith Exhibition

©2016 Ryota Isomura

昨日2016年7月27日(水曜日)から8月23日(火曜日)まで、上野の森美術館にて、『ポール・スミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH』(東京会場)が開催されている。

 

この展覧会は、2013年11月にイギリス・ロンドンのデザイン・ミュージアムで開幕、日本国では、京都(終了)、東京(開催中)、名古屋の3都市で開催し、1998年に開催された『ポール・スミス TRUE BRIT』展に続く2回目の大型展覧会となる。

©2016 Ryota Isomura

©2016 Ryota Isomura

世界中で高く評価されているファッションデザイナーのSir Paul Smith(ポール・スミス)自ら展示品を厳選し、10のセクションから構成され、Sir Paul Smith(ポール・スミス)が収集した絵画や写真のコレクションの展示、オフィスや1号店、デザインスタジオ、初めてのショールームなども細かく再現され、見どころ満載。ストライプ柄のローバー社(当時)のミニは、『ポール・スミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH』で世界初公開。これらの展示を通して、Sir Paul Smith(ポール・スミス)の感性やクリエイティブな精神、アイデアやインスピレーションの源を知り、デザイナーとして、そして、経営者としての歩みを辿ることができる。

 

©2016 Ryota Isomura

Sir Paul Smith(ポール・スミス)が収集した絵画や写真のコレクションの中には、アーティストのAndy Warhol(アンディ・ウォーホル)、芸術家のBanksy(バンクシー)、日本国の現代美術家/ポップアーティストの村上隆などの作品もある。他にも展示品をゆっくり細かく一つひとつ見ることで、Sir Paul Smith(ポール・スミス)の人柄や感性に触れることができるかもしれない。

『ポール・スミス展』の来場者には全員にオリジナルイヤホンがプレゼントされ、自分の携帯電話やスマートフォンで『ポール・スミス展』スペシャルアンバサダーを務める俳優の松田翔太による無料音声ガイドを聞くことができるほか、展示品は全て写真撮影・公開が可能となっている。

東京での会期終了後は、2016年9月11日(日曜日)から10月16日(日曜日)まで名古屋(松坂屋美術館)で開催される。

ポール・スミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH 東京会場
  • 会期: 2016年7月27日(水曜日)から8月23日(火曜日)
  • 会場: 上野の森美術館
  • 主催: 上野の森美術館、読売新聞、フジテレビジョン、ぴあ
  • 協賛: 伊藤忠商事、ジョイックスコーポレーション、オンワード樫山、スタイル、シチズン時計、ロイネ、Sony UK
  • 特別協力: Paul Smith Ltd.
  • 協力: ANA
  • 後援: ブリティッシュ・カウンシル、J-WAVE
  • 入場料: 当日 一般 1,500円 / 高校・大学生 1,200円 / 小学・中学生 500円
  • お問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600

ポール・スミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH
http://paulsmith2016.jp/

写真: 磯村 亮太

   
error: