Universal Cool Japan 2017

™&©TOHO CO.,LTD.

™&©TOHO CO.,LTD.

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、『ユニバーサル・クールジャパン2017』を2016年12月16日(金曜日)から2017年6月25日(日曜日)までの期間限定で開催することと続報第3弾を発表した。

 

ユニバーサル・クールジャパンは、世界的に高い評価を受けている、日本国が生み出した優れた“クール”なエンターテイメントブランドをユニバーサル・スタジオ・ジャパンならではのアイデアと創造力、再現力の高さによって、その世界をリアルに体感できるアトラクションやエンターテイメントを壮大なスケールで展開し、人気を博している。

ユニバーサル・クール・ジャパン2017の第3弾は、今年2016年10月までに発表した『ゴジラ・ザ・リアル 4-D』、『戦国ザ・リアル at 大阪城』に続き、独特の世界観やストーリーで国内外から絶大な支持を受けている『エヴァンゲリオン』シリーズ、そして、個性豊かなキャラクターと巨人に襲われる恐怖を描いたストーリーで世界的に人気を博している『進撃の巨人』が更なる進化を遂げて登場する。

エヴァンゲリオン XR ライド
©カラー

©カラー

1995年の初放送時から社会現象を巻き起こし、20年の時を超えていまもなお人気の衰えない大ヒットアニメーション『エヴァンゲリオン』が、世界初のライド・アクションに進化し、『エヴァンゲリオン XR ライド』となって登場。予測不可能な動きのビーグル(ライド)に乗り込んだゲストは、360度見渡す限り忠実に再現され創りこまれた『エヴァンゲリオン』のリアルな世界観の中、前後左右に振り回されながらエヴァと使徒との戦闘に巻き込まれ、襲い来る巨大な使徒から猛烈なスピードで逃げ惑う恐怖と躍動感を全身で体験できるライド・アトラクションとなる。重力体験、360度創りこまれたパークオリジナル3D映像のシンクロによって実現した迫力溢れる臨場感に大興奮する。

 
進撃の巨人・ザ・リアル 4-D 2
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

単行本販売部数6,000万部超を記録し、発売時にはアメリカ合衆国の『The New York Times』(ニューヨークタイムズ)のベストセラーランキング上位にランクインするほど、世界中から高い評価を受けている『進撃の巨人』。いままでよりもさらに進化した『進撃の巨人・ザ・リアル 4-D 2』は、巨人の代表格ともいえる60m級の“超大型巨人”と圧倒的な強さを誇る“鎧の巨人”が初出現し、ゲストは壮絶な戦闘に巻き込まれ、いまだかつてない恐怖を体感できる4-Dシアター・アトラクション。目の前に立ちはだかる巨人と対峙する絶望感、そして、生き残るために巨人に立ち向かう緊迫感により、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでしか体験できない戦闘体験となる。

戦国・ザ・リアル at 大阪城
Universal Studios Japan

Universal Studios Japan

『戦国・ザ・リアル at 大阪城』は、大阪城に出現するエンターテイメント特区で2016年12月16日(金曜日)から2017年3月12日(日曜日)までの期間限定で開催する世界初のスペクタル・ライブショー。大阪市が推進する大阪城PMO事業の一環として開催される。特別史跡大阪城跡(大阪城)に映し出される大迫力のプロジェクション・マッピングと幅36mにも及ぶ壮大なステージで繰り広げられる戦国武者たちの壮絶な合戦、数百発の豪華絢爛なパイロなどによる大迫力の演出、真田幸村の気概や勇敢さと想像をはるかに超える華やかさで壮麗な演出は、込み上げるほど感動と興奮を覚える体験になる。また、西の丸庭園では、壮大な大阪城を背景に戦国時代の楽市・楽座の装いのリアルな夜店が軒を並ねたエリアも登場し、まるで戦国時代にタイムスリップしたかのような、これまでにないスケールとクオリティの戦国エンターテイメントが繰り広げられる。

ゴジラ・ザ・リアル 4-D
™&©TOHO CO.,LTD.

™&©TOHO CO.,LTD.

『ゴジラ・ザ・リアル 4-D』については、過去の記事を参照。尚、限定アートを使用したレアなグッズや特別仕様のフィギュアなども発売されることが発表された。

今後もユニバーサル・スタジオ・ジャパン『ユニバーサル・クールジャパン2017』は、第3弾以降も新たなアトラクションやエンターテイメント、イベントを発表する予定だ。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
https://www.usj.co.jp/

画像提供: ユー・エス・ジェイ / ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

™&©TOHO CO.,LTD.
©カラー
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

   
error: