• HOME
  • NEWS LIST
  • Universe
  • 特別展『恐竜博 2023』が来年3月より国立科学博物館で開催—今回の主役はトゲトゲの鎧竜“ズール”!全身実物化石を日本国初公開

特別展『恐竜博 2023』が来年3月より国立科学博物館で開催—今回の主役はトゲトゲの鎧竜“ズール”!全身実物化石を日本国初公開

2019年開催の特別展『恐竜博 2019』以来約3年半ぶりに特別展『恐竜博 2023』が国立科学博物館で開催されることが発表された!どのような恐竜博になるの!?記事を読み進めよう!

 
ズール・クルリヴァスタトルとゴルゴサウルス
ズール・クルリヴァスタトル(左)とゴルゴサウルス(右) © Royal Ontario Museum photographed by Paul Eekhoff
特別展『恐竜博 2023』

今回発表された特別展『恐竜博 2023』のポスタービジュアル

特別展『恐竜博 2023』が、来年2023年3月14日(火曜日)より東京・国立科学博物館で開催される。

 

2019年にデイノケイルスとむかわ竜の全身復元骨格を世界で初めて公開した特別展『恐竜博 2019』以来約3年半ぶりに特別展『恐竜博 2023」が開催されることが発表された。

本展は、恐竜たちの「攻・守」をテーマに、“攻”を代表して鎧竜史上最高の完全度と謳われるカナダ・Royal Ontario Museum(ロイヤルオンタリオ博物館)所蔵のズール・クルリヴァスタトル(アンキロサウルス類)の全身実物化石を館外では初となる日本国で初めて公開するほか、“守”を代表してズール・クルリヴァスタトルと同じ時代に生きたゴルゴサウルス(ティラノサウルス類)の全身復元骨格を相対・対峙するように展示する。さらに、2020年に国立科学博物館とアルゼンチン共和国・Museo Argentino de Ciencias Naturales(アルゼンチン自然科学博物館)の共同調査チームが発掘し、今年メガラプトル類の新種と発表された、南半球において生態系の頂点の座を確立したとされる大型肉食恐竜マイプ・マクロソラックス(メガラプトル類)の化石を、白亜紀最末期に北半球の生態系の頂点にいたティラノサウルス・レックス“Scotty”(スコッティ)などと対比しながら紹介する。身を守るためにトゲやプレートを進化させた装盾類(剣竜と鎧竜の総称)の進化について解説され、来場者は恐竜たちの「攻・守」から恐竜の進化を読み解きなおし、恐竜学・古生物学の最前線を知ることができる。

本展の展示で日本国初公開となるロイヤルオンタリオ博物館所蔵のズール・クルリヴァスタトルの全身実物化石は、全長約6mもあり、アンキロサウルスと肩を並べる最大級の鎧竜。アメリカ合衆国モンタナ州で約76,000,000年前の地層から、頭骨から尾の棍棒まで揃って発見され、アンキロサウルス類では初の事例となった。本展では、鎧竜類に特徴的な頭部から背中を覆う装甲、尾の棍棒までを展示する。また、国立科学博物館とアルゼンチン自然科学博物館の共同調査チームがアルゼンチン共和国パタゴニア南部で約70,000,000年前の地層から化石を発掘した新種の大型肉食恐竜マイプ・マクロソラックスは、マイプ=パタゴニア地方に伝わる冷たい風で人を凍え死にさせる悪霊・マクロソラックス=大きな胴体を意味し、メガラプトル類の中でも最大級でメガラプトル類最後の種である可能性が高いという。生きていた時は、推定で全長9m、体重5t、骨(化石)から胴体の幅が約1.2m。発掘地から約100点の骨や歯の化石が発見されたが、頭部や前肢などの化石はまだ発見されておらず、調査研究が継続されており、次回の現地調査は本展開催直前の来年1月頃に計画されている。

 

本展のさらに詳しい情報や、入場料・入場方法、音声ガイド、グッズなどの情報は、今後決定次第発表される。

特別展『恐竜博 2023』は、来年2023年3月14日(火曜日)から6月18日(日曜日)まで東京・国立科学博物館で開催。終了後は、巡回展が7月7日(金曜日)から9月24日(日曜日)まで大阪・大阪市立自然史博物館で開催される予定となっている。

RECOMMEND
INFORMATION

 

会期: 2023年3月14日(火曜日)から6月18日(日曜日)
時間: 9時30分から17時00分(入館は16時30分まで)
休館: 月曜日
会場: 東京・国立科学博物館(東京都台東区上野公園7-20)
料金: 入場料・入場方法等の詳細は決定次第、公式サイトでお知らせします。
備考: 終了後、巡回展を7月7日(金曜日)から9月24日(日曜日)まで大阪・大阪市立自然史博物館で開催予定。
注意: 情勢によりやむを得ず、会期や開館時間等に変更が生じる場合や、休館となる可能性もあります。最新情報、詳細、注意事項を公式サイトにて必ずご確認ください。
お問い合わせ: ハローダイヤル 050-5541-8600

 

 

特別展『恐竜博 2023』
 
 

遂に!国立科学博物館の『恐竜博』が帰ってくる!約3年半ぶりに開催される今回も目玉の展示が用意されており、カナダ・ロイヤルオンタリオ博物館所蔵のズール・クルリヴァスタトルの全身実物化石が館外では初となる本展で日本国初公開!さらに2020年に国立科学博物館とアルゼンチン共和国・アルゼンチン自然科学博物館の共同調査チームが発掘したメガラプトル類の新種マイプ・マクロソラックスの化石も公開される!そして、これだけでは終わらない予感がするのは、本展開催直前の2023年1月頃に計画されている現地調査だ。ここで新たな発見や調査研究成果があれば、本展で発表・公開されるはず!ワクワクウキウキが止まらない!今後、さらなる詳しい情報や音声ガイド、グッズなどの情報も発表されるだろう。

 
error: