• HOME
  • NEWS LIST
  • Universe
  • 来春オダイバでスピノサウルスの未公開化石標本を日本国初公開—泳いでいる姿を再現した全長15mの新作ライフサイズロボットも

来春オダイバでスピノサウルスの未公開化石標本を日本国初公開—泳いでいる姿を再現した全長15mの新作ライフサイズロボットも

来年2024年春に東京・フジテレビ本社屋で開催される展覧会『オダイバ恐竜博覧会2024-福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-』の新たな情報が発表された!記事を読み進めよう!

 
オダイバ恐竜博覧会2024-福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-
スピノサウルスの泳ぐ姿が再現された全長15mのライフサイズロボットが世界初公開 ※画像はイメージ ©︎ ココロ
オダイバ恐竜博覧会2024-福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-

スピノサウルス 頭骨化石標本(復元)

来年2024年3月20日(祝日・水曜日)より東京・フジテレビ本社屋にて開催される展覧会『オダイバ恐竜博覧会2024-福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-』でスピノサウルスの未公開化石標本が日本国で初めて公開されることが明らかになった。

 

個人が所蔵するスピノサウルスの未公開実物化石標本が日本国で初めて展覧会『オダイバ恐竜博覧会2024-福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-』に展示されることが発表。さらに世界中の博物館に展示する恐竜ロボットを製作していることで知られるココロが本展のために製作した全長15mにもおよぶスピノサウルスの新作ライフサイズロボットのイメージ画像も発表された。スピノサウルスのライフサイズロボットは、水中を泳いでいる姿が再現され、世界で初めて本展会場となるフジテレビ球体展望室に展示される。

展覧会『オダイバ恐竜博覧会2024-福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-』は、2024年春の北陸新幹線福井・敦賀開業に合わせ、福井県と福井・福井県立恐竜博物館の全面協力のもと開催される恐竜展。第1会場「恐竜って何だ??」、第2会場「恐竜研究最前線!」、第3会場「王者の部屋」で構成され、福井県立恐竜博物館が所蔵するトリケラトプスやアクロカントサウルスなどの全身骨格標本22体、福井県で発掘された化石標本など、約70点の標本を展示するほか、化石発掘体験コーナーや北陸新幹線関連の展示コーナー、グッズショップも併設する。

 

展覧会『オダイバ恐竜博覧会2024-福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-』は、来年2024年3月20日(祝日・水曜日)から5月6日(休日・月曜日)まで東京・フジテレビ本社屋にて開催される。

RECOMMEND
INFORMATION

会期: 2024年3月20日(祝日・水曜日)から5月6日(休日・月曜日)
時間: 10時00分から18時00分(最終入館17時30分)
休館: 会期中無休
会場: 東京・フジテレビ本社屋(東京都港区台場2-4-8)
料金: 一般 当日 2,200円(税込) 前売り2,000円(税込) / 中学生・高校生 当日 1,500円(税込) 前売り 1,300円(税込) / 3歳〜小学生 当日 1,300円(税込) 前売り 1,100円(税込) / 3歳未満 無料
注意: 情勢によりやむを得ず、会期や開館時間等に変更が生じる場合や、休館となる可能性もあります。最新情報、詳細、注意事項を公式サイトにて必ずご確認ください。

 

 

展覧会「オダイバ恐竜博覧会2024-福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-」
 

スピノサウルスは、状態の良い化石が発掘されていないことから未だ謎だらけの恐竜。ワニに類似する細長い吻部、表面に縦皺の走る円錐形の歯、頭頂部の小型の鶏冠、高さ2m近くある椎骨の神経棘が特徴であり、推定最大全長約14m、推定最大体重約7.4tとされているが、推定値も定かではない。また、水棲の恐竜としての新たな復元も発表されたが、これも議論が続いている。本展では、水棲の恐竜として泳いでいるスピノサウルスの姿が再現されたライフサイズロボットが第3会場「王者の部屋」に展示される!

 
error: