© Institute of Paleontology and Geology of Mongolian Academy of Sciences

特別展『恐竜博 2019』7月開催、謎の恐竜デイノケイルスを世界初公開&むかわ竜が東京初上陸

国立科学博物館 特別展『恐竜博 2019』

世界初公開となるデイノケイルスの全身復元骨格 ©︎ Institute of Paleontology and Geology of Mongolian Academy of Sciences

特別展『恐竜博 2019』が、2019年7月13日(土曜日)より東京・国立科学博物館で開催される。

 

古生物学者のDr. John H. Ostrom(ジョン・オストロム博士)が、1969年にアメリカ合衆国で新種の肉食恐竜の指先と手首の化石を発見し、その肉食恐竜には恐ろしいツメを意味する学名「デイノニクス」という名前がつけられた。研究が進むにつれ、デイノニクスは素早く活発に動き、鳥や哺乳類のような温血(恒温)動物だったと考えられるようになり、それまで考えられていた爬虫類のような愚鈍な恐竜のイメージを一新。1976年、ジョン・オストロム博士は、デイノニクスのような恐竜から鳥類が進化していたとする「鳥類の恐竜起源説」を提唱し、“恐竜ルネッサンス”という新しい恐竜観の時代に突入した。“恐竜ルネッサンス”の始まりとなったデイノニクスの化石の発見から今年2019年で50年を迎える。

特別展『恐竜博 2019』は、恐竜学・恐竜研究の50年の変貌と最新の研究成果・新発見を紹介、恐竜学の新時代をつくった重要な化石標本や復元骨格を展示する。アメリカ合衆国コネティカット州ニューヘイブンにあるイェール・ピーボディ自然史博物館所蔵のデイノニクスのホロタイプ標本が初来日し、日本国で初めて公開されるほか、1965年にモンゴル国ゴビ砂漠で発見され、40年間“謎の恐竜”とされてきたデイノケイルスの頭骨や足の骨の実物化石と全身復元骨格が初来日し、世界で初めて公開される。また、モンゴル国モンゴル科学アカデミー古生物学地質学研究所の最新の研究成果として、並ぶようにして発見された2体のカーン(オヴィラプトル類)の化石が日本国で初めて公開、3体が重なり合うようにして発見されたオヴィラプトル類の化石や現在研究中のテリジノサウルス類の新種の可能性が高い実物化石が世界で初めて公開される。そして、日本国内で初めて8割以上の全身骨格の化石が発掘されたハドロサウルス類の新種の可能性が高いとされる全長8m超えの「むかわ竜」の全身実物化石と、この化石を元に復元した全身復元骨格が世界で初めて公開されるほか、「むかわ竜」が存在していた頃の海の食物連鎖の頂点に君臨していたとされるモササウルス類の化石の中で最も完全度の高い、和歌山県で発見された全身骨格の化石が公開され、日本国の恐竜と恐竜研究史上最大の発見も紹介される。さらに、約66,000,000年前の地球に隕石が衝突した際、恐竜は完全には絶滅せず、一部が鳥類として生き延び、現在も進化を続けているとされており、鳥類以外の恐竜がどのように絶滅していったのか、哺乳類がいつ台頭し始めたのかなど、アメリカ合衆国コロラド州の化石産地での発見からわかりつつある新仮説も紹介される。恐竜の抱卵や子育て、皮膚の色、性別、絶滅の謎にも迫る、ロマン溢れる特別展『恐竜博 2019』となる。

特別展『恐竜博 2019』は、2019年7月13日(土曜日)から10月14日(祝日・月曜日)まで東京・国立科学博物館で開催される。

 

SAPIENS TODAY|サピエンストゥデイの読者の皆様とCHALLENGER’S TV “beehive”の視聴者の皆様の中から抽選で5組10名様に特別展『恐竜博 2019』の無料観賞券をプレゼントさせていただきます。詳しくは、次のページをご覧ください。

フォトギャラリー

展覧会情報
特別展『恐竜博 2019』
The Dinosaur Expo 2019
国立科学博物館 特別展『恐竜博 2019』

デイノケイルス 前あし(展示は複製) © Institute of Paleontology and Geology of Mongolian Academy of Sciences

  • 日程: 2019年7月13日(土曜日)から10月14日(祝日・月曜日)
  • 時間: 9時00分から17時00分、金曜日・土曜日は20時00分まで、8月11日(日曜日)から8月15日(木曜日)・8月18日(日曜日)は18時00分まで(※入場は各閉館時間の30分前まで)
  • 休館: 7月16日(火曜日)・9月2日(月曜日)・9月9日(月曜日)・9月17日(火曜日)・9月24日(火曜日)・9月30日(月曜日)
  • 会場: 東京・国立科学博物館(東京都台東区上野公園7-20)
  • 料金: 一般・大学生 当日 1,600円(税込) 前売 1,400円(税込) / 小学生・中学生・高校生 当日 600円(税込) 前売 500円(税込) / 未就学児 無料 / 障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名 無料 / 金曜日・土曜日限定ペア得ナイト券 2名1組 2,000円(税込) / ファミリー券 3,400円(税込) ※一般・大学生2名+小学生・中学生・高校生2名の4枚セット / 海洋堂製フィギュアコンプリートセット券 限定2,000枚 5,000円(税込) ※本展限定フィギュア5種特装パッケージ入りセット / すみっコぐらしセット券 1,800円(税込) / ディノニクスの孫の手セット券 2,200円(税込) / 音声ガイド&図録セット券 3,800円(税込) / ナイトミュージアム券 各日500名 一般・大学生 特製LEDライトあり 2,200円(税込) ライトなし 1,600円(税込), 小学生・中学生・高校生 特製LEDライトあり 1,200円(税込) ライトなし 600円(税込) ※特製LEDライトなしのチケットをご購入の方はご自身で懐中電灯等をご持参ください。
  • チケット: 前売券は7月12日(金曜日)23時59分までオフィシャルサイト・セブンチケット・ローソンチケット・チケットぴあ・e+(イープラス)・CNプレイガイド・イベンティファイ・いこーよ・その他でプレイガイドで販売、金曜・土曜限定ペア得ナイト券は会場で当日17時00分以降に販売(2名様同時入場限定)、ほか
  • 音声ガイド: 鈴木おさむ(放送作家)
  • 主催: 国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
  • 協賛: 大日本印刷、トヨタ自動車
  • 監修: 真鍋真(国立科学博物館 標本 資料センター コレクションディレクター/分子生物多様性研究資料センター長)
  • 学術協力: 小林快次(北海道大学 総合博物館 教授)、ほか
  • 備考: 今後の諸事情により開館時間や休館日等について変更する場合がありますのでオフィシャルサイトでご確認ください。巡回展はありません。
  • お問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600

特別展『恐竜博 2019』
The Dinosaur Expo 2019
https://dino2019.jp/

 

特別展『恐竜博 2019』

 

   
error: