• HOME
  • NEWS LIST
  • Universe
  • 恐竜ライブ『DINO SAFARI 2022〜未来のヒカリ〜』がゴールデンウィークに開催—恐竜を大好きになるサファリが今年も渋谷で

恐竜ライブ『DINO SAFARI 2022〜未来のヒカリ〜』がゴールデンウィークに開催—恐竜を大好きになるサファリが今年も渋谷で

国内で大人気を博しているDINO-A-LIVE=恐竜ライブ『DINO SAFARI』が、今年も開催される!今年はどのような公演になるの!?記事を読み進めよう!

 
DINO-A-LIVE|ディノアライブ『DINO SAFARI 2022〜未来のヒカリ〜』
©︎ ON-ART ©︎ 2022 DINO SAFARI製作委員会
DINO-A-LIVE|ディノアライブ『DINO SAFARI 2022〜未来のヒカリ〜』

会場に併設されるフォトスポット“ディノサファリのミニ恐竜たち展”に展示されるフクイラプトルとフクイサウルス、来場者は写真撮影が可能 ©︎ ON-ART

恐竜ライブ=DINO-A-LIVE(ディノアライブ)『DINO SAFARI 2022〜未来のヒカリ〜』が、2022年4月27日(水曜日)より東京・渋谷ヒカリエ ヒカリエホールで開催される。

 

2017年のゴールデンウィークに渋谷ヒカリエでスタートし、今年で開催6年目を迎える恐竜ライブ“ディノアライブ”『DINO SAFARI』(『ディノサファリ』)が、渋谷ヒカリエ開業10周年を記念し、昨年に3日間のみ開催された幻の公演のコンセプト“恐竜をじっくり観察し、もっと深く学び、好きになる”を引き継ぎ、内容をパワーアップして開催されることが発表された。

恐竜がいる時代・世界に足を踏み入れたかのようなサファリツアー体験ができる本公演には、約66,000,000年前白亜紀後期の北アメリカで生態系の頂点に君臨したと言われる超大型肉食恐竜ティラノサウルス(全長8.0m)、同じく約66,000,000年前の北アメリカで大繁栄した強靭な体と長大な角が特徴の植物食恐竜トリケラトプス(全長6.5m)とトリケラトプスの子ども(全長3.0m)、ナイフのような歯と鋭いカギ爪のついた前足を持つ典型的な大型肉食恐竜アロサウルス(全長6.4m)、白亜紀前期に活躍し、足が速く優れた視力と高い知能を持っていたとされる肉食恐竜ユタラプトル(全長5.0m)2頭、白亜紀前期にアフリカに棲息していた半水生の獣脚類恐竜スコミムス(全長9.0m)、ジュラ紀に生息していた背中の板状突起が特徴の草食恐竜ステゴサウルス(全長7.0m)といった超リアルでド迫力の恐竜が登場する。さらに恐竜やその生態、歴史を解説しながらサファリツアーをガイドしてくれるキャストMCとして、タレント/アナウンサーの中村麻里子、テレビドラマや映画、舞台など幅広く活躍している俳優の西 洋亮、2004年放送のフジテレビ系ドラマ『WATER BOYS 2』でデビューし2005年放送のテレビ東京系特撮ドラマ『超星艦隊セイザーX』で主演・安藤拓人/ライオセイザー役を務めた俳優/声優の高橋良輔が出演することも決定している。

また、来場者がディノアライブの恐竜たちと一緒に写真を撮影することができるフォトスポット“ディノサファリのミニ恐竜たち展”にはフクイラプトルとフクイサウルスが展示されるほか、ディノアライブ公式グッズや本公演会場限定グッズ、本物の恐竜の化石なども販売するショップ“DINOバザール”も併設。そして、今年は、本公演と渋谷ストリームエクセルホテル東急 Bar & Dining TORRENTがコラボレーションし、恐竜をテーマにしたコラボメニューを楽しむことができるレストラン“TORRENT DINO DINER”(トレントディノダイナー)が初めてオープンする。

ディノアライブを主宰するON-ART(オンアート)代表取締役の金丸賀也は、本公演と、フォトスポット“ディノサファリのミニ恐竜たち展”で展示されるフクイラプトルとフクイサウルスについて「ディノアライブは、生きた恐竜が目の前に現れたらどんな感じがするのだろう。恐竜たちに目の前で会ってみたい。そんな思いを実現するために生まれたプロジェクトです。そのプロジェクトを進めるにあたり、自然に、自分たちの住んでいる日本にいた恐竜にも会ってみたいと思うようになりました。そこで、福井県恐竜博物館の先生方の協力をお願いし、フクイラプトルに続き、第2弾として生まれたのがフクイサウルスです。この恐竜たちを通して、中生代の日本を想像していただければ幸いです」とコメントを寄せた。

 

DINO-A-LIVE(ディノアライブ)は、世界11ヵ国で“自立二足歩行する大型動物”、世界14ヵ国で“自立四足歩行する大型動物”の特許を取得し様々な賞も受賞している恐竜型メカニカルスーツ“DINO-TECHNE”(ディノテクニ)と、その卓越した造形技術、独自の演出技法、パイロット(操演者)の巧みな操演によって、あたかも恐竜が生きて実在するかのような世界観を体験することができる体験型恐竜ライブエンターテインメント。リアルな恐竜体験を通して、地球の歴史や環境問題、絶滅危惧種などについても伝えるEducation(教育)とEntertainment(エンターテインメント)を融合した“エデュテインメント”としても注目を集めており、興行イベントとしても異例のスピードで成長を遂げ、大人気を博している。昨年2021年には、新たに東京・IHIステージアラウンド東京でDINO-A-LIVE PREMIUM『TIME DIVER』を開催し、成功を収めた。

DINO-A-LIVE(ディノアライブ)『DINO SAFARI 2022〜未来のヒカリ〜』は、2022年4月27日(水曜日)から5月8日(日曜日)まで東京・渋谷ヒカリエ ヒカリエホールで開催される。

RECOMMEND

INFORMATION

日程: 2022年4月27日(水曜日)から5月8日(日曜日)
時間: 詳細は公式サイトの公演概要をご参照ください。
会場: 東京・渋谷ヒカリエ ヒカリエホール(東京都渋谷区渋谷2-21-1)
料金: 芝アリーナ(2名)[平日]11,400円(税込)[土曜日・日曜日・祝日]12,000円(税込) / 芝アリーナ(3名)[平日]17,100円(税込)[土曜日・日曜日・祝日]18,000円(税込) / 芝アリーナ(4名)[平日]22,800円(税込)[土曜日・日曜日・祝日]24,000円(税込) / アリーナ席(A/B/C)[平日]4,200円(税込)[土曜日・日曜日・祝日]4,500円(税込) / ほか
出演: ティラノサウルス、トリケラトプス親子、アロサウルス、ユタラプトル、スコミムス、ステゴサウルス、中村麻里子、西 洋亮、高橋良輔、レンジャー隊員、ほか

注意: 公演回によって登場する恐竜が変更になる場合がありますので予めご了承ください。新型コロナウイルスによる感染症の感染拡大状況により、内容・日程等が変更になる場合があります。変更の場合は、公式サイトで臨時お知らせします。
備考: 皆様に安心してご来場・ご観覧いただけるように新型コロナウイルス感染症感染予防と対策をし、ソーシャルディスタンスを意識した会場設計で開催いたします。
問合: サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日12時00分から15時00分)

 
DINO-A-LIVE
https://www.dino-a-live.jp

 

 

©︎ ON-ART ©︎ 2022 DINO SAFARI製作委員会
 
 

DINO-A-LIVEは、新型コロナウイルスによる感染症のパンデミック禍にも負けず、めげず、公演や外部出演を継続していることで、全国にファンが増え続けている!今年は、昨年に3日間のみ開催された幻の公演のコンセプト“恐竜をじっくり観察し、もっと深く学び、好きになる”を引き継ぎ、内容をさらにパワーアップさせた公演になるという。新たに恐竜をテーマにしたコラボメニューを楽しむことができる“TORRENT DINO DINER”もオープンする!昨年は、一部都道府県で新型コロナウイルスによる感染症の感染が拡大した影響と、日本国政府による新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の発出により3日間のみの公演で閉幕してしまったために観ることができなかった方も多かったので、今年は全公演が無事に開催されるように祈りたい。DINO SAFARIで超リアル&ド迫力の恐竜とサファリツアーを体験した後は、“ディノサファリのミニ恐竜たち展”でフクイラプトルやフクイサウルスと一緒に写真を撮影し、“DINOバザール”でグッズを購入、そして“TORRENT DINO DINER”で食事をするという、恐竜づくしの1日を過ごそう!

 
error: