• HOME
  • NEWS LIST
  • Art
  • 特別展『空也上人と六波羅蜜寺』が3月1日より東京国立博物館で開催—重要文化財 空也上人立像を半世紀ぶりに寺外公開

特別展『空也上人と六波羅蜜寺』が3月1日より東京国立博物館で開催—重要文化財 空也上人立像を半世紀ぶりに寺外公開

重要文化財 空也上人立像をはじめ、平安・鎌倉彫刻の宝庫と言われる京都・六波羅蜜寺所蔵の名品が一堂に会す展覧会が開催される!どのような展覧会になるの!?記事を読み進めよう!

 
特別展『空也上人と六波羅蜜寺』
重要文化財 空也上人立像(部分)/康勝作/鎌倉時代・13世紀/京都・六波羅蜜寺蔵/写真:城野誠治
特別展『空也上人と六波羅蜜寺』

重要文化財 空也上人立像/康勝作/鎌倉時代・13世紀/京都・六波羅蜜寺蔵/写真:城野誠治

特別展『空也上人と六波羅蜜寺』が、2022年3月1日(火曜日)より東京・東京国立博物館 本館特別5室で開催される。

 

特別展『空也上人くうやしょうにん六波羅蜜寺ろくはらみつじ』は、学校の教科書でもお馴染み、仏師 運慶うんけいの四男である仏師 康勝こうしょう作の重要文化財 空也上人立像くうやしょうにんりゅうぞうが、1973年に東京・小田急百貨店で開催された展覧会『庶民の心に生きた空也の寺 京都六波羅蜜寺展』への出陣以来約50年・半世紀ぶりに出陣し、寺外となる本展で公開され、その御姿を360度拝観することができる。さらに六波羅蜜寺(創建時は西光寺さいこうじ)の創建時につくられた重要文化財 四天王立像してんのうりゅうぞう、空也上人の弟子である天台僧 中信ちゅうしん作と伝えられている重要文化財 薬師如来坐像やくしにょらいざぞう平清盛たいらのきよもりと伝えられている僧形像である重要文化財 僧形坐像そうぎょうざぞう伝平清盛像でんたいらのきよもりぞう)、仏師 定朝じょうちょう作と伝えられている華やかな色彩が優美である重要文化財 地蔵菩薩立像じぞうぼさつりゅうぞう、死者の生前の行いを裁いて次に生まれ変わる世界を決める重要文化財 閻魔王坐像えんまおうざぞう、運慶一族・一門にゆかりの深い寺院ならではの重要文化財 運慶坐像うんけいざぞう、運慶作の重要文化財 地蔵菩薩坐像じぞうぼさつざぞうなど平安・鎌倉彫刻の名品14件、十王図じゅうおうずなどの絵画11件や書籍3件が公開されるほか、グッズショップでは六波羅蜜寺公認空也上人立像フィギュア(海洋堂製)や公式図録、雑貨、菓子類なども販売される。

今年没後1050年を迎え、平安時代に“南無阿弥陀仏”と唱えて極楽往生を願う阿弥陀信仰を広めたほか、平安京に蔓延した疫病を鎮めたとする空也上人の姿と、空也上人が京都・東山の地に創建した六波羅蜜寺(西光寺)の歴史と美術を通して、疫病や困苦に立ち向かい懸命に生きた当時の人々の信仰の厚みにも思いを馳せる機会になるだろう。

 

六波羅蜜寺 山主の川崎純性は、重要文化財 空也上人立像の東京出陣について「人生で一番悩みました。今日も空也上人をご拝観にたくさんの方がお寺にお越しいただいています。ましてやコロナ禍が明ければ、もっとたくさんの方がお越しになられますし、来年(今年2022年)には展示収蔵庫「令和館」ができるところなので、出展は難しいだろうと考えていました。しかし、空也上人は、何の医療も薬品も機関もない1050年前の京都でたくさんの方が亡くなられた疫病を鎮められました。今回、出展を決意しましたのは、皆さんもコロナで2年近く苦しんでおられると思いますし、2022年は空也上人が亡くなられて1050年目の遠忌の年でもあるため、空也上人ご自身が東京にも行こうとおっしゃっているなと思い、悪疫退散のためにも出展を決意しました」と語った。

特別展『空也上人と六波羅蜜寺』は、2022年3月1日(火曜日)から5月8日(日曜日)まで東京・東京国立博物館 本館特別5室で開催される。

SAPIENS TODAY|サピエンストゥデイの読者のみなさまとCHALLENGER’S TV beehiveの視聴者のみなさまの中から抽選で、特別展『空也上人と六波羅蜜寺』のご招待券をプレゼントさせていただきます。詳しくは、次のページをご覧ください。

INFORMATION

 
日程: 2022年3月1日(火曜日)から5月8日(日曜日)
時間: 9時30分から17時00分
休館: 月曜日・3月22日 ※ただし3月21日(祝日・月曜日)・3月28日(月曜日)・5月2日(月曜日)は開館
会場: 東京・東京国立博物館 本館特別5室(東京都台東区上野公園13-9)
料金: 事前予約(日時指定券)推奨 一般 1,600円(税込) / 大学生 900円(税込) / 高校生 600円(税込) / 中学生以下・未就学児 無料 ※無料日時指定券の予約が必要です / 障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料 ※入館の際に障がい者手帳等要提示 / 音声ガイド 有料
注意: 展示作品・会期・開館時間・休館日等が今後の情勢や諸事情により変更になる場合があります。最新情報は、展覧会公式サイトでご確認ください。新型コロナウイルスによる感染症感染拡大防止のため、入館時の検温と手指の消毒、マスク着用、ソーシャルディスタンス等が必須となります。
お問い合わせ: ハローダイヤル 050-5541-8600(9時00分〜20時00分/年中無休)

 

 

特別展『空也上人と六波羅蜜寺』
 
 
続きを読む
1 / 2

平安時代中期、いまから1050年前の平安京(京都)で疫病が蔓延し、その疫病を鎮めるためにわが身をなげうち、民衆に尽くした空也上人は、学校の教科書でもお馴染み!新型コロナウイルスによる感染症のパンデミック禍が、当時の平安京での疫病蔓延と重なる中、重要文化財 空也上人立像が約50年・半世紀ぶりに東京に出陣し、寺外となる特別展『空也上人と六波羅蜜寺』で公開され、東京国立博物館での展示ではお馴染み360度拝観することができる。また、平安・鎌倉彫刻の宝庫とも言われる京都・六波羅蜜寺所蔵の名品も一堂に会すことで貴重な展覧会に!空也上人立像をはじめ、諸尊像のご利益で疫病・悪疫退散となり、新型コロナウイルスによる感染症パンデミックが少しでも収束し、社会の安寧と人々の心に平穏が訪れますように。また、全世界の戦争や侵略行為等がなくなり、真の世界平和が訪れますように。

 
error: