• HOME
  • NEWS LIST
  • Art
  • 匿名アーティストらによる展覧会『DOWN TO TOWN』がSHIBUYA SKYで開幕—上空と地上から渋谷に対する新たな視点を

匿名アーティストらによる展覧会『DOWN TO TOWN』がSHIBUYA SKYで開幕—上空と地上から渋谷に対する新たな視点を

アーティストの視点で街を知覚する展覧会が、東京・渋谷の最高峰 SHIBUYA SKYで開幕した!どのような展覧会になっているの!?記事を読み進めよう!

 
DOWN TO TOWN - SHIBUYA SKY
アーティストたちの視点で作られた渋谷の地図を見るSAPIENS TODAY|サピエンストゥデイ公式アンバサダーの加藤倖都さん ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi
SHIBUYA SKY

生憎の曇り空だったが、SHIBUYA SKYの屋上展望空間で空を仰ぐSAPIENS TODAY|サピエンストゥデイ公式アンバサダーの中澤遼さん ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

アーティストの視点で街を知覚する展覧会『DOWN TO TOWN』(ダウン・トゥ・タウン)が、2022年5月20日(金曜日)に東京・SKY GALLERY(SHIBUYA SKY 46階)で開幕した。

 

本展は、渋谷の最高峰・渋谷スクランブルスクエアの最上に位置するSKY GALLERYのEXHIBITION SERIES第4弾として、ストリートカルチャーを軸に表層に現れない都市を多くのプロジェクトによって視覚化してきた、異彩を放つアートチーム SIDE CORE(サイドコア)がキュレーションし、共に活動する匿名アーティストグループ EVERYDAY HOLIDAY SQUAD(エブリデイ・ホリデイ・スクワッド)によるソロ・エキシビション。SKY GALLERYの空間構成に沿って、望遠鏡を覗いて鑑賞する作品や、工事現場の作業着を着てスケートボードをする映像作品『RODE WORK』の東京版(2017年に宮城県で同様の作品を発表)、アーティストたちの独自の視点で上空から見た渋谷と地上を歩いた渋谷の地図をモチーフにした作品、グラフィティなど約10作品が、近隣施設の特別協力も得て展示されており、空間のスケールだけでなく、過去や現在という時間軸までを提示し、重層的な歴史が重なり合う渋谷だからこそ生まれる体験と“時間の流れ”にフォーカスしている。来場者が作品を鑑賞すると同時に、46階から街を眺め、アーティストたちの視点からアイデアを得たり、地図を片手に街に繰り出してdown to town(散策)し、街に対する新しい視点を獲得したりする体験につながるようになっている。

SIDE CORE / EVERYDAY HOLIDAY SQUADは、本展に登場する地図のモチーフについて「地図は、絶えず変化する都市において、現在ある街の風景を一時的な状態として捉えます。一般的な地図では、“現在そこにないもの”を示すことはありませんが、今回展示される地図は目に見えなくても“かつて何が在って、どんな出来事があったのか”という都市おける時間の変貌を見ようとしています」とコメントし、本展の目的を「アーティストの視点を通して街を見ることで“普段とは異なる風景の見え方”を路上まで持って降りてもらうことです」と説明した。

 

SIDE COREは、ストリートカルチャーを軸として“都市空間における表現の拡張”をテーマに、路上・公共空間から美術館までさまざまな場所で作品制作や展覧会を開催。路上でのアクションを通して、風景の見え方・在り方を変化させることを目的としている。2017年には、2011年東日本大震災の被災地・宮城県石巻市で開催された『Reborn-Art Festival 2017』で、石巻を舞台に、工事現場の作業着を着てスケートボードをする映像作品『RODE WORK』を発表し、話題となった。

展覧会『DOWN TO TOWN』は、2022年7月24日(日曜日)まで東京・SKY GALLERY(SHIBUYA SKY 46階)で開催。

INFORMATION

 

日程: 2022年5月20日(金曜日)から7月24日(日曜日)
時間: 10時00分から22時30分(最終入場21時20分)
会場: 東京・SKY GALLERY(東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア SHIBUYA SKY 46階)
料金: SHIBUYA SKY入場チケット 大人(18歳以上)〈WEBチケット〉1,800円(税込) 〈窓口・当日券〉2,000円(税込) / 中学生・高校生〈WEBチケット〉1,400円(税込) 〈窓口・当日券〉1,600円(税込) / 小学生〈WEBチケット〉900円(税込) 〈窓口・当日券〉1,000円(税込) / 幼児(3歳〜5歳)〈WEBチケット〉500円(税込) 〈窓口・当日券〉600円(税込) / 障がい者手帳等をお持ちの方とその介助者1名 半額 / 3歳未満 無料
注意: 本展に関する情報は予告なく変更になる場合があります。また、情勢によりやむを得ず、開館時間に変更が生じる場合や、休館となる可能性もあります。最新情報、詳細、注意事項を公式サイトおよび公式SNSにて必ずご確認ください。
備考: SHIBUYA SKY入場チケット、もしくは年間パスポートをお持ちの方は、どなたでもご鑑賞いただけます。

 

 

DOWN TO TOWN
 
 

SIDE COREと共に活動するEVERYDAY HOLIDAY SQUADのソロ・エキシビションとなる展覧会『DOWN TO TOWN』。地図をモチーフにした作品も登場するが、その中にはネズミをモチーフにした作品も多く登場しており、ネズミ=アーティスト自身のポートレートや街に暮らす人々を表しているという。ネズミは、フランスのレジスタンス運動でもナチスドイツに抵抗する人々を表したほか、フランスの学生運動を中心にして起こった社会的危機“五月革命”でも民主化を求める学生たちの象徴となった。SIDE CORE / EVERYDAY HOLIDAY SQUADは、「渋谷の街で活動するアーティストは、ネズミのような動物として自らの知覚で街を徘徊し、街へ介入してきました。その記憶をまとめた地図を手に街を歩くことで、渋谷の文化が多角的な視点として立ち上がってくることでしょう」ともコメントしている。

 
error: