• HOME
  • NEWS LIST
  • Movie
  • 映画『ブラインドスポッティング』の日本国公開が決定、バラク・オバマ前米国大統領も大絶賛
映画『Blindspotting』(邦題『ブラインドスポッティング』)
©︎ 2018 OAKLAND MOVING PICTURES LLC ALL RIGHTS RESERVED

映画『ブラインドスポッティング』の日本国公開が決定、バラク・オバマ前米国大統領も大絶賛

映画『Blindspotting』(邦題『ブラインドスポッティング』)

©︎ 2018 OAKLAND MOVING PICTURES LLC ALL RIGHTS RESERVED

映画『Blindspotting』(邦題『ブラインドスポッティング』)の日本国公開が決定し、キーアートや場面写真が解禁された。

 

昨年2018年に開催された2018 Sundance Film Festival(サンダンス映画祭2018)のアメリカ合衆国ドラマティック・コンペティション部門のオープニング作品として世界初公開され、映画評論家から肯定的な評価やアメリカ合衆国の映画批評サイト『Rotten Tomatoes』(ロッテン・トマト)では94%の高評価を得たほか、SXSW Film Festival(サウス・バイ・サウスウエスト映画祭)や世界各国の映画祭でも絶賛された映画『ブラインドスポッティング』が、日本国では2019年8月30日(金曜日)より公開される。本作は、第44代アメリカ合衆国大統領のBarack Obama(バラク・オバマ)大統領が、2018年公開の映画『Roma』(邦題『ROMA/ローマ』)、2018年公開のMarvel(マーベル)映画『Black Panther』(邦題『ブラックパンサー』)、2018年公開の映画『BlacKkKlansman』(邦題『ブラック・クランズマン』)に加えて大絶賛、2018年のベストムービーに選んだ作品としても話題を集めた。

主演・脚本・製作は、スポークン・ワード・アーティスト/教育者/舞台脚本家のRafael Casal(ラファエル・カザル)と2016年にブロードウェイミュージカル『Hamilton: An American Musical』(『ハミルトン』)で Tony Award for Best Performance by a Featured Actor in a Play(トニー賞ミュージカル助演男優賞)を受賞したラッパー/俳優のDaveed Diggs(ダヴィード・ディグス)。2人は、高校時代からの友人で、ベイエリアの高校で出会い、フリースタイル・ラップをするなどして友情を深めた仲でもある。監督は、いままで短編映画やミュージックビデオを手掛け、長編作品の監督は初となる映画監督のCarlos López Estrada(カルロス・ロペス・エストラーダ)監督。

ダヴィード・ディグス演じる保護観察期間残り3日間となった黒人のCollin Hoskins(コリン・ホスキンズ)とラファエル・カザル演じる問題児の白人Miles(マイルズ)の親友2人は、目の前で黒人男性が白人警察官に撃たれるのを目撃したことをきっかけに、互いのアイデンティティ、急激に高級化する生まれ育った地元オークランドの変化などの現実を突きつけられ、2人の関係が試されていく。コリン・ホスキンズは、残りの3日間を耐えれば保護観察から解き放たれ、自由の身として新しい人生を歩むことができるが、マイルズの予期せぬ行動がそのチャンスを脅かす。オークランドを舞台に人種の違う者、貧富の差がある者が混在することによって起こる問題が描かれ、オークランド育ちの親友2人の間にある見えない壁が次第に浮き彫りとなっていく。友情をテーマに、ネルギー、スタイル、ユーモアに溢れ、言葉やヒップホップの精神が注入された、大胆、挑発的で、地元愛や人間性が輝く作品となっている。タイトルになっている“ブラインドスポッティング”は、2通りの見方が可能なシチュエーションやイメージ、ただし一度に片方しか見ることができず、もう片方がブラインドスポット(盲点)になることを意味し、お互いを見つめたとき、いかに全体像が見えずに色々なものを見落としているかということを問う。

 

映画『Blindspotting』(邦題『ブラインドスポッティング』)は、2019年8月30日(金曜日)より新宿武蔵野館、渋谷シネクイント、他で公開される。

作品情報
Blindspotting
ブラインドスポッティング

※このオフィシャルトレーラーは海外版です。

俺たちには、同じものが見えていると思っていた—オークランドが地元で黒人のコリン(ダヴィード・ディグス)は保護観察期間の残り3日間を無事に乗り切らなければならない。コリンと、幼馴染で問題児の白人マイルズ(ラファエル・カザル)のふたりは引越し業者で働いている。ある日、帰宅中のコリンは突然車の前に現れた黒人男性が白人警官に追われ、背後から撃たれるのを目撃する。発砲現場を目撃したことを切っ掛けに、コリンとマイルズは互いのアイデンティティや、急激に高級化する生まれ育った地元の変化などの現実を突きつけられ、2人の関係が試されることとなる。コリンは残り3日間耐えれば自由の身として新しい人生をやり直せるのだが、問題児マイルズの予期できぬ行動がそのチャンスを脅かす。物語はオークランド育ちの親友2人の間にある、見えない壁を次第に曝け出す。

  • 公開: 2019年8月30日(金曜日) 新宿武蔵野館、渋谷シネクイント 他にてロードショー
  • 監督: Carlos López Estrada(カルロス・ロペス・エストラーダ)
  • 脚本: Daveed Diggs(ダヴィード・ディグス)、Rafael Casal(ラファエル・カザル)
  • 出演: Daveed Diggs(ダヴィード・ディグス)、Rafael Casal(ラファエル・カザル)、Janina Gavankar(ジャニナ・ガヴァンカー)、Jasmine Cephas Jones(ジャスミン・ケパ・ジョーンズ)、Utkarsh Ambudkar(ウトカルシュ・アンブドゥカル)、ほか
  • 配給: REGENTS

Blindspotting
ブラインドスポッティング
BLINDSPOTTING.JP

 

©︎ 2018 OAKLAND MOVING PICTURES LLC ALL RIGHTS RESERVED

 

   
error: