• HOME
  • NEWS LIST
  • Movie
  • 映画『マトリックス』18年ぶりの新章が日本国公開決定&世界初インタラクティブ予告公開—本予告映像は9月9日全世界同時公開

映画『マトリックス』18年ぶりの新章が日本国公開決定&世界初インタラクティブ予告公開—本予告映像は9月9日全世界同時公開

全世界を熱狂の渦に巻き込み社会現象となった映画『マトリックス』シリーズの最新作が日本国でも公開されることが決定し、世界初のインタラクティブ予告が公開された!記事を読み進めよう!

 
The Matrix Resurrections|マトリックス レザレクションズ
©2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED
The Matrix Resurrections|マトリックス レザレクションズ

初解禁された映画『マトリックス レザレクションズ』のビジュアル © 2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

1999年公開の映画『The Matrix』(邦題『マトリックス』)シリーズの第4弾・新章となる映画『The Matrix Resurrections』(邦題『マトリックス レザレクションズ』)の日本国公開が決定し、世界初のインタラクティブ予告が公開された。

 

全世界で社会現象を巻き起こしたSFアクション超大作映画『マトリックス』シリーズの新章となる映画『マトリックス レザレクションズ』が、2021年12月に日本国を含む全世界で公開されることが決定した。

本作は、2003年公開のシリーズ第3作目・映画『The Matrix Revolutions』(邦題『マトリックス レボリューションズ』)の続編ではなく、1999年公開のシリーズ第1作目・映画『マトリックス』の続編となる。日本語で“復活”を意味するResurrections(レザレクションズ)は、“R”で始まるこれまでのシリーズのサブタイトルを踏襲した形だが、何の復活を意味するのかなど全貌は明かされていない。本作の監督は、シリーズ前3作の監督を務めた映画監督/脚本家/プロデューサーのLana Wachowski(ラナ・ウォシャウスキー)監督。シリーズ前3作は、妹である映画監督/脚本家/プロデューサーのLilly Wachowski(リリー・ウォシャウスキー)監督と一緒に姉妹で監督を務めたが、今回は単独での監督作となる。そして、映画『マトリックス』公開20周年を迎えた2019年にワーナー・ブラザースが発表した通り、シリーズ前3作から続投となる俳優のKeanu Reeves(キアヌ・リーブス)が主人公Neo / Thomas A. Anderson(ネオ/トーマス・A・アンダーソン)、女優のCarrie-Anne Moss(キャリー=アン・モス)がTrinity(トリニティ)を演じる。さらに女優/脚本家/プロデューサーのJada Pinkett Smith(ジェイダ・ピンケット・スミス)がNiobe(ナイオビ)を、俳優/シンガーのLambert Wilson (ランバート・ウィルソン)がThe Merovingian(メロビンジアン)を、俳優のDaniel Bernhardt(ダニエル・バーンハード)がAgent Johnson(エージェント:ジョンソン)を演じ、それぞれ続投。新たにMorpheus(モーフィアス)を演じるのは俳優のYahya Abdul-Mateen II(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)、Agent Smith(エージェント:スミス)を演じるのは俳優のJonathan Groff(ジョナサン・グロフ)。女優/プロデューサーのPriyanka Chopra(プリヤンカー・チョープラー)、俳優/シンガー/コメディアン/脚本家/プロデューサーのNeil Patrick Harris(ニール・パトリック・ハリス)、女優/脚本家のJessica Henwick(ジェシカ・ヘンウィック)、女優のChristina Ricci(クリスティーナ・リッチ)も出演する。

 

日本国時間9月8日(水曜日)1時00分に特設サイトとなるWhatIsTheMatrix.comが公開され、本作の公開を知らせる世界初のインタラクティブ・トレーラー(予告映像)とビジュアルが初めて解禁。特設サイトには、白一色の背景に『マトリックス』に登場した赤いカプセルと青いカプセルが出現し、カプセルの上に「選択は あなた次第だ」の文字、さらにブラウザのタイトルに「なぜ 気づかない」の文字。ビジュアルには、同じく赤いカプセルと青いカプセル、その上には「未来を選べ」の文字—かつてキアヌ・リーブス演じるネオ/トーマス・A・アンダーソンが、“マトリックス”の世界を知ることになる究極の選択を迫られたその状況を彷彿とさせるものになっており、現実世界に目覚め真実を知ることができる赤いカプセルか?仮想世界の中で何も知らずに生きていく青いカプセルか?—2021年を生きる私たちに再び突きつけられた選択。これが何を意味するのか、謎が謎を呼ぶ。そして、特設サイトの赤いカプセルまたは青いカプセルを選択・クリックすると、緑のマトリックス・コードの後に、見る国や地域の時間帯に合わせて時間・ナレーション・字幕がリアルタイムにカスタマイズされた本予告映像解禁を予告する映像がそれぞれ流れるようになっており、『マトリックス』シリーズらしく時代の最先端を行く世界初の試みとなっているが、これはあくまでも本予告映像が日本国時間9月9日(木曜日)22時00分に全世界同時に解禁されることを予告するもの。明日の本予告映像の公開も見逃すことなく、まずは“予告の予告”を体験しよう。

1999年公開のシリーズ第1作目・映画『マトリックス』は、これまで誰も観たことのない映像体験となったことで大ヒットし、世界中を熱狂の渦に。そして、シリーズ第2作目となる2003年公開の映画『The Matrix Reloaded』(邦題『マトリックス リローデッド』)もシリーズ第3作目となる同年公開の映画『The Matrix Revolutions』(邦題『マトリックス レボリューションズ』)も大ヒットし、映画作品の域を超え、映像、カルチャー、クリエイター、概念等様々な分野に影響を与え、映像革命となった。

未来を魅せる映画『マトリックス』シリーズの新章が遂に幕を開ける—映画『The Matrix Resurrections』(邦題『マトリックス レザレクションズ』)は、2021年12月より日本国を含む全世界で公開される。尚、本予告映像は、日本国時間9月9日(木曜日)22時00分に全世界同時解禁となる。

RECOMMEND

INFORMATION

公開: 2021年12月より全国公開
監督: Lana Wachowski(ラナ・ウォシャウスキー)
出演: Keanu Reeves(キアヌ・リーブス)、Carrie-Anne Moss(キャリー=アン・モス)、Jada Pinkett Smith(ジェイダ・ピンケット・スミス)、Lambert Wilson (ランバート・ウィルソン)、Daniel Bernhardt(ダニエル・バーンハード)、Yahya Abdul-Mateen II(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)、Priyanka Chopra(プリヤンカー・チョープラー)、Neil Patrick Harris(ニール・パトリック・ハリス)、Jessica Henwick(ジェシカ・ヘンウィック)、Jonathan Groff(ジョナサン・グロフ)、Christina Ricci(クリスティーナ・リッチ)、ほか
配給: ワーナー・ブラザース映画

映画『マトリックス レザレクションズ』特設サイト
http://whatisthematrix.com/

 

 

© 2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED
 
 

遂に映画『The Matrix Resurrections』の公開が決定!映画『The Matrix』が2019年に公開20周年を迎え、ワーナー・ブラザースが最新作の制作を発表してから今年で2年が経過。記憶が薄れた頃に、日本国時間深夜に突然の発表でびっくり!本作は、映画『The Matrix』のその後となる続編が描かれるので、全貌が気になるところ。明日22時00分全世界同時に解禁される本予告映像にも期待!日本国では、本予告映像解禁後の9月10日(金曜日)21時00分からシリーズ第1作目・映画『The Matrix』の同時視聴会が開催される。参加者は、指定時間に同じタイミングでオンラインやBD/DVDで一緒に視聴する形式で開催され、公式Twitter(@matrix_movieJP)でも同時実況。自身のTwitterにハッシュタグ(#マトリックス復活)をつけてツイートした方の中から抽選で素敵なプレゼントが当たるキャンペーンも実施されるようだ。詳しくは、オフィシャルウェブサイトを参照。

 
error: