• HOME
  • NEWS LIST
  • Movie
  • アダム・ドライバー主演最新作『65/シックスティ・ファイブ』の場面写真が解禁—スリリングな展開を想像させるシーンの数々

アダム・ドライバー主演最新作『65/シックスティ・ファイブ』の場面写真が解禁—スリリングな展開を想像させるシーンの数々

アダム・ドライバー氏主演最新作『65/シックスティ・ファイブ』の場面写真が公開された!どのような場面写真になっているの!?記事を読み進めよう!

 
65|65/シックススティ・ファイブ
アダム・ドライバーさん演じる主人公 ミルズ
65|65/シックススティ・ファイブ

6500万年前の地球に降り立った主人公ミルズが恐竜に遭遇

映画『65』(邦題『65/シックスティ・ファイブ』)の場面写真が公開された。

 

今回公開された場面写真は、65,000,000年前の地球に降り立った主人公 Mills(ミルズ)が、恐竜と遭遇する緊迫のシーンのほか、大雨の中で脱出を試みる少女 Koa(コア)と洞窟を発見するシーン、“何か”に出合い恐怖に慄くシーン、脱出船を探査機で探すシーンなど、スリリングに展開していく物語の行方に興味が掻き立てられるものとなっている。

本作は、巨大隕石の衝突によって恐竜が絶滅する65,000,000年前の地球が舞台のSFサバイバルスリラー作品。監督・脚本を務めたのは、世界的に大ヒットした2018年公開の映画『A Quiet Place』(邦題『クワイエット・プレイス』)の脚本・原案を手がけた映画製作者のScotto Beck(スコット・ベック)監督と映画製作者のBryan Woods(ブライアン・ウッズ)監督のデュオ。製作は、世界的に大ヒットした2016年公開の映画『Don’t Breathe』(邦題『ドント・ブリーズ』)で製作を務め、ホラー映画の金字塔・1981年公開の映画『The Evil Dead』(邦題『死霊のはらわた』)や、2002年から公開の映画『Spider-Man』(邦題『スパイダーマン』)シリーズ、2022年公開の映画『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』(邦題『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』)の監督も務めた映画製作者/映画監督/プロデューサー/脚本家のSam Raimi(サム・ライミ)監督。映画『Star Wars』(邦題『スター・ウォーズ』)シリーズ続三部作でKylo Ren / Ben Solo(カイロ・レン/ベン・ソロ)を演じたほか、その後も様々なジャンルに出演している俳優のAdam Driver(アダム・ドライバー)が主演を務め、主人公 ミルズを演じる。

脱出か、絶滅か——映画『65』(邦題『65/シックスティ・ファイブ』)は、2023年5月26日(金曜日)より全国で公開される。

RECOMMEND
INFORMATION

《STORY》ミルズ(アダム・ドライバー)は 、宇宙船に乗り込み、宇宙を探査する長いミッションに出ていた。航行中、突如、小惑星帯と衝突して宇宙船は墜落。乗組員の生存はゼロ。船体はバラバラとなり 航行不能。どこかに切り離されたであろう脱出船を探すため、未知の惑星を捜索するミルズは、一人の少女・コアが生存しているのを発見する。二人が不時着したのは、6500万年前の地球——。そして・・・恐竜を絶滅させたという巨大隕石が、あとわずかで地球に衝突しようとしていた——。
 
公開: 2023年5月26日(金曜日)より全国で公開
監督: Scotto Beck(スコット・ベック)&Bryan Woods(ブライアン・ウッズ)
脚本: Scotto Beck(スコット・ベック)&Bryan Woods(ブライアン・ウッズ)
製作: Sam Raimi(サム・ライミ)、ほか
出演: Adam Driver(アダム・ドライバー)、Ariana Greenblatt(アリアナ・グリーンブラット)、ほか
配給: ソニー・ピクチャーズ映画

 

 

Courtesy of Sony Pictures
 

SFx恐竜xサバイバルxスリルな映画『65』の場面写真!Scotto Beck監督とBryan Woods監督、Sam Raimi監督が得意とするドキドキ、ゾクゾク、ドキッとしそうなスリリングな展開が待ち受けている予感。

 
error: