• HOME
  • NEWS LIST
  • Interview , Music
  • 80年代の歌姫メリッサ・モーガンが19年ぶりに来日—いままで明かされなかったストーリーが明らかに
Meli'sa Morgan(メリッサ・モーガン)
Photo by Yuma Sakata

80年代の歌姫メリッサ・モーガンが19年ぶりに来日—いままで明かされなかったストーリーが明らかに

フレディ・ジャクソンと私は、1980年代のほぼ同じ時期に登場しました。私たちは親友で、一緒にツアーも数回し、いつも一緒に歌を歌うことについて話していました。私がOrpheus Records(オルフェウス・レコード)に戻って新しい契約書にサインすることを選んだとき・・・ハッシュ・プロダクションを運営していた人たちと同じ人たちがそこにいました。フレディも彼らと契約しました。新しいCDの曲として「BACK TOGETHER AGAIN」(バック・トゥゲザー・アゲイン)を選び、その曲を一緒に歌う相手にフレディが思い浮かんだのです。私たちにとって完璧なデュエットソングとなり、この曲を歌うのはとても楽しかったです。私たちが一緒にこの曲を歌うときは誰もが喜びます。私たちは素晴らしい音楽で歴史を作り出せる、素晴らしい友人です。フレディ・ジャクソンは、私を初めてのGrammy Awards®︎/GRAMMYs®︎(グラミー賞®︎)に彼の「ROCK ME TONIGHT」(ロック・ミー・トゥナイト)のノミネートと共に連れて行ってくれました。いまでも私たちは長い間の友人です。

Freddie Jackson and I came out around the same time in the 1980’s. We were good friends and we toured together several times. We always talked about doing a song together. When I chose to go back and sign a new Record Deal with Orpheus Records…. Which really was the same people who ran Hush Productions. Freddie signed with them as well. We picked “BACK TOGETHER AGAIN” as a song on for my new CD. I immediately though about Freddie to sing it with me. It was the perfect duet song for us. We had so much fun doing this song. Great friends making history with Great Music! Everyone loves when we do that song together! Freddie Jackson took me to my firstGrammyAwards as his date when he was nominated for “ROCK ME TONIGHT”. We have been friends for a long time.

——You released a new album “Love Demands” last year. It was an album that showed a sexy and seductive side of you along with your dignity as a Diva. What triggered you to make a comeback?(昨年、新アルバム『Love Demands』(『ラブ・ディマンズ』)をリリースしました。大人の女性の色気と歌姫としての貫禄が表れているアルバムでした。カムバックのきっかけは何でしたか?)

私の新しいCDへの賛辞をありがとう。ここ10年以上、新しいCDをリリースしていませんでした。まず第一に、私はその干ばつ(状況)を終わらせるときが来たと思いました。第二に、この新しいCDでCleopatra Records(クレオパトラ・レコード)がいくつかの音楽的な自由と素晴らしいオファーで私に急接近してくれたので、とても良い契約ができました。この新しいCDをレコーディングするのを楽しみました。スタジオに戻ってレコーディングするのが大好きでした。12曲!新しいアイディアを書いては、アレンジして歌いました。私にとってそれは魔法でした。6つのカヴァー曲と6つのオリジナル曲を生み出す魔法です。そのコンセプトを本当に気に入っていました。特に私の最大のヒット曲のいくつかはリメイクですからね。

Thank you for the Compliment about my newCD. I had not released a New CD in over 10 Years! First of all… I thought is was time to put an end to that drought! Second, Cleopatra Records approached me with a nice offer and some Musical Freedom on This New CD. It was a good deal. I enjoyed recording this New CD. I Loved being back in the studio recording a full CD. 12 songs! Writing and arranging and vocalizing new idea’s. It was Magical for me. 6 Cover Songs and 6 Original’s. I Really Loved That Concept. Especially since some of my biggest Hits are Remakes.

 
——At “Love Demands,” I think you have a variety of approaches for covers of Aretha Franklin, Otis Redding, Sam Cook and hip hop beat. First, why did you cover Aretha Franklin, Otis Redding, and Sam Cooke?(アルバム『Love Demands』(『ラブ・ディマンズ』)では、シンガー/ソングライターのアレサ・フランクリン、シンガー/ソングライター/音楽プロデューサーのオーティス・レディング、シンガー/ソングライターのサム・クックのカヴァー、ヒッポ・ホップ・ビートまで、様々なアプローチをしていますね。まず、なぜ、アレサ・フランクリン、オーティス・レディング、サム・クックをカヴァーしたのでしょうか?)

なぜなら、彼らはパイオニアだからです!それが、私や多くのアーティストが、いまでもレコーディングをする理由です。私たちは、私たちのために道を切り開いてきてくれた彼らに敬意を払わなければなりません!それはソウル・ミュージックとR&Bミュージックのレガシーにとって重要です!音楽の歴史書のようなものです!私は常に敬意を払い、音楽のアイコンとして、それを次に受け継いでいくつもりです。それが私の音楽的な義務でもあります。私の前にいる人に敬意を払い、私の後にいる人のために新しい音楽を作りたい。私は、彼らの歌を歌うことができて光栄です。

These artist’s are the Pioneers! They are the reason that I and many Artists can even record today! We have to pay homage to them for paving the way for us! It is important for Soul Music and our R&B Music Legacy! It is like the history books of Music! I will ALWAYS pay homage and pay it forward with our Icons of Music. It is my Musical duty to do that. Pay respect and homage to the one’s before me and create new music for the one’s coming after me. I am honored to be able to sing their songs.

——Please tell me why you added the hip hop beat that DJ / MC’s Brady Gossah did.(DJ/MCのブレディ・ゴッサが手掛けたヒップ・ホップ・ビートを入れたのか教えてください。)

DJ/プロデューサーのブレディ・ゴッサと一緒に仕事をするのは、ただただ素晴らしかったです。私たちは他のプロデューサーからたくさんの楽曲を受け取っていましたが、その楽曲に魅力を感じていませんでした。プロジェクトを監督していたJames Woodard(ジェイムス・ウッダード)が、「知り合いにたくさんのビートを持っている人がいて、彼(ブレディ・ゴッサ)なら何曲か送ってくれるだろう」と言いました。彼が送ってくれた楽曲が好きで、私はリリックを書き始めました。それからスタジオに行き、レコーディングしました。彼のトラック制作と、私の声やリリックがうまく合致しました。私は彼とまた一緒に仕事をしたいと思っています。「LOVE DEMANDS」(ラヴ・ディマンズ)は、次のシングルになるでしょう。私は新しいビデオにも取り組んでいます。いま公表できるシングルやビデオは、CDから「NO MORE」(ノー・モア)を発売する予定です。

DJ & PRODUCER BRADY GOZZA was just Awesome to Work with. We had received many tracks from other Producers and I just was not feeling them. Then, James Woodard who was overseeing the project told me he had some one who had lots of beats and he would be sending me some. I like the tracks he sent me and I started writing to them. Then we went in the studio and recorded them. My vocals and lyrics on his tracks worked. I hope to work with him again. LOVE DEMANDS is going to be the Next Single. I am doing a New Video as well. The first single and video out now is “NO MORE” From the CD.

 

Photo by Yuma Sakata

 

   
error: