• HOME
  • NEWS LIST
  • Music
  • クラッシュ・アダムスがNEWシングル「Good Side」をリリース—“自分の良いところを見てくれる人のことを歌っている”

クラッシュ・アダムスがNEWシングル「Good Side」をリリース—“自分の良いところを見てくれる人のことを歌っている”

クラッシュ・アダムスがジャスティン・トランター氏やジャスティン・ビーバー氏らと共に制作したNEWシングルをリリースした!どのような楽曲になっているの!?記事を読み進めよう!

 
Crash Adams|クラッシュ・アダムス
クラッシュ・アダムス © 2024 Crash Adams and Warner Music Canada, Photo by Sad Swim
Crash Adams - Good Side

クラッシュ・アダムスのNEWシングル「Good Side」ジャケット © 2024 Crash Adams and Warner Music Canada

ポップミュージックバンド Crash Adams(クラッシュ・アダムス)が、2024年1月12日(金曜日)にNEWシングル「Good Side」(グッド・サイド)をデジタル配信リリースした。

 

クラッシュ・アダムスは、“良い面(部分)”を意味するNEWシングル「Good Side」をリリース。同曲は、ソングライター/シンガー/アクティヴィストのJustin Tranter(ジャスティン・トランター)、シンガーのJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)、シンガー/ソングライター/女優のDua Lipa(デュア・リパ)、シンガー/女優のSelena Gomez(セレーナ・ゴメス)と共に制作し、明るく高揚感のあるポップなメロディとポジティブな歌詞によってグッドバイブス全開の楽曲に仕上がった。

クラッシュ・アダムスは、同曲について「僕らの新曲「Good Side」は、ハッピーな気分にさせるおもちゃのピアノの音から始まっています。この曲では、ハッピーな気持ちを歌詞に込めたかったのです。自分では自分の良いところがわからなくても、自分の良いところを見てくれる人のことを歌っていて、ジャスティン・トランター、ジャスティン・ビーバー、デュア・リパ、セレーナ・ゴメスと一緒に作りましたが、彼らは本当に素晴らしい仕事をしてくれました。彼らは、僕らが自分らしくいることを認めてくれて、僕らの“Good Side”(いい部分)を引き出してくれました」とコメントを寄せた。

カナダ トロント出身のRafaele Massarelli(Crash(クラッシュ))とVince Sasso(Adams(アダムス))の幼馴染・親友から成るクラッシュ・アダムス。一般人を巻き込んだ面白い動画コンテンツ“音痴かと思ったら実は歌うまドッキリ”“街でラップできる人を探して一緒に歌ってみた”などがソーシャルメディアで話題を呼び、大人気を博す。2022年リリースのシングル「Give Me a Kiss」(ギヴ・ミー・ア・キス)が大ヒットし、音楽シーンに登場。ソーシャルメディアのマーケティングも得意とし、TikTokで公開されている動画は180万回再生を超えている。

 

Crash Adams(クラッシュ・アダムス)のNEWシングル「Good Side」は、2024年1月12日(金曜日)にデジタル配信リリース。

 

 

INFORMATION

Crash Adams – Good Side
 
発売: 2024年1月12日(金曜日)
仕様: デジタル配信

ダウンロード / ストリーミング
https://Japan.lnk.to/CAGSPu
日本国内レーベル
https://wmg.jp/crashadams/

 

 

© 2024 Crash Adams and Warner Music Canada © 2024 Warner Music Japan Inc.
 

高音で“Good Side〜♪”とキャッチーでポップなメロディとポジティブなリリックがグッドバイブスを全開にさせてくれるCrash AdamsのNEWシングル「Good Side」!おもちゃのピアノから始まるメロディもナイスアイデア!日本人(一部)は、他人の悪い部分ばかりに目を向けて他人の批判や悪口を言ったり、インターネット上で叩いたり、何かと制裁したりする傾向にあって陰湿だけど、もっと他人の“Good Side”良い面(部分)を見つけてお互いをリスペクトし、讃え(称え)合おうよ!自分は他人の批判や悪口を言ったり、秘密を暴露したり、他人に制裁したりするほど、正しくて偉くてすごいの!?自分にも悪い面、ネガティブな面、マイナスな面もあるでしょ?何かあったときに悪い面、ネガティブな面、マイナスな面をフォローしてくれるのは、いつだって他人。“おたがいさま”で、助け合い、支え合い、リスペクトし合い、讃え(称え)合う人間関係の方が、お互いがポジティブで気持ち良いし、自信にも繋がる。Good Vibes Onlyになるといいね!同曲の制作に加わったJustin Tranter氏は、Britney Spears女史、Linkin Park、DNCE、5 Seconds of Summer、Ariana Grande女史、Lady Gaga女史、同じく同曲の制作に加わったSelena Gomez女史、Justin Bieber氏、Dua Lipa女史などのソングライティングを手がけているほか、LGBTQIA+コミュニティやHIV/AIDS患者、多様性、気候変動危機、芸術教育、動物の権利などへの支援、銃器撲滅などの活動もしているアクティヴィストでもある。

 
error: