Motown Project

©2016 SMOKEY ROBINSON / Tempo Entertainment

世界最大級の映像ストリーミング配信サービスでもあるNetflix(ネットフリックス)が、Motown(モータウン)プロジェクト(タイトル未定)=Motown(モータウン)の名曲をテーマにしたキッズ向けオリジナル・アニメーションシリーズの制作を発表し、世界中に同時配信することが明らかになった。

 

まだタイトル未定の作品ではあるが、Motown(モータウン)の設立に貢献し、長きに渡って副社長を務めた、ブラックミュージック界の大御所・伝説的なシンガーソングライター/プロデューサー/The Miracles(ミラクルズ)の発起人でもあるSmokey Robinson(スモーキー・ロビンソン)を音楽総指揮に迎え、監督・製作総指揮・演出を務めるJosh Wakely(ジョシュ・ウェイクリー)が描く空想世界を舞台に心躍る物語となる予定だ。

また、シリーズの各エピソードは、Smokey Robinson(スモーキー・ロビンソン)はもちろん、Marvin Gaye(マービン・ゲイ)、The Jackson 5(ジャクソン5)、Lionel Richie(ライオネル・リッチー)、The Supremes(シュープリームス)、The Temptations(テンプテーションズ)、Stevie Wonder(スティヴィー・ワンダー)など、伝説的な往年の大スターたちが生み出したヒット作からインスピレーションを得て展開していき、コンテンポラリーアーティストたちが楽曲をカヴァーする。

 

Smokey Robinson(スモーキー・ロビンソン)は、「今回の素晴らしい最新シリーズに参加できることをとてもうれしく思っています。モータウンの音楽が織りなす魔法がちりばめられた本作品は、若い世代のファンやその家族にモータウンを聴いてもらえる最高の機会です。このシリーズに対するジョシュのクリエイティブなビジョンには本当に感心します。世界中の視聴者に観てもらえるよう、早く製作に貢献したい気持ちがウズウズしています!」と語っている。

いまだに幅広い世代に愛されているMotown(モータウン)の名曲の数々だが、Motown(モータウン)の全盛期をリアルタイムに知るのは50代以上の人になる。近年は、音楽の歴史やルーツを知る若者も少なく、次代に伝えるべく、伝説的なアーティストや音楽の歴史・ルーツを題材にしたドラマや映画も多く制作されている。Netflix(ネットフリックス)のこのオリジナル・アニメーションシリーズが完成すれば、子どもたちには音楽も新鮮に感じられ、若者や大人、Motown(モータウン)ファン、ブラックミュージック・ファンは懐かしく感じ、世代を超えて楽しめるものになるだろう。

今回のNetflix(ネットフリックス)のMotown(モータウン)プロジェクト(タイトル未定)は、Josh Wakely(ジョシュ・ウェイクリー)とBeyond International(ビヨンド・インターナショナル)が音楽をテーマに手がけた、The Beatles(ビートルズ)の音楽にのせて贈る『Beat Bugs』(ビートバグズ)に続いて2作目のオリジナルシリーズとなる。また、『Beat Bugs』(ビートバグズ)は、シーズン2の制作も発表され、新たなゲストアーティストを迎える。

Netflix (Japan)
http://www.netflix.com/jp/

© Netflix. All Rights Reserved.

   
error: