マクセル アクアパーク品川

マクセル アクアパーク品川『NAKED花火アクアリウム』今週開幕—ロマンチックな最先端の夏空間が誕生

マクセル アクアパーク品川

©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

マクセル アクアパーク品川の夏期イベント『NAKED 花火アクアリウム』が、2019年7月13日(土曜日)に開幕する。

 

クリエイティブカンパニーNAKED(ネイキッド)が演出を手掛ける『NAKED 花火アクアリウム』は、2016年のスタート以来、毎年約550,000人を動員する人気ぶりで、マクセル アクアパーク品川の夏の風物詩となっている。

今年は、生きものとテクノロジー(音・光・プロジェクションマッピング・アートワーク)が融合、日本国の夏らしく縁日の雰囲気を創出したイマーシブエリア「パターンズ」が新たにオープン。エリアに並ぶ11個の水槽では桜鯛やアミメチョウチョウウオなど日本的な名前や和柄模様をもつ生物が展示され、水槽の前に設置されている和太鼓を叩くと、それぞれの生物にちなんだデジタル花火が打ち上がるインタラクションを体験することができる。さらにエリアの床や壁面には数分おきにプロジェクションマッピングで海の神秘を思わせる映像が映し出されるほか、夜にはプログラム「宵のペンギンまつり」でペンギンも登場し、身体能力を生かした可愛いパフォーマンスに合わせてプロジェクションマッピングが動く。新エリア「パターンズ」を出ると、ピンポンパールやコメット、リュウキンなど7種類の金魚が優雅に泳ぐ水槽とプロジェクションマッピングが連動した空間「金魚花火」、その空間を抜けると美しい発光サンゴの水槽とプロジェクションマッピングが連動して和傘にデジタル花火が咲き乱れるカフェバー「傘花火」があり、花火アクアリウムの世界観をイメージしたオリジナルメニューを水槽型のテーブルで楽しむことができる。そして、ミラーで囲まれた空間には様々な種類のクラゲが浮遊する全面クリスタルの水槽があり、光と音の演出によって幻想的な海の世界が広がる。

 

都会のど真ん中でイルカのパフォーマンスを楽しむことができるザ・スタジアムでは、昼は現代のクールな日本国をイメージした「疾風—HAYATE」が公演され、ゲスト参加型の清涼感たっぷりのパフォーマンスとなり、水のアーチの切れ間からイルカとトレーナーが飛び出すコンビネーションジャンプも初披露。夜は瑠璃色の空と海を鮮やかに彩るデジタル花火とイルカの美しさが織りなす「瑠璃花火」が公演され、イルカ・水・光・音・プロジェクションマッピングが融合した情緒的で壮大な夏の世界に浸ることができる。

新たにオープンするイマーシブエリア「パターンズ」からドルフィンパフォーマンスを楽しむことができるザ・スタジアムまでの道のりは、生きものと光・音・プロジェクションマッピング・アートワークが織りなす幻想的な世界観。写真や映像にも映え、夏の思い出作りにもぴったり。もうすぐ夏休みがスタート、ロマンチックな最先端の夏空間を楽しんでみるのもいいかも!

マクセル アクアパーク品川の夏期イベント『NAKED 花火アクアリウム』は、2019年7月13日(土曜日)から9月29日(日曜日)まで開催される。

水族館情報
maxell AQUA PARK SHINAGAWA
マクセル アクアパーク品川

住所: 〒108-8611 東京都品川区高輪4-10-30 品川プリンスホテル内
時間: 季節・曜日により異なる
定休: なし
料金: おとな(高校生以上) 個人 2,300円(税込) 年間パスポート 4,400円(税込) / 小・中学生 個人 1,200円(税込) 年間パスポート 2,300円(税込) / 幼児(4歳以上) 個人 700円(税込) 年間パスポート 1,300円(税込)
交通: 新幹線・JR各線・京浜急行線「品川駅」高輪口より徒歩2分
駐車: 台数に限りあり(30分 500円)
運営: 西武グループ/プリンスホテル/マクセル アクアパーク品川
お問い合わせ: 音声ガイダンス 03-5421-1111

maxell AQUA PARK SHINAGAWA
マクセル アクアパーク品川
http://www.aqua-park.jp/aqua/

 

©︎Maxell AQUAPARK SHINAGAWA

 

   
error: