• HOME
  • NEWS LIST
  • Music , Report
  • 世界一ずぶ濡れになる音楽フェス『S2O JAPAN 2019』閉幕—3日間で約4.5万人が音楽と約300万リットルの放水に大熱狂
S2O JAPAN Songkran Music Festival 2019

世界一ずぶ濡れになる音楽フェス『S2O JAPAN 2019』閉幕—3日間で約4.5万人が音楽と約300万リットルの放水に大熱狂

S2O JAPAN Songkran Music Festival 2019

©︎ S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2019

音楽フェスティバル『S2O JAPAN Songkran Music Festival 2019』(エスツーオー・ジャパン・ソンクラーン・ミュージック・フェスティバル2019)が、2019年7月13日(土曜日)から7月15日(祝日・月曜日)まで千葉・千葉県立幕張海浜公園の特設会場で開催された。

 

S2O(エスツーオー)は、2015年にタイ王国で誕生し、タイ王国の旧正月を祝う水掛け祭り“ソンクラーン”と音楽をコラボレーションさせたアジア最大級の音楽フェスティバル。世界トップクラスのDJたちが出演、世界中からオーディエンスが訪れ、チケットもソールドアウトする人気ぶりとなっている。

 

日本国では、2018年から『S2O JAPAN』として開催されており、今年で2年目を迎え、昨年の会場となった東京・お台場から千葉県立幕張海浜公園に会場を移し、スケールもパワーもアップして3日間開催。タイ王国の『S2O 2019』でも使用された巨大な貯水タンクや給水管をモチーフにしたセット、巨大な水の工場を彷彿とさせるステージが組まれ、1日目と2日目には世界的な人気を博すDJ/音楽プロデューサーのNicky Romero(ニッキー・ロメロ)やエレクトロニック・ダンス・ミュージック・デュオのShowtek(ショーテック)、エレクトロニック・ミュージック・デュオのKnife Party(ナイフ・パーティー)、エレクトロニック・ミュージック・プロダクション&DJデュオのBassjackers(ベースジャッカーズ)、DJ/音楽プロダクション・デュオのYellow Claw(イエロー・クロウ)、DJ/音楽プロデューサーのKSUKE(ケースケ)など、国内外の16組のDJが登場し、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)にのせて花火やパイロ、炎が上がる中、大量の水が会場に降り注いだ。3日目は、S2O初となる単独アーティストとのコラボレーションで開催され、ロックバンドのWANIMA(ワニマ)が登場し、WANIMA(ワニマ)の歌唱や楽曲に合わせて大量の水が降り注いだ。

3日間で放水された水量は約3,000,000リットル、約45,000人のオーディエンスがずぶ濡れになりながら音楽やダンスを楽しみ、大熱狂。普段フェスやクラブ、ライヴ会場に行かない若者やカップルもおそろコーデや水着に身を包んで参加し、楽しんでいた。

SAPIENS TODAY|サピエンストゥデイでは、DJ/音楽プロデューサーのNicky Romero(ニッキー・ロメロ)、エレクトロニック・ダンス・ミュージック・デュオのShowtek(ショーテック)、エレクトロニック・ミュージック・デュオのKnife Party(ナイフ・パーティー)にインタビューを実施!近日、インタビュー記事を掲載予定です。お楽しみに!

©︎ S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2019

 

   
error: