© Peanuts Worldwide LLC

スヌーピーミュージアムがファイナル、ともだちをテーマにピーナッツの真髄を公開

『ピーナッツ』原画(部分)/1981年1月28日
© Peanuts Worldwide LLC

スヌーピーミュージアムは、2018年4月21日(土曜日)よりスヌーピーミュージアム最終回『ともだちは、みんな、ここにいる。』を開催する。

 

スヌーピーミュージアムは、アメリカ合衆国カリフォルニア州ソノマ郡サンタローザにあるCharles M. Schulz Museum and Research Center(チャールズ M. シュルツ美術館&リサーチセンター)の期間限定サテライトミュージアムとして2016年4月に開館し、いままで約950,000人が来場する大人気のミュージアムとなっているが、今年2018年9月に予定の期間を終えて閉館を迎える。閉館を前にスヌーピーミュージアム最終回『ともだちは、みんな、ここにいる。』が、2018年4月21日(土曜日)から9月24日(祝日・月曜日)まで開催されることが決定した。

いつでも一緒のCharlie Brown(チャーリー・ブラウン)とLinus(ライナス)・・・種族を超えた大の仲良しのSnoopy(スヌーピー)とWoodstock(ウッドストック)・・・無二の友のはずが気持ちがすれ違うSnoopy(スヌーピー)とCharlie Brown(チャーリー・ブラウン)・・・フットボールで意地悪ばかりするLucy(ルーシー)になぜか大事な悩みを打ち明けるCharlie Brown(チャーリー・ブラウン)・・・このように、『PEANUTS』(『ピーナッツ』)の原作者でもあるカートゥニストのCharles M. Schulz(故・チャールズ M. シュルツ)は、約50年もの間、『PEANUTS』(『ピーナッツ』)を通して、Snoopy(スヌーピー)やCharlie Brown(チャーリー・ブラウン)をはじめとする、世界中の人々から“PEANUTS GANG”(ピーナッツ・ギャング)と呼ばれ親しまれているユニークなキャラクターたちのクスッと笑えて、ちょっぴり切ない人間模様を描き続けてきた。

スヌーピーミュージアム最終回『ともだちは、みんな、ここにいる。』では、「ともだち」と「友情」をテーマにCharles M. Schulz Museum and Research Center(チャールズ M. シュルツ美術館&リサーチセンター)が所蔵する最古の貴重な『PEANUTS』(『ピーナッツ』)原画や日本国初公開を含む最終回のために厳選された原画約80点が来日し、いまだに新鮮さが保たれた瑞々しい筆跡が残る原画や新たに制作されるオリジナル映像を通して、いまも世界中が夢中になっている“PEANUTS GANG”(ピーナッツ・ギャング)のユーモラスで哀愁漂う友情エピソードを楽しむことができ、『PEANUTS』(『ピーナッツ』)の真髄を味わうことができる。

『ピーナッツ』原画/1950年11月25日
© Peanuts Worldwide LLC

『ピーナッツ』原画(部分・複製)/1964年12月6日
© Peanuts Worldwide LLC

Charles M. Schulz Museum and Research Center(チャールズ M. シュルツ美術館&リサーチセンター)が所蔵する最古の『PEANUTS』(『ピーナッツ』)原画は、アメリカ合衆国で連載がスタートした1950年10月2日の約2ヵ月後に描かれたSnoopy(スヌーピー)とCharlie Brown(チャーリー・ブラウン)のエピソードで、2013年に東京・森アーツセンターギャラリーで開催された展覧会『スヌーピー展 しあわせは、きみをもっと知ること。―Ever and Never: the art of PEANUTS』以来、5年ぶり2度目の来日となり、当時観た人たちにとってもまた観たくなる原画のひとつだ。また、約80点の貴重な原画は、いつも一緒のともだち、かみ合わないともだち、仲の良いきょうだい、どうぶつ、建物や植物との友情など“PEANUTS GANG”(ピーナッツ・ギャング)が織りす様々な関係性と約50年間描き続けられている『PEANUTS』(『ピーナッツ』)の歴史も知ることができる。

 

『ピーナッツ』原画/1974年9月17日
© Peanuts Worldwide LLC

『ピーナッツ』原画(部分)/1993年10月3日
© Peanuts Worldwide LLC

スヌーピーミュージアムがいよいよファイナル・・・“PEANUTS GANG”(ピーナッツ・ギャング)のユーモラスで哀愁漂う友情エピソードと『PEANUTS』(『ピーナッツ』)の真髄を味わうことができる―スヌーピーミュージアム最終回『ともだちは、みんな、ここにいる。』は、2018年4月21日(土曜日)から9月24日(祝日・月曜日)まで開催される。

※SOUL SAPIENS | ソウルサピエンスでは、スヌーピーミュージアムのファイナル、そして、スヌーピーミュージアム最終回『ともだちは、みんな、ここにいる。』開催に伴い、大特集を組む予定です。お楽しみに!

展覧会情報
スヌーピーミュージアム最終回『ともだちは、みんな、ここにいる。』

© Peanuts Worldwide LLC

  • 日程: 2018年4月21日(土曜日)から9月24日(祝日・月曜日) 会期中無休 ※6月5日(火曜日)を除く
  • 時間: 10時00分から20時00分(最終入場は19時30分まで)
  • 会場: スヌーピーミュージアム(東京都港区六本木5-6-20)
  • 交通: 東京メトロ日比谷線・大江戸線「六本木駅」より徒歩約7分
  • 入場料: 一般 当日券 2,000円(税込) 前売券 1,800円(税込) / 大学生 当日券 1,400円(税込) 前売券 1,200円(税込) / 中学・高校生 当日券 1,000円(税込) 前売券 800円(税込) / 4歳から小学生 当日券 600円(税込) 前売券 400円(税込) / トリプルチケット メモリアル・ポストカード6枚セット付(2018年5月7日(月曜日)からから9月21日(金曜日)までの間に事前予約なしで3回入館可) 3,200円(税込)※2018年5月7日(月曜日)よりオフィシャルショップ「スヌーピタウン」全店及び公式オンライショップ「おかいもの SNOOPY」で発売
  • チケット: 前売券は、ローソンチケットにて発売予定。当日券は、前売券の販売状況に余裕がある場合にスヌーピーミュージアムで発売。※未使用の前売券は、当日券の発売がある場合に限りプラス200円で利用可能。
  • お問い合わせ: 03-6328-1960 info@snoopymuseum.tokyo

Snoopy Museum Tokyo
スヌーピーミュージアム
www.snoopymuseum.tokyo

 

© Peanuts Worldwide LLC

 

   
error: