• HOME
  • NEWS LIST
  • Art
  • スヌーピーミュージアムが自然豊かな南町田に移転オープン—一人ひとりのクスッが集まってみんながハッピーになる場所

スヌーピーミュージアムが自然豊かな南町田に移転オープン—一人ひとりのクスッが集まってみんながハッピーになる場所

東京・南町田グランベリーパーク内に移転オープンし、新しくなったスヌーピーミュージアムとピーナッツカフェの全容はいかに!?キーパーソンたちが語ったこととは!?記事を読み進めよう!

 
Snoopy Museum Tokyo|スヌーピーミュージアム
© Peanuts Worldwide LLC ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate Photo by Ryohei Ryan Ebuchi
——日本国のファンの皆さん、来館される皆さんにメッセージをお願いします。

今回はまだまだ最初の一歩に過ぎませんので、今後も楽しみにしていただければと思います。

Paige Braddock|ペイジ・ブラドック

チャールズ M. シュルツ・クリエイティブ・アソシエイツ チーフ・クリエイティブ・オフィサー Paige Braddock(ペイジ・ブラドック)

© Peanuts Worldwide LLC ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

——ご挨拶

私は、仕事柄、日々『ピーナッツ』やスヌーピーの漫画を研究し、向き合い続けています。新しいスヌーピーミュージアムは、『ピーナッツ』やスヌーピーの世界の中に飛び込むような感覚を味わっていただけます。

——来年、東京2020オリンピック・パラリンピックを迎えるにあたって、スヌーピーミュージアムにも国内外から多くの人が来場すると予想されています。スヌーピーミュージアムを通じて国内外の人に伝えたいことやメッセージはありますか?

とても難しい質問ですね。正直に言うと、オリンピックに絡めてスヌーピーは運動が得意かどうかと聞かれるのかとばかり思っていました。立体型のオブジェ、彫刻としてのスヌーピーに出会える場所がありますが、普段私たちが出会っているスヌーピーよりもはるかに大きなスケールになっていますので、こういう存在だったのかということを感じることができます。私が皆さんに特に注目していただきたい展示空間は、かつて日曜版のカラー印刷で紹介された『ピーナッツ』をデザイナーが展示用に落とし込んで見事に再現してくれました。昔の新聞のカラー印刷(ドットプリント)を展示として成立するような紹介の仕方になっています。

 
——日本国のファンの皆さん、来館される皆さんにメッセージをお願いします。

私のようにピーナッツ・ファン、その中でもスヌーピー贔屓の人間であり、さらに漫画家として言いますと、本当にキャラクターが生きているんだなということを実感できるので、めちゃくちゃ楽しい体験ができると思います。

Karen Johnson|カレン・ジョンソン

チャールズ M. シュルツ美術館 館長 Karen Johnson(カレン・ジョンソン)

© Peanuts Worldwide LLC ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

——ご挨拶

スヌーピーミュージアムは、ひととしての、そして、アーティストとしてのチャールズ M. シュルツを知っていただく、またとない機会であるということを大変嬉しく思い、今後も楽しみでなりません。チャールズ M. シュルツ本人も奥様のジーニーさんも非常に喜んでおられることは間違いないと思います。

——旧・スヌーピーミュージアム(東京・六本木)と新しいスヌーピーミュージアム(東京・南町田)の違いをお聞かせください。

 

© Peanuts Worldwide LLC

 

続きを読む
3 / 15

新しいスヌーピーミュージアムは、居心地も良く、ゆっくりのんびりとピーナッツ・ギャングに再会できる!大きなスヌーピーのスタチューにはびっくり!かわいいけど!笑、

     
error: