• HOME
  • NEWS LIST
  • Art
  • チームラボプラネッツに屋外パブリックアートや夏季限定の装いに変わった作品が登場—人の振る舞いに影響を受け変化する水

チームラボプラネッツに屋外パブリックアートや夏季限定の装いに変わった作品が登場—人の振る舞いに影響を受け変化する水

アート・スペシャリスト集団チームラボが手掛ける“水に入るミュージアム”チームラボプラネッツに新作や夏季限定の装いに変化した作品が登場した!それぞれどんな作品!?記事を読み進めよう!

 
teamLab Planets TOKYO|チームラボプラネッツ
空から降り注ぐ憑依する滝 ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi
teamLab Planets TOKYO|チームラボプラネッツ

The Infinite Crystal Universe ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate, Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

いまや世界中で人気を博し、注目を集めているアート・スペシャリスト集団チームラボが手掛ける“水に入るミュージアム”東京・チームラボプラネッツが、2020年7月16日(木曜日)より新作を公開した。

 

今回新たに公開されたのは、無数の粒子の連続体で表現された水が粒子の挙動によって空間上に線を描き、線の集合体をチームラボが考える“超主観空間”によって平面化した滝「空から降り注ぐ憑依する滝」。来場者が近づいたり、作品の上に立ったりすると、水の流れが変化する。屋外に展示されたパブリックアートとなっており、入館の有無に関係なく誰でも鑑賞・撮影できる。さらに館内では、来場者が裸足になって水の中を歩き、水面を泳ぐ鯉たちにぶつかると鯉が季節の花々に変化し散る「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング」の花が、夏季限定で向日葵に変化。年間を通して咲く花々は、季節と共に移り変わる。両作品は、人の振る舞いの影響を受けながら永遠に変化し続けるという“ひとと水”がテーマになっている。

チームラボプラネッツは、超巨大な4つの作品空間と屋外作品を中心とした計8作品で構成された“水に入るミュージアム”。来場者は、入館と同時に裸足になり、水に入ったり、素材に触れたりしながらアートを体験。2018年7月に開館して以来1,800,000人以上が来館。国内外の著名なアーティストやセレブリティも足を運んでいる。現在、SARS-CoV-2 / COVID-19(新型コロナウイルスによる感染症)感染予防対策を実施し、営業中。2020年秋までとしていた会期を2022年末まで延長する。

 
ミュージアム情報
teamLab Planets TOKYO DMM.com
チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com

住所: 〒135-0061 東京都江東区豊洲6-1-16
時間: 平日10時00分から19時00分 / 土曜日・日曜日・祝日 9時00分から19時00分 ※最終入場は閉館の30分前
料金: 大人(18歳以上) 3,200円(税込) / 大学生・専門学生 2,500円(税込) / 中学生・高校生 2,000円(税込) / 小人(4歳から12歳) 800円(税込) / シニア(65歳以上) 2,400円(税込) / 3歳以下 無料 / 障がい者割引 1,600円(税込)
交通: ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「新豊洲駅」より徒歩1分・「市場前駅」より徒歩5分、東京メトロ有楽町線「豊洲駅」より徒歩10分、ほか
備考: 料金・開館時間・休館日等が変更になる場合があります。事前にオフィシャルウェブサイトでご確認ください。
運営: PLANETS / DMM.com
お問い合わせ: DMMサポートセンター 03-6670-3911

teamLab Planets TOKYO DMM.com
チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com
https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/

 

 

© teamLab

チームラボプラネッツに登場した屋外パブリックアート「空から降り注ぐ憑依する滝」は、デジタルながら幻想的で水のパワーを力強く感じることができる。チームラボプラネッツのオベリスクとも言え、新型コロナウイルスとの闘いを勝利に導いてくれそうだ。「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング」も人と鯉と向日葵のコラボレーションがこんなにも美しいとは、体験するまで思いもしなかった。水の冷たさが気持ち良い季節、しっかりと新型コロナウイルス感染予防対策をして遊びに行こう!

     
error: