• HOME
  • NEWS LIST
  • Art
  • 展覧会「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」が3月19日より東京都現代美術館で開催—貴重な資料やミニチュアなど約500点展示

展覧会「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」が3月19日より東京都現代美術館で開催—貴重な資料やミニチュアなど約500点展示

日本国の宝“特撮”や映像史に大きな足跡を遺した特撮美術監督 故・井上泰幸氏の展覧会が開催される!どのような展覧会になるの!?記事を読み進めよう!

 
生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展
特撮美術監督の故・井上泰幸さん/アルファ企画にて、1994年/撮影:斎藤純二
生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展

岩田屋周辺ミニチュアセットのメイキング写真/「空の大怪獣ラドン」(1956)より © TOHO CO., LTD.

日本映像史の重要な位置を占め、日本国独自の文化である“特撮”(特殊撮影技術の略称)領域に大きな足跡を遺した特撮美術監督 井上泰幸(1922-2012)の展覧会「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」が、2022年3月19日(土曜日)より東京都現代美術館 企画展示室 地下2Fで開催される。

 

展覧会「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」は、東京都現代美術館が2012年に特撮領域全般をテーマに開催し、約300,000人が熱狂した展覧会「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に続く特撮に関する展覧会となり、ひとりの作家・作り手としての井上泰幸監督とその作品に焦点を当てる。1954年公開の映画『ゴジラ』、1956年公開の映画『空の大怪獣ラドン』、1962年公開の映画『キングコング対ゴジラ』、1963年公開の映画『海底軍艦』、1966年放送の特撮テレビドラマシリーズ『ウルトラQ』、1966年公開の映画『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』、1969年公開の映画『日本海大海戦』、1971年公開の映画『ゴジラ対ヘドラ』、1973年公開の映画『日本沈没』、1977年公開の映画『惑星大戦争』、1984年公開の映画『ゴジラ』、1981年公開の映画『連合艦隊』、1987年公開の映画『竹取物語』等の貴重なスケッチ、デザイン画、絵コンテ、台本、制作進行表、記録写真、資料、撮影で使用したミニチュアやプロップなど約500点を展示。井上泰幸監督の功績と現在最前線で活躍するクリエイターたちに多大な影響を与えた井上泰幸作品の魅力を紹介する。

さらに特撮研究所やアニメ特撮アーカイブ機構が企画協力し、映画監督/特技監督/映像作家の樋口真嗣監督がメインビジュアルを制作、井上泰幸監督の愛弟子であった特技監督/美術デザイナーの三池敏夫監督が1956年公開の映画『空の大怪獣ラドン』に登場する西鉄福岡駅周辺の大型ミニチュアセットを再現。背景画は“雲の神様”と称される島倉二千六が手掛け、ミニチュア制作はマーブリングファインアーツが制作。特撮の最前線で活躍する錚々たるクリエイターたちによって井上泰幸監督の綿密な仕事が令和に蘇る。

 

井上泰幸監督は、今年2022年に生誕100年を迎える。映画『ゴジラ』シリーズや特撮テレビドラマシリーズ『ウルトラマン』などの代表作で知られる特撮のパイオニアで、特撮監督/映画監督/円谷特技プロダクション(現・円谷プロダクション)初代社長の円谷英二監督のもと、1954年公開の映画『ゴジラ』から特撮美術スタッフの一員としてキャリアをスタート。以降、デザイナー/特撮美術監督として、特撮映画のみならず日本国の映画・テレビ史において重要な作品を数多く手掛け、映像文化を支えた稀有な作り手だった。

展覧会「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」は、2022年3月19日(土曜日)から6月19日(日曜日)まで東京・東京都現代美術館 企画展示室 地下2Fで開催される。

SAPIENS TODAY|サピエンストゥデイの読者のみなさまとCHALLENGER’S TV beehiveの視聴者のみなさまの中から抽選で、展覧会「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」のご招待券をプレゼントさせていただきます。詳しくは、次のページをご覧ください。

INFORMATION

 
日程: 2022年3月19日(土曜日)から6月19日(日曜日)
時間: 10時00分から18時00分(展示室入場は閉館の30分前まで)
休館: 月曜日・3月22日 ※ただし3月21日(祝日・月曜日)開館
会場: 東京都現代美術館 企画展示室 地下2F(東京都江東区三好4-1-1(木場公園内))
料金: 予約優先チケット(日付指定券)推奨 一般 1,700円(税込) / 大学生・専門学生・65歳以上 1,200円(税込) / 中学生・高校生 600円(税込) / 小学生以下 無料 / 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳持参者とその付き添いの方(2名まで) 無料
注意: 小学生以下のお客様は、保護者の同伴が必要です。展示作品・会期・開館時間・休館日等が今後の情勢や諸事情により変更になる場合があります。最新情報は、東京都現代美術館のホームページでご確認ください。
備考: 本展チケットで「MOTコレクション」もご覧いただけます。

 

 

生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展
 
 
続きを読む
1 / 2

東京都現代美術館で2012年に開催された「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に続く、展覧会「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」。実は、「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」の会期直前に亡くなった井上泰幸監督。「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」でも井上泰幸監督によるスケッチや図面、セットデザインが展示されたが、本展では貴重なスケッチやデザイン画、絵コンテ、プロップ、ミニチュアなど約500点の膨大な資料が展示される。中でも注目されているのは、特撮の最前線で活躍する錚々たるクリエイターたちによって制作・再現される映画『空の大怪獣ラドン』西鉄福岡駅周辺の大型ミニチュアセット。このセットは、来館者の写真撮影が可能!特撮映画の撮影をしている気分で、アングルなどにもこだわって撮影してみてはいかがだろうか。他にもトーク/ギャラリーツアーや体験型ワークショップも実施されるので、東京都現代美術館のホームページをチェックしよう!

 
error: