• HOME
  • NEWS LIST
  • Movie
  • 映画『To Leslie トゥ・レスリー』が日本国公開へ—アルコール依存症から人生の再起を図る感動の物語

映画『To Leslie トゥ・レスリー』が日本国公開へ—アルコール依存症から人生の再起を図る感動の物語

映画『To Leslie トゥ・レスリー』の日本国公開が決定し、予告映像とポスタービジュアルが公開された!どのような予告映像とポスタービジュアルになっているの!?記事を読み進めよう!

 
To Leslie|To Leslie トゥ・レスリー
希望を感じるキャッチコピー「人生の 夜明けは みじめで あたたかい」が印象的な映画『To Leslie トゥ・レスリー』のポスタービジュアル ©︎ 2022 To Leslie Productions, Inc. All rights reserved
To Leslie|To Leslie トゥ・レスリー

映画『To Leslie トゥ・レスリー』のポスタービジュアル ©︎ 2022 To Leslie Productions, Inc. All rights reserved

映画『To Leslie』(邦題『To Leslie トゥ・レスリー』)の日本国公開が発表され、予告映像とポスタービジュアルが公開された。

 

映画『To Leslie トゥ・レスリー』は、アメリカ合衆国では昨年2022年3月12日(土曜日)にテキサス州で開催された大規模イベント『South by Southwest』(サウス・バイ・サウスウエスト)で上映、10月7日(金曜日)より一部の劇場で限定公開され、映画批評サイトで高評価を獲得。日本国では、2023年6月23日(金曜日)より全国で公開されることが発表された。本作は、190,000ドル(日本円で約2,500万円)の宝くじに高額当選したものの、その賞金すべてをアルコールに使い果たして行き場を失ったアルコール依存症のシングルマザー Leslie “Lee” Rowland(レスリー・“リー”・ロウランド)が、子どもにも友人にも見放されながらも、“出会い”をきっかけに人生の再起を図る物語。スクリーンとの境界線を越えて滲む、痛々しいほどのリアリティ溢れる演技に胸を打たれ、ラストには涙なしでは観ることができない心温まる瞬間が待ち受ける。女優/プロデューサーのAndrea Riseborough(アンドレア・ライズボロー)が主人公 レスリー・“リー”・ロウランドを演じ、俳優/コメディアン/ミュージシャンのMarc Maron(マーク・マロン)がモーテルの従業員 Sweeney(スウィーニー)を演じる。

今回公開された予告映像は、宝くじに高額当選したレスリー・“リー”・ロウランドが「人生大逆転よ!」と歓喜する姿からはじまるが、次のシーンでは一転、宝くじの賞金がアルコールに消え、古い友人からは見切られ、失意のどん底にいるレスリー・“リー”・ロウランドが映し出される。行くあてのないレスリー・“リー”・ロウランドは、息子に会いに行くが“いい母親に戻りたい”と思う気持ちとは裏腹に、また息子の期待を裏切ってしまう。そんな時、孤独なモーテル従業員のスウィーニーと出会い、「いつだって人生はやり直せる」と励まされ、過去の人生を見つめ直し、再び息子と会うため再起を図ることを誓うレスリー・“リー”・ロウランドだったが・・・。アンドレア・ライズボローの演技力に心を奪われること必至の予告映像になっている。また、予告映像と同時に公開されたポスタービジュアルは、「人生の 夜明けは みじめで あたたかい」という希望を感じることができるキャッチコピーと共に、凛とした横顔に髪が舞い上がるレスリー・“リー”・ロウランドが全面に写し出され、不安定でありながらもまっすぐ突き進む強さが感じられるビジュアルとなっている。

 

レスリー・“リー”・ロウランドを演じたアンドレア・ライズボローは、本作で本年度アカデミー賞®︎主演女優賞にノミネート。圧巻の演技が、女優/シンガーのGwyneth Paltrow(グウィネス・パルトロウ)、女優/プロデューサーのCharlize Theron(シャーリーズ・セロン)、女優のAmy Adams(エイミー・アダムス)、女優/アクティヴィストのJane Fonda(ジェーン・フォンダ)、女優のLaura Dern(ローラ・ダーン)ら演技派俳優たちに称賛され、瞬く間に称賛の輪が広がった。女優のKate Winslet(ケイト・ウィンスレット)は、「私の人生で見た中で最も素晴らしい演技のひとつ」と絶賛。また、本年度アカデミー賞®︎主演女優賞にノミネートされた女優のCate Blanchett(ケイト・ブランシェット)は、全米批評家協会賞の受賞スピーチで“恣意的な演技賞で最も見過ごされている演技のひとつ”としてアンドレア・ライズボローの演技を挙げるなど、俳優たちからも熱い支持を受けている。

アルコール依存症から人生の再起を図る感動の物語—映画『To Leslie』(邦題『To Leslie トゥ・レスリー』)は、2023年6月23日(金曜日)より全国で公開される。

INFORMATION

《STORY》テキサス州西部のシングルマザー、レスリー(アンドレア・ライズボロー)は、宝くじに高額当選するが数年後には酒に使い果たしてしまい、失意のどん底に陥る。6年後、行き場を失ったレスリーは、かつての友人ナンシー(アリソン・ジャネイ)とダッチ(スティーヴン・ルート)のもとへ向かうが、やはり酒に溺れ呆れられてしまう。そんな中、スウィーニー(マーク・マロン)という孤独なモーテル従業員との出会いをきっかけに、後悔だらけの過去を見つめ直し、母親に失望した息子のためにも、人生を立て直すセカンドチャンスに手を伸ばしはじめる。
 
公開: 2023年6月23日(金曜日)より全国ロードショー
監督: Michael Morris(マイケル・モリス)
脚本: Ryan Binaco(ライアン・ビナコ)
出演: Andrea Riseborough(アンドレア・ライズボロー)、Marc Maron(マーク・マロン)、Owen Teague(オーウェン・ティーグ)、Allison Janney(アリソン・ジャネイ)、ほか
配給: KADOKAWA

 

 

©︎ 2022 To Leslie Productions, Inc. All rights reserved
 
 

Andrea Riseborough女史の演技が高く評価、称賛された映画『To Leslie』が日本国でも公開されることが発表された!アルコール依存症のシングルマザーが、出会いをきっかけに人生の再起を図る感動作。Andrea Riseborough女史の圧巻の演技、アルコール依存症との闘いや葛藤、感動のラストにも要注目だ!

 
error: