映画『夜に生きる』監督・キャスト陣が作品と物語を語る

 
©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『Live By Night』(邦題:夜に生きる)の監督・キャスト陣が作品と物語を語る特別映像が公開された。

 

今回公開された特別映像は、冒頭に美女との出会い、権力者同士の抗争による銃撃戦、カーチェイスといったギャング映画を象徴するシーンの数々が描かれているほか、監督・キャスト陣が作品と物語について語り、全員がいかに情熱を傾けた作品なのかも垣間見ることができる特別映像に仕上がっている。また、Ben Affleck(ベン・アフレック)が「天性の才能があり円熟味にあふれた女優」と太鼓判を押す女優のElle Fanning(エル・ファニング)が、2週間かけて作りこんだ演説シーンの一部も収められている。

第一次世界大戦に出兵後、主人公Joe Coughlin(ジョー・コグリン)は、人生で従うべきルールがないことを悟り、無法者のように日々を過ごし、ギャングの世界に足を踏み入れ、イタリアン・マフィアの首領Maso Pescatore(マソ・ペスカトーレ)に気に入られて知らずのうちに組織の一員となる。やがて、ギャングの愛人Emma Gould(エマ・グールド)、タンパで出会った優艶な美女Graciela Corrales(グラシエラ・スアレス)、そして、ギャングとしてのし上がろうとするJoe Coughlin(ジョー・コグリン)を阻む警察本部長の娘Loretta Figgis(ロレッタ・フィギス)を巻き込み、Joe Coughlin(ジョー・コグリン)の運命は大きく揺れ動いていく。

Ben Affleck(ベン・アフレック)は、「本作が描くのはジョーの生き様と自分流に生きるために彼が払った代償だ」とコメントを寄せ、映画『Live By Night』(邦題:夜に生きる)の核心に迫った。2度目のタッグとなる原作『Live By Night』(夜に生きる)の著者でもある作家のDennis Lehane(デニス・ルヘイン)に絶大な信頼を寄せ、映画化には純粋な情熱を傾けたBen Affleck(ベン・アフレック)は、Dennis Lehane(デニス・ルヘイン)の原作について「映画化のためにあるような小説があるが、彼の作品がそれだ。描写が映画的。昔のギャング映画に敬意を表して撮った」と語っている。

映画『Live By Night』(邦題:夜に生きる)は、Ben Affleck(ベン・アフレック)の監督作品に出演を熱望するキャストが集結し、制作。自由奔放ながらもJoe Coughlin(ジョー・コグリン)の人生に大きな影響を与えた女性Emma Gould(エマ・グールド)を演じた女優/モデル/ファッションデザイナーのSienna Miller(シエナ・ミラー)は、「息が合ってすぐに入り込めた。私にとって素晴らしい経験になった」と語った。Joe Coughlin(ジョー・コグリン)の良き相棒Dion Bartolo(ディオン・バルトロ)を演じた俳優/映画監督のChris Messina(クリス・メッシーナ)は、「作品と自分の役、そして、ベンに対する愛情が全員の演技に現れている」と熱弁。さらには、Joe Coughlin(ジョー・コグリン)にとって最愛の女性Graciela Corrales(グラシエラ・スアレス)を演じた女優のZoe Saldana(ゾーイ・サルダナ)は、「こんな映画に出てみたかった。グラシエラは多面性のある役で演じていて楽しかった。芸術家としてベンを尊敬する」と敬意を表した。Chief Irving Figgis(アーヴィング・フィギス本部長)を演じた俳優のChris Cooper(クリス・クーパー)は、「いい物語といい役には常に魅力を感じる。ベンが監督だったから全てスムーズだった」と語り、キャスト陣がBen Affleck(ベン・アフレック)に信頼を寄せていることも伺える。

https://youtu.be/nOzA9sJkIkE

映画『Live By Night』(邦題:夜に生きる)は、2017年5月20日(土曜日)より全国ロードショーで公開される。

作品情報
Live By Night
夜に生きる

https://youtu.be/NMrg_kUqeQY

舞台は禁酒法時代のボストン。野心と度胸さえあれば権力と金を手に入れられる狂騒の時代。厳格な家庭に育ったジョーは、警察幹部である父に反発し、やがてギャングの世界に入りこんでいく。ある日、対立組織のボスの恋人エマと出逢ったことでジョーの人生は激変する。新天地タンパでは今までに出逢ったことのない優艶な女性グラシエラに惹かれ、成功を収め始めた矢先には地元警察本部長の純粋無垢な娘ロレッタが現れ、運命の歯車が狂いだす。欲しいものをすべて手に入れるためには、ギャングとしてのし上がるしかない。3人の女性との出逢いがもたらした愛と欲望、裏切りと復讐──そのすべてを手に入れ、すべてを叶えるために、“夜に生きる”と決意した男の極上のクライム・エンターテインメント!原作はデニス・ルヘインの小説『Live By Night』(夜に生きる)。アメリカ合衆国でベストセラーを記録した傑作クライム小説。製作は、俳優/映画プロデューサー/脚本家のレオナルド・ディカプリオが務める。

  • 公開: 2017年5月20日(土曜日) 丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー 他 全国ロードショー
  • 監督・脚本: Ben Affleck(ベン・アフレック)
  • 原作: Dennis Lehane(デニス・ルヘイン)『夜に生きる』上・下(ハヤカワ文庫)
  • 製作: Leonardo DiCaprio(レオナルド・ディカプリオ)、ほか
  • 出演: Ben Affleck(ベン・アフレック)、Elle Fanning(エル・ファニング)、Brendan Gleeson(ブレンダン・グリーソン)、Chris Messina(クリス・メッシーナ)、Sienna Miller(シエナ・ミラー)、Zoe Saldana(ゾーイ・サルダナ)、Chris Cooper(クリス・クーパー)、ほか
  • 配給: ワーナー・ブラザース映画

Live By Night
夜に生きる
yoruni-ikiru.jp

©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 
 
error: