• HOME
  • NEWS LIST
  • Movie
  • 映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』トム・クルーズが史上最高にぶっ飛ぶ
© Universal Pictures

映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』トム・クルーズが史上最高にぶっ飛ぶ

© Universal Pictures

映画『Barry Seal』(邦題:バリー・シール/アメリカをはめた男)の日本国公開日が決定した。

 

映画『Barry Seal』(邦題:バリー・シール/アメリカをはめた男)が、日本国では2017年10月21日(土曜日)より全国ロードショーで公開されることが決定。

1970年代にTrans World Airlines(トランス・ワールド航空)の天才パイロットとして活躍し、その後、CIA / Central Intelligence Agency(アメリカ合衆国中央情報局)から極秘ミッションのパイロットにスカウトされ、さらに麻薬の密輸で莫大な財産を築いた実在の人物=Barry Seal(バリー・シール)の生涯と実話を完全映画化した映画『Barry Seal』(邦題:バリー・シール/アメリカをはめた男)。

アメリカ合衆国政府が存在を隠し続けた男―破天荒で天才的、誰からも愛される才能と愛嬌を持ち合わせ、密輸王と呼ばれた天才的“運び屋”のBarry Seal(バリー・シール)を演じるのは、映画化と制作を熱望した俳優/映画プロデューサーのTom Cruise(トム・クルーズ)。監督を務めるのは、映画『Edge of Tomorrow』(邦題:オール・ユー・ニード・イズ・キル)以来のタッグとなる映画監督/映画プロデューサーのDoug Liman(ダグ・リーマン)。この2人の再タッグによって、アメリカ史上最高にぶっ飛んだ男の嘘のような人生のすべてをスリル、アクション、コメディ満載で描き出す。

© Universal Pictures

公開された場面写真は、最高にワルで破天荒なBarry Seal(バリー・シール)が大量の武器を両手に抱えて密輸先へ向かう姿やアメリカ合衆国各地に跨る事件の捜査を統括するFBI / Federal Bureau of Investigation(アメリカ合衆国連邦捜査局)、薬物犯罪を取り締まるDEA / Drug Enforcement Administration(アメリカ合衆国麻薬取締局)、爆発物やアルコール類の違法な取引を取り締まるATF / Bureau of Alcohol, Tobacco, Firearms and Explosives(アメリカ合衆国アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)といったアメリカ合衆国の捜査機関に捕まり手錠をかけられ、囲まれながらも余裕の表情を見せている姿、さらには麻薬王と武装した軍隊に追い詰められて絶体絶命のピンチを迎えている様子など、Barry Seal(バリー・シール)が実際に体験したシチュエーション。Tom Cruise(トム・クルーズ)は、Barry Seal(バリー・シール)をユーモアを持って体当たりで演じ、いままで演じてきた誰もが憧れる格好良い役とは間逆の最高のワルとしてぶっ飛ぶ。

 

アメリカ合衆国政府が存在を隠し続けた天才的なワルの生涯と実話を完全映画化―映画『Barry Seal』(邦題:バリー・シール/アメリカをはめた男)は、2017年10月21日(土曜日)より全国ロードショーで公開される。

作品情報
Barry Seal
バリー・シール/アメリカをはめた男

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていたバリー・シールの元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としても天才的な才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで巨額の報酬を荒稼ぎをするバリー。しかしそんな彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた・・・。

  • 公開: 2017年10月21日(土曜日) 全国ロードショー
  • 監督: Doug Liman(ダグ・リーマン)
  • 出演: Tom Cruise(トム・クルーズ)、Sarah Wright(サラ・ライト)、ほか
  • 配給: 東宝東和

Barry Seal
バリー・シール/アメリカをはめた男
http://barry-seal.jp/

© Universal Pictures

   
error: