Pixar Adventure

©Disney/Pixar

今日2016年8月27日(土曜日)から9月25日(日曜日)まで、ラフォーレミュージアム原宿にて、『ピクサー アドベンチャー 「もしも」から始まる、冒険の世界』(東京会場)が開催される。

 

このイベントは、日本国で初めてディズニー/ピクサー映画4作品が集合した体験型企画となっており、昨年2015年12月に大阪で開幕、その後、名古屋、福岡と開催され、総計10万人以上を動員した。

©Disney/Pixar. All Rights Reserved.

最近では、Disney・Pixar映画『Finding Dory』(邦題:ファインディング・ドリー)の大ヒットでも記憶に新しく、「What if」(もしも)という豊かな想像力から数々の大ヒット作品を生み続けてきたPixar Animation Studios(ピクサー・アニメーション・スタジオ)。

『ピクサー アドベンチャー 「もしも」から始まる、冒険の世界』は、「もしも」をテーマにディズニー/ピクサー作品の創造的な世界を独自の視点で再現した4つのエリアから構成され、ゲストは、映画の世界の中に入り込み、キャラクターたちと一緒にストーリーやシーンを振り返りながら楽しく体験することができる。

もしも、あなたの知らないうちに、オモチャたちが動き出していたら。・・・から始まるのは、Disney・Pixar映画『Toy Story』(邦題:トイ・ストーリー)シリーズ。

©Disney/Pixar

Disney・Pixar映画『Toy Story』(邦題:トイ・ストーリー)シリーズのエリアでは、Andrew “Andy” Davis(アンドリュー・アンディ・デイビス/通称:アンディ)の部屋を舞台に、Sheriff Woody Pride(シェリフ・ウッディ・プライド/通称:ウッディ)やBuzz Lightyear(バズ・ライトイヤー/通称:バズ)と仲間になって、一緒にスクラップ帳の中に隠されたトリビアクイズの答えを見つける冒険ができ、劇中のキャラクターやシーンを振り返ることができる。

もしも、人間を怖がらせるモンスターの世界があったら。・・・から始まるのは、Disney・Pixar映画『Monsters, Inc.』(邦題:モンスターズ・インク)シリーズ。

©Disney/Pixar

Disney・Pixar映画『Monsters, Inc.』(邦題:モンスターズ・インク)シリーズのエリアでは、Monsters, Inc.(モンスターズ・インク)の会社を舞台に、James Phil. Sullivan(ジェームズ・フィル・サリバン/通称:サリー)やMichael Wazowski(マイケル・ワゾウスキ/通称:マイク)、Mary Gibbs(メアリー・ギブス/通称:ブー)と一緒に会社の中を探検でき、Randall Boggs(ランドール・ボッグス)の体色を変色させて遊ぶこともできる。

Model: 尾崎 大斗 / Taito Ozaki
©Disney/Pixar

その他にもDisney・Pixar映画『Cars』(邦題:カーズ)シリーズのエリアやDisney・Pixar映画『Finding Nemo』(邦題:ファインディング・ニモ)シリーズのエリアでは、名シーンを再現したフォトロケーションが用意されており、キャラクターたちの造形や再現されたシーンのディテールも必見。

 

©Disney/Pixar

©Disney/Pixar

会場に一歩足を踏み入れれば、そこはディズニー/ピクサーの世界が広がった夢の空間。我を忘れて、映画のストーリーや名シーンを振り返り、浸りながら、おもいきっり楽しんで体験しよう。

会場では、ディズニー/ピクサー関連グッズに加え、『ピクサー アドベンチャー 「もしも」から始まる、冒険の世界』だけの限定グッズを250種類以上展開。

また、会期中は、ラフォーレ原宿の注目ショップ35店舗以上が、ディズニー/ピクサーのキャラクターをモチーフにしたラフォーレ原宿限定のアパレルやアクセサリーなど50アイテム以上を展開。他にもスタンプラリーなども同時開催される。

ピクサー アドベンチャー 「もしも」から始まる、冒険の世界

©Disney/Pixar.

「もしも、あなたの知らないうちに、オモチャたちが動き出していたら。」(トイ・ストーリー)

「もしも、人間を怖がらせるモンスターの世界があったら。」(モンスターズ・インク)

大ヒット映画「トイ・ストーリー」の公開以降20年にわたり、ピクサー・アニメーション・スタジオは、「もしも(What if)」という豊かな想像力からその作品を生み出してきました。
『ピクサー アドベンチャー 「もしも」から始まる、冒険の世界』は、この「もしも」をテーマに、ディズニー/ピクサー作品の創造的な世界を独自の視点で再現し、映画の世界のなかに入り込んで楽しむことができる”体験型”企画です。
ウッディやバズの仲間となって、物語を振り返る「トイ・ストーリー」エリア。扉を開けて、モンスターたちの世界をのぞきこむ「モンスターズ・インク」エリア。マーリンやドリーと一緒に、海で巻き起こる危機を体験する「ファインディング・ニモ」エリア。マックィーンやメーターたちが住む街に入り込む「カーズ」エリアなど、ディズニー/ピクサーを代表する4作品の「もしも」が、目の前に広がります。
大人から子どもまで、すべての人へ。ピクサー・アニメーション・スタジオ全面協力のもと、ディテールまで徹底的につくりこまれた創造的な世界があなたをお待ちしています。

  • 日程: 2016年8月27日(土曜日)から9月25日(日曜日)
  • 時間: 11時00分から21時00分(最終入場20時30分)※9月10日(土曜日)は11時00分から22時00分(最終入場21時30分)
  • 会場: ラフォーレミュージアム原宿
  • 主催: ピクサー アドベンチャー 東京会場実行委員会
  • 協力: ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • 入場料: 当日 一般(中学生以上) 当日 1,200円(税込)・前売 1,000円(税込) / 子ども(小学生以下~4歳まで) 当日 600円(税込)・前売 500円(税込) / 3歳以下無料 ※ラフォーレカード、ディズニー★JCBカードをお持ちの方は、当日券売り場にてご提示いただければ、前売り料金にて入場が可能
  • プレイガイド: チケットぴあ(Pコード:767-626)、ローソンチケット(Lコード:36486)、イープラス、CNプレイガイド、セブン-イレブン(セブンチケットボタンより)にて販売

ピクサー アドベンチャー 「もしも」から始まる、冒険の世界
http://www.disney.co.jp/eventlive/pixar.html

モデル: 尾崎 大斗 / Taito Ozaki

©Disney/Pixar

   
error: