• HOME
  • NEWS LIST
  • Music
  • マックルモアがトーンズ・アンド・アイをフィーチャーしたNEWシングル「Chant」をリリース—シーンにカムバックで期待大

マックルモアがトーンズ・アンド・アイをフィーチャーしたNEWシングル「Chant」をリリース—シーンにカムバックで期待大

マックルモア氏がデビューアルバムのリリースから10年目にNEWシングルをリリースし、シーンにカムバックを果たした!どのような楽曲になっているの!?記事を読み進めよう!

 
Macklemore & Tones and I|マックルモア&トーンズ・アンド・アイ
マックルモアさんとトーンズ・アンド・アイさん ©︎ 2022 Macklemore
Macklemore - Chant feat. Tones and I

マックルモアさんのNEWシングル「Chant feat. Tones and I」ジャケット ©︎ 2022 Macklemore

ラッパーのMacklemore(マックルモア)が、2022年7月22日(金曜日)にNEWシングル「Chant fear. Tones and I」(チャント feat.トーンズ・アンド・アイ)をデジタル配信リリースし、ミュージックビデオを公開した。

 

音楽プロデューサー/DJのRyan Lewis(ライアン・ルイス)とコンビを組み、Macklemore & Lyan Lwis(マックルモア&ライアン・ルイス)として2012年にリリースしたデビューアルバム『The Heist』(『ザ・ハイスト』)が全米アルバムチャート初登場第2位に輝き、2014年に開催された第56回グラミー賞授賞式では最優秀新人賞、ラップ楽曲賞、ラップ・アルバム賞、ラップ・パフォーマンス賞の4部門を受賞したマックルモアが、2019年リリースのシングル「Dance Monkey」(ダンス・モンキー)で一世を風靡したシンガー/ソングライター/音楽プロデューサーのTones And I(トーンズ・アンド・アイ)をフィーチャーしたNEWシングル「Chant」をリリースし、シーンにカムバック。

NEWシングル「Chant」は、SARS-CoV-2 / COVID-19(新型コロナウイルスによる感染症)パンデミック禍の制限された世の中で、人々が待ち望んでいた希望に満ちた再出発を祝い、モチベーションを高める楽曲となっており、今後予定されているマックルモアからの刺激的な発表のための序章となっているという。

 

今年2022年は、アメリカレコード協会(RIAA)にダイヤモンド認定された2012年リリースのシングル「Thrift Shop feat. Wanz」(スリフト・ショップ feat.ワンツ)とマルチプラチナ認定された2011年リリースのシングル「Can’t Hold Us feat. Ray Dalton」(キャント・ホールド・アス feat.レイ・ダルトン)のNo.1シングルを生み出し、チャートを総なめ、グラミー賞に輝いたアルバム『The Heist』リリースから10年目にあたり、今後どのような活動と楽曲を発表していくのかにも期待と注目が集まる。

Macklemore(マックルモア)のNEWシングル「Chant feat. Tones and I」は、2022年7月22日(金曜日)にデジタル配信リリース。

INFORMATION

Macklemore – Chant feat. Tones and I

発売: 2022年7月22日(金曜日)

ダウンロード / ストリーミング
https://Japan.lnk.to/MTAIchantPu
Tones and I 日本国内レーベル
https://wmg.jp/tonesandi/
Macklemore 日本国内レーベル
https://wmg.jp/macklemore/

 

 

©︎ 2022 Macklemore © 2022 Warner Music Japan Inc.
 
 

HIP HOP界の詩人ことMacklemore氏が、オーストラリアのストリートから世界の頂点へと上り詰め、さまざまなテーマでメッセージを発信し続けるTones and I女史をフィーチャーしたNEWシングル「Chant feat. Tones and I」は、Macklemore氏の力強いラップ、Tones and I女史の独特の歌声、そしてChoir(聖歌隊)のコーラスが絶妙にマッチし、モチベーションが高まるめちゃくちゃ格好良い楽曲に!筆者は、2014年に開催されたMacklemore & Ryan Lewisのプレミア来日公演を観させていただいたが、とにかくパワフルなパフォーマンスで、テンションがぶち上がったことを覚えている。終盤、大きな日の丸を携えてステージに登場したとき、超満員だった会場のボルテージが最高潮に!また来日公演を開催てほしい!今後の活動と楽曲も楽しみだ!

 
error: