• HOME
  • NEWS LIST
  • Universe
  • 特別展『大地のハンター展 ~陸の上にも4億年~』が3月より開催—多様化した多彩な捕食者の姿を300点以上の標本展示で紹介

特別展『大地のハンター展 ~陸の上にも4億年~』が3月より開催—多様化した多彩な捕食者の姿を300点以上の標本展示で紹介

地球の自然や環境のこれからについて考える特別展『大地のハンター展 〜陸の上にも4億年〜』が開催される!どのような展覧会になるの!?記事を読み進めよう!

 
特別展『大地のハンター展 〜陸の上にも4億年〜』
© National Museum of Nature and Science
特別展『大地のハンター展 〜陸の上にも4億年〜』

本展で初公開される中生代白亜紀に生息したとされる巨大ワニ類「デイノスクス」の実物大生体復元モデル 国立科学博物館所蔵 © National Museum of Nature and Science

自然の素晴らしさを感じ、地球環境のこれからを考える特別展『大地のハンター展 〜陸の上にも4億年〜』が、2021年3月9日(火曜日)より東京・国立科学博物館で開催される。

 

いまから542,000,000年前に地球上で“カンブリア大爆発”と呼ばれる生物の多様性が起こり、現代に見られるほとんどの動物界の分類が出揃い、400,000,000年前には動物界最大の分類群で多様性の最も高い節足動物が陸に上がったとされ、その中にはハンター=捕食者も含まれる。

特別展『大地のハンター展 〜陸の上にも4億年〜』は、第1章「太古のハンター」、第2章「大地に生きるハンター」、第3章「ハンティングの技術」、第4章「フォーエバー・大地のハンター」で構成され、大地のハンターが生きる地球環境のこれからを考える科学展覧会の決定版となる。動物が生きていくために必要な生命活動の礎ともいえるエネルギーを得るための行動=捕食(捕らえて食べること)に焦点を当て、国立科学博物館が誇る貴重な標本のコレクションや日本全国の博物館・研究機関が所蔵する貴重な標本のコレクション、哺乳類の美しい剥製で名高いヨシモトコレクション、動物に関するテレビ番組に出演し人気を博している動物学者の千石正一が国内外で採集した貴重な両生類・爬虫類標本の千石コレクション、他にも大型のワニやヘビ、ネコ科の哺乳類、フクロウなどの鳥類、トンボやハチなどの昆虫類など300点以上の標本と共に、画像や動画、テキストでもさまざまなハンターの起源と進化を紹介し、ハンターの顎と歯の進化、ハンティングテクニックなどを紹介しながら生態系におけるその役割と重要性を解き明かす。

さらに注目すべき見どころの1つとして、中生代白亜紀に生息し、ティラノサウルス科の恐竜をも捕食していたとされる全長12mの巨大ワニ類で、強力な顎が生み出す噛む力は1㎠あたり1600㎏(ティラノサウルスは同900㎏)ともいわれる「デイノスクス」の実物大生体復元モデルが、最新の研究成果をもとに国立科学博物館の研究員による監修で制作され、初公開される。

特別展『大地のハンター展 〜陸の上にも4億年〜』は、2021年3月9日(火曜日)から6月13日(日曜日)まで東京・国立科学博物館で開催される。

SAPIENS TODAY|サピエンストゥデイの読者のみなさまとCHALLENGER’S TV beehiveの視聴者のみなさまの中から抽選で5組10名様に、特別展『大地のハンター展 〜陸の上にも4億年〜』のご招待券をプレゼントさせていただきます。詳しくは、次のページをご覧ください。

展覧会情報
特別展『大地のハンター展 〜陸の上にも4億年〜』

© National Museum of Nature and Science

 
特別展『大地のハンター展 〜陸の上にも4億年〜』
Hunters on Land

日程: 2021年3月9日(火曜日)から6月13日(日曜日)
時間: 9時00分から17時00分(入場は閉館時間の30分前まで)
休館: 月曜日 ※ただし3月29日(月曜日)・4月26日(月曜日)・5月3日(祝日・月曜日)は開館、5月6日(木曜日)は休館
会場: 東京・国立科学博物館(東京都台東区上野公園7-20)
料金: 一般・大学生 2,000円(税込) / 小学生・中学生・高校生 600円(税込) / 未就学児 無料 / 障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名 無料 / 音声ガイド貸出 1台 一般・大学生 600円(税込) / 高校生以下 550円(税込) / スマートフォン・アプリ版 1ダウンロード 610円(税込)
チケット: 公式サイトおよび国立科学博物館 特別展券売所(会期中の開館日のみ、閉館時間の30分前まで)
入場方法: ご入場されるすべてのお客様は公式サイトより事前予約(日時指定)が必要です。事前予約方法は決定次第、公式サイトでお知らせします。
音声ガイド: ナビゲーター 梶 裕貴(声優)、ナレーター 玉川砂記子(声優/ナレーター)、特別出演 川田伸一郎(国立科学博物館 動物研究部 研究主幹)
主催: 国立科学博物館、日本経済新聞社、BSテレビ東京
協力: 神奈川県立生命の星・地球博物館、北九州市立自然史・歴史博物館、京都大学、栗林自然科学写真研究所、群馬県立自然史博物館、東京医科歯科大学、栃木県立博物館、日本蛇族学術研究所、姫路科学館、ミュージアムパーク茨城県自然博物館、目黒寄生虫館、秋田書店、ミマキエンジニアリング、日経サイエンス、日経ナショナルジオグラフィック
注意: 新型コロナウイルスによる感染症の感染拡大状況により、展覧会の内容・会期等が変更になる場合があります。変更の場合は、公式サイトで臨時お知らせします。新型コロナウイルスによる感染症の感染拡大防止のため、入館時の検温と手指の消毒、マスク着用、ソーシャルディスタンス等が必須となります。37.5℃以上の発熱がある方や咳・くしゃみ・鼻水・咽頭痛など風邪のような症状がある方はご来場をお控えください。会場内で激しく咳き込むなど、風邪のような症状がある方には退場をお願いする場合があります。
備考: 本展を観覧された方は同日に限り常設展(地球館・日本館)もご覧いただけます。ただし、入場日時によって常設展が閉館している場合があります。チケットの払い戻し・再発行はいたしません。再入場はできません。会場内の混雑等により、ご入場をお待ちいただく場合があります。
お問い合わせ: ハローダイヤル 050-5541-8600

特別展『大地のハンター展 〜陸の上にも4億年〜』
Hunters on Land
http://daichi.exhn.jp
国立科学博物館
https://www.kahaku.go.jp

 

 

© 2021 National Museum of Nature and Science
続きを読む
1 / 2

特別展『大地のハンター展 ~陸の上にも4億年~』でも国立科学博物館が誇る凄まじい標本のコレクションが展示される!中でも地球館の展示「大地を駆ける生命」の大半の剥製(アメリカ合衆国ハワイ州の実業家だった故・Watson T. Yoshimoto氏から寄贈された“ヨシモトコレクション”)は、誰もが知る見どころだが、この中からも標本が展示されるようだ。また、日本全国の博物館や研究機関が所蔵するハンター(捕食者)に関する標本も集結するので、面白い展示になる。そして、中生代白亜紀に生息していたとされる巨大ワニ類「デイノスクス」の実物大生体復元モデルの初公開も恐竜ファンにとっても楽しみ!人類とウイルスが闘っているいまだからこそ、この機会に大地のハンターと私たちヒトにとってのこれからの地球の自然や環境についても学び、考えよう!

     
error: