• HOME
  • NEWS LIST
  • Art
  • チームラボプラネッツの新エリアが7月2日にオープン—苔庭・13,000株超のランとデジタルアートが融合した大型庭園作品が誕生

チームラボプラネッツの新エリアが7月2日にオープン—苔庭・13,000株超のランとデジタルアートが融合した大型庭園作品が誕生

世界的に注目を集めるアート集団 チームラボが手掛けるチームラボプラネッツ TOKYO DMM.comに新しいエリアと作品が加わり、進化を遂げた!どのような新しいエリアと作品になっているの!?記事を読み進めよう!

 
teamLab Planets TOKYO DMM|チームラボプラネッツ TOKYO DMM
Floating Flower Garden: 花と我と同根、庭と我と一体/teamLab, 2015
teamLab Planets TOKYO DMM|チームラボプラネッツ TOKYO DMM

呼応する小宇宙の苔庭—固形化された光の色, Sunrise and Sunset/teamLab, 2020

世界的に注目を集めるアート集団 チームラボが手掛けるチームラボプラネッツ TOKYO DMM.comの新エリア Garden Areaが、2021年7月2日(金曜日)にグランドオープンする。

 

“水に入るミュージアム”として人気を博すチームラボプラネッツ TOKYO DMM.comに、新しい屋外エリア Garden Area、その中に超大型庭園作品となる『Floating Flower Garden:花と我と同根、庭と我と一体』と『呼応する小宇宙の苔庭—固形化された光の色, Sunrise and Sunset』の2作品が加わり、来場者は他者と一緒に身体ごと作品に没入し、作品や他者、世界との境界線のない新しい関係と空間を体験することができる。

自然光が入る超大型庭園作品『Floating Flower Garden:花と我と同根、庭と我と一体』は、空気中から水分を吸収する本物の着生ラン13,000株以上で立体的に埋め尽くされており、花は人が近づくと徐々に浮遊し、人を受け入れ、人は自身の時間やペースではなく、花・環境の時間やペースに身を委ねて花に導かれるように進み、花と刻々と変わる花の香りに包まれた空間で花(の世界)と一体化する。そして、屋外の開放的な空間にある超大型庭園作品『呼応する小宇宙の苔庭—固形化された光の色, Sunrise and Sunset』は、本物の苔庭に広がる無数の異質な銀の卵“ovoid”(卵形体)が日中は周りの世界を映し、人が触ったり、揺らしたりすると、音色を響かせ、周りの“ovoid”も呼応し、同じ音色が伝播するほか、苔の湿度を保つためのミストによって雲海も現れ、幻想的な苔庭に変貌する。日没後は、”ovoid”が自ら光を放ち、人が触ったり、揺らしたりすると、音色を響かせながら固形化された光の色61色に変化、周りの“ovoid”も呼応し、同じ音と光を伝播する。日中と日没後では、まったく違った表情を見せる作品となっている。

 

開業当初からあるWater Areaに、新しい屋外エリア Garden Area・2つの超大型庭園作品が加わったことによって超巨大な4つの作品空間と9作品で構成され、“水に入るミュージアム”から“水に入るミュージアムと花と一体化する庭園”チームラボプラネッツ TOKYO DMM.comへと進化を遂げた。

チームラボプラネッツ TOKYO DMM.comの新エリア Garden Areaは、2021年7月2日(金曜日)にグランドオープン。

INFORMATION

住所: 〒135-0061 東京都江東区豊洲6-1-16
時間: 平日10時00分から19時00分 / 土曜日・日曜日・祝日 9時00分から19時00分 ※最終入場は閉館の30分前
料金: 大人(18歳以上) 3,200円(税込) / 大学生・専門学生 2,500円(税込) / 中学生・高校生 2,000円(税込) / 小人(4歳から12歳) 300円(税込) / シニア(65歳以上) 2,400円(税込) / 障がい者割引 1,600円(税込) / 3歳以下 無料
交通: ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「新豊洲駅」より徒歩1分・「市場前駅」より徒歩5分、東京メトロ有楽町線「豊洲駅」より徒歩10分、ほか
備考: 料金・開館時間・休館日等が変更になる場合があります。事前にオフィシャルウェブサイトでご確認ください。
運営: PLANETS / DMM.com
お問い合わせ: DMMサポートセンター 03-6670-3911

 

 

© teamLab

 

 
 

新しい超大型庭園作品『Floating Flower Garden: 花と我と同根、庭と我と一体』も『呼応する小宇宙の苔庭—固形化された光の色, Sunrise and Sunset』もファンタジーの世界やどこか別の惑星に迷い込んだかのような空間と作品。『Floating Flower Garden:花と我と同根、庭と我と一体』は、禅の要素を含んだ作品であり、作品名の一部も中国の仏教書・禅宗の語録『碧眼録』第40則「南泉一株花」に登場する有名な句で“一体”について書かれたものに重ね合わせている。チームラボの作品は、ロジックと感性の融合が素晴らしいのよ!夏の季節と新エリアのグランドオープンに合わせて、Public Areaの作品もリニューアルされ、『空から噴き落ちる、地上に憑依する炎』になっているので必見!7月は、チームラボボーダレスもリニューアルされるよ!

 
 
error: