歴史的価値が高い展覧会『ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法』開催決定

©Disney Enterprises, Inc.

『蒸気船ウィリー』(1928年)より ©Disney Enterprises, Inc.

Walt Disney Animation Research Library(ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリー) presents 『ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法』が、来年2017年4月8日(土曜日)から9月24日(日曜日)まで東京・日本科学未来館で開催されることが明らかになった。

 

「いのちを吹き込む魔法」と題し、「いのちが吹き込まれた瞬間」をコンセプトに、ミッキーマウスの誕生作となった『Steamboat Willie』(邦題:蒸気船ウィリー)にはじまり、『Snow White and the Seven Dwarfs』(邦題:白雪姫)、『Dumbo』(邦題:ダンボ)などの初期の作品から『Frozen』(邦題:アナと雪の女王)、『Zootopia』(邦題:ズートピア)、来年2017年3月日本国全国ロードショーで公開のDisney最新作『Moana』(邦題:モアナと伝説の海)に至るまで、約90年に渡るディズニー・アニメーションの歴史を紐解く、原画やスケッチ、コンセプトアートなど約450点が来日し、展示される。

『ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法』では、世の中に公開されることが非常に珍しい、歴史的にも価値の高い手描きの原画やスケッチなどが公開され、そのほとんどが日本国初公開となる。

ディズニー・アニメーションは、クリエイターたちが想像力を羽ばたかせ、スケッチを重ね、自ら最新技術を考案したり、その時代の最新技術を駆使したりすることで、いのちを吹き込む技=魔法を生み出してきた。最初は一本の線で出来たキャラクターたちは話すことも動くこともしないが、まるでピノキオが魔法をかけられて「いのち」を宿すように、キャラクターたちは数々の魔法により、いのちを吹き込まれ、いきいきと動き出す。

 

ディズニー・アニメーションが歩んできた想像力と技術革新の軌跡は、子どもから大人までが夢中になって楽しむことができ、未来の創造性に思いを馳せるきっかけやアナログからデジタルに移り変わってきたアニメーションを通してこれからも更に発展していく科学と科学技術についても考えるきっかけになるに違いない。

ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法

  • 日程: 2017年4月8日(土曜日)から9月24日(日曜日)
  • 会場: 東京・お台場/日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン
  • 料金: 12月8日(木曜日)より最速割チケット発売開始(詳細はオフィシャルサイトを参照)
  • 主催: 日本科学未来館、日本テレビ放送網、読売新聞社、WOWOW
  • 協賛: 大日本印刷
  • 協力: 日本航空、日本通運
  • 特別協力: ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • 企画制作: ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリー
  • お問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600

ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法
http://da2017.jp/

©Disney Enterprises, Inc.

   
error: