• HOME
  • NEWS LIST
  • Movie
  • 映画『DUNE/デューン 砂の惑星』のアメリカ版予告映像と主要登場人物のポスターを公開—ロサンゼルスではスペシャルイベントも

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』のアメリカ版予告映像と主要登場人物のポスターを公開—ロサンゼルスではスペシャルイベントも

世界待望のSF超大作・映画『DUNE/デューン 砂の惑星』のアメリカ版予告映像と主要登場人物のポスターが公開された!どのような内容になっているの!?記事を読み進めよう!

 
DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
DUNE/デューン 砂の惑星

今回公開された主要登場人物のポスター9種 ©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

映画『Dune』(邦題『DUNE/デューン 砂の惑星』)のアメリカ版予告映像と主要登場人物のポスターが公開された。

 

日本国でも映画『DUNE/デューン 砂の惑星』のアメリカ版予告映像に加え、主要登場人物のポスターが公開。今回公開されたポスターは、“未来が視える”能力を持ち、全宇宙から命を狙われるも巨大な陰謀により殺された父の復讐と全宇宙の平和のために立ち上がるアトレイデス家の後継者Paul Atreides(ポール・アトレイデス)=俳優のTimothée Chalamet(ティモシー・シャラメ)、周りに流されない強い意志の持ち主でポール・アトレイデスと共に過酷な砂の惑星“デューン”で自らの運命に立ち向かうポール・アトレイデスの母Lady Jessica(ジェシカ侯爵)=女優のRebecca Ferguson(レベッカ・ファーガソン)、アトレイデス家の当主として勇ましく威厳ある姿で一家を牽引するが陰謀に巻き込まれるDuke Leto Atreides(レト・アトレイデス公爵)=俳優のOscar Isaac(オスカー・アイザック)、貫録ある武力でレト・アトレイデス公爵やポール・アトレイデスのサポートを続ける心強いアトレイデス家の腹心Duncan Idaho(ダンカン・アイダホ)=俳優のJason Momoa(ジェイソン・モモア)、勇敢な戦士でありポール・アトレイデスを後継者として鍛錬するアトレイデス家の腹心Gurney Halleck(ガーニイ・ハレック)=俳優のJosh Brolin(ジョシュ・ブローリン)、アトレイデス家に仕える医師Dr. Wellington Yueh(Dr.ウェリントン・ユエ)=俳優のChang Chen(チャン・チェン)、アトレイデス家の宿敵で残虐非道な手口で対戦するハルコンネン家の当主Baron Vladimir Harkonnen(ウラディミール・ハルコンネン男爵)=俳優のStellan Skarsgård(ステラン・スカルスガルド)、倫理と道徳を重んじ環境の保全にも注力しているフレメンをまとめるリーダーStilgar(スティルガー)=俳優のJavier Bardem(ハビエル・バルデム)、ポール・アトレイデスの夢の中に現れミステリアスな表情をみせる謎めいたフレメンの美女戦士Chani(チャニ)=女優/シンガー/ソングライターのZendaya(ゼンデイヤ)のヴィジュアルがうつされ、それぞれのキャラクター性や作品の世界観が表現されたポスターとなっている。

アメリカ合衆国現地時間7月19日(月曜日)には、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスにあるIMAX社試写室の巨大なIMAXスクリーンと最高の音響で解禁前のアメリカ版予告映像を世界最速で体験するスペシャルイベントも開催された。特別に参加を許されたのは、国内と世界中から集まったジャーナリスト約20人のみ。イベントでは、撮影現場の様子を映した映像、劇中衣装を身にまとったキャストや映画監督/プロデューサー/脚本家のDenis Villeneuve(ドゥニ・ヴィルヌーヴ)監督が本作について語るインタビュー映像、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が気に入っている手に汗握る緊迫したシーン、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督とフィルムスコア=映画音楽を担当したコンポーザー/音楽プロデューサーのHans Zimmer(ハンス・ジマー)とのスペシャル対談の映像も上映。映像の中で、主人公のポール・アトレイデスを演じるティモシー・シャラメは、「僕はこの作品に関われて、とても光栄に感じていますし、興奮しています」続けて「本編冒頭の10分間の映像をこれからお見せします」と、本編冒頭の映像もサプライズ上映。最後にドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が登場し「フランク・ハーバートの傑作“デューン/砂の惑星”は、僕の大好きな小説の1つです。これは僕にとって、大切でパーソナルな映画になりました」と熱い想いを語り「今日ご覧いただいたものを楽しんでもらえていたらうれしいです。この作品を応援してくれてありがとう。最後にIMAXで初めて流す本予告をご覧ください。またね!」と話し、アメリカ版予告映像が上映され、妥協のない圧倒的なスケールと美しさ、これまでにない映像体験に、参加したジャーナリストたちは魅了されたようだ。

 

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』は、様々なカルチャーにも影響を与えてきた、小説家/SF作家のFrank Herbert(フランク・ハーバート)による伝説の小説シリーズ『デューン/砂の惑星』が原作。砂に覆われた惑星“デューン”を舞台に、全宇宙の未来を託された主人公ポール・アトレイデスの運命、宇宙世界の混迷を軸にした壮大なドラマが展開される。監督は、2016年公開の映画『Arrival』(邦題『メッセージ』)でアカデミー賞監督賞にノミネートされ、2017年公開の映画『Blade Runner 2049』(邦題『ブレードランナー 2049』)で“異次元の天才”と称えられた映画監督/脚本家のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が務め、本作を“キャリア史上最も重要な作品”と位置付けた。主人公のポール・アトレイデスを演じるのは、2017年公開の映画『Call Me by Your Name』(邦題『君の名前で僕を呼んで』)で主人公Elio Perlman(エリオ・パールマン)を演じアカデミー賞主演男優賞にノミネート、2019年公開の映画『Little Women』(邦題『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語』)でTheodore “Laurie” Laurence(セオドア・“ローリー”・ローレンス)を好演、第55回スーパーボウルで放映されたゼネラルモーターズ社の新車“Cadillac LYRIQ”のCM『ScissorHandsFree』(シザーハンズフリー)で映画『Edward Scissorhands』(『邦題『シザーハンズ』)シリーズの主人公Edward Scissorhands(エドワード・シザーハンズ)の息子Edgar(エドガー)役を演じ大きな話題になったことも記憶に新しい俳優のティモシー・シャラメ。脇を固めるキャスト陣も盤石で豪華な顔ぶれとなっている。

この世の全てのアクション・アドベンチャー体験を過去のものへと変える、未来型シネマ・エクスペリエンス—映画『Dune』(邦題『DUNE/デューン 砂の惑星』)は、2021年10月15日(金曜日)より全国で公開される。

RECOMMEND

INFORMATION

10,190年、銀河系は分裂した。人類が地球以外の惑星に移住して宇宙帝国を築いたこの世界では、1つの惑星を1つの大領家が治める厳格な身分制度が敷かれていた。レト・アトレイデス公爵は皇帝の命を受けて、砂漠の惑星アラキスを治めることになる。通称デューンとも呼ばれるアラキスは、抗老化作用を持つ香料メランジの唯一の生産地。アトレイデス家には莫大な利益がもたらされるはずだった。しかし、妻のジェシカと息子のポールを連れてデューンに乗り込んだレト公爵を待っていたのはメランジの採掘権を持つハルコンネン家と皇帝が結託した陰謀。青い瞳を持つ現地の自由民フレメンは敵か味方か!?そして、メランジを守るように突如現れすべてを飲み込む巨大なサンドワームの存在は!?その意味は!?父を殺され、その地位を追われ、全宇宙から命を狙われる青年・ポールとジェシカの運命は!?

 

公開: 2021年10月15日(金曜日) 全国公開
原作: Dune by Frank Herbert(フランク・ハーバート著『デューン/砂の惑星』(ハヤカワ文庫刊))
監督: Denis Villeneuve(ドゥニ・ヴィルヌーヴ)
脚本: Eric Roth(エリック・ロス)、Jon Spaihts(ジョン・スペイツ)、Denis Villeneuve(ドゥニ・ヴィルヌーヴ)
出演: Timothée Chalamet(ティモシー・シャラメ)、Rebecca Ferguson(レベッカ・ファーガソン)、Oscar Isaac(オスカー・アイザック)、Josh Brolin(ジョシュ・ブローリン)、Stellan Skarsgård(ステラン・スカルスガルド)、Zendaya(ゼンデイヤ)、Charlotte Rampling(シャーロット・ランプリング)、Jason Momoa(ジェイソン・モモア)、Javier Bardem(ハビエル・バルデム)、ほか
配給: ワーナー・ブラザース映画

 

 

©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
 
 

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』本編(シーンによって)も、今回公開された主要登場人物のポスターも、グリーンを基調としたカラーグレーディングが施され、本作の芸術性や世界観、謎までもが表現されているように感じ、ただのSF作品ではないことがわかる。前回公開された特報と今回公開された予告映像を見ただけでも本作の圧倒的なスケールや映像美が伝わり、全体を通して見たときにどのような感動体験が待ち受けているのか、いまからワクワクしかない!続報も楽しみ!

 
error: