• HOME
  • NEWS LIST
  • Movie
  • 映画『アイス・ロード』氷上で絶体絶命の危機に陥る本編映像が到着—カナダのウィニペグ湖に作った本物の氷の道で撮影

映画『アイス・ロード』氷上で絶体絶命の危機に陥る本編映像が到着—カナダのウィニペグ湖に作った本物の氷の道で撮影

リーアム・ニーソン氏主演映画『アイス・ロード』の本編映像が公開されたほか、プロダクションデザイナーが本作の撮影・制作の過程についても明かした!記事を読み進めよう!

 
The Ice Road|アイス・ロード
セミトラックのハンドルを握るリーアム・ニーソンさん演じるマイク・マッキャン © 2021 ICE ROAD PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED
The Ice Road|アイス・ロード

本物の氷上を走るセミトラック © 2021 ICE ROAD PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

映画『The Ice Road』(邦題『アイス・ロード』)の本編映像が公開された。

 

今回公開された本編映像は、俳優のLiam Neeson(リーアム・ニーソン)演じるドライバーMike McCann(マイク・マッキャン)らドライバーが運転するセミトラックがウィニペグ湖上にできた氷の道“アイス・ロード”を⾛⾏していると、凍った湖面がうねり、次々に氷が割れていくシーンが映し出される。それぞれのダッシュボード上に置かれたボブルヘッド⼈形は激しく揺れ、マイク・マッキャンが「氷が割れるぞ!」、女優のAmber Midthunder(アンバー・ミッドサンダー)演じる北アメリカの先住民族クリー族でドライバーのTantoo(タントゥー)が「このままじゃ死んじゃうよ」と絶体絶命の危機に。氷の割れ目を避けて走行するもタイヤはスリップし、ハンドルを取られ、マイク・マッキャンと俳優のMarcus Thomas(マーカス・トーマス)演じる整備士のGurty McCann(ガーティ・マッキャン)が乗ったセミトラックは横転してしまう。

本作は、物語の舞台となるカナダのマニトバ州ウィニペグで撮影。リーアム・ニーソンが出演した2002年公開の映画『K-19: The Widowmaker』(邦題『K-19』)でウィニペグ湖の湖⾯に2kmの氷の道を作ったプロダクションデザイナーのArvinder Greywal(アーヴィンダー・グレイウォル)が、本作のプロダクションデザイナーに就任。アーヴィンダー・グレイウォルは、本作の撮影・制作について「陸の上にアイス・ロードを作って、その周りにCGで⽣成した画像を施すのではなく、湖⾯の上に作った本物の氷を撮影しようと提案した。トラックを⾛らせるためには、約75cmから1mの厚みが必要だった。運よくシーズンの早い時期に氷が張り始めたから、透明な美しい氷になって、ガラスのように⾒えることもあった。最終的に2kmのアイス・ロードを作ることに成功し、登場⼈物が全く何もないところに放り出されて、救いようがないという印象を与えることができた」と、実際に本物の氷の道を作って撮影した過程を明かしている。

 

生きる希望を届けるために大自然と陰謀に立ち向かう—映画『The Ice Road』(邦題『アイス・ロード』)は、2021年11月12日(金曜日)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開される。

RECOMMEND

INFORMATION

爆発事故でカナダの鉱山の地下に閉じ込められた26人の作業員。救出装置を運ぶため、4人のトラックドライバーが集められる。30tの巨大トラック3台が走る最短ルートは、氷の道〈アイス・ロード〉。スピードが速すぎれば衝撃で、遅すぎれば重量で、氷が割れて水に沈む。地下の酸素が尽きるタイムリミットは30時間。4人はドライブテクニックと強いハートで、名誉と報酬を手にするはずだった。ところが、事故には危険な陰謀が隠されていた──。

公開: 2021年11月12日(金曜日)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
監督: Jonathan Hensleigh(ジョナサン・ヘンズリー)
脚本: Jonathan Hensleigh(ジョナサン・ヘンズリー)
出演: Liam Neeson(リーアム・ニーソン)、Laurence Fishburne(ローレンス・フィッシュバーン)、Marcus Thomas(マーカス・トーマス)、Amber Midthunder(アンバー・ミッドサンダー)、Benjamin Walker(ベンジャミン・ウォーカー)、ほか
提供: ギャガ、イオンエンターテイメント
配給: ギャガ

 

 

© 2021 ICE ROAD PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED
 
 

映画『アイス・ロード』ではカナダ ファースト・ネーション最大の部族であるクリー族の1人Tantooを演じているAmber Midthunder女史は、インディアン/ネイティブ・アメリカンのラコタ(スー)族の1人であり、父親は俳優のDavid Midthunder氏、母親はMidthunder Castingの経営者でもある女優/キャスティングディレクターのAngelique Midthunder女史という俳優一家に生まれた。映画『X-メン』のスピンオフ・テレビドラマシリーズ『レギオン』ではKerry Loudermilkを魅力的に好演。今後、超大作の主演?出演?も噂されており、目が離せない存在である。要注目!

 
error: