• HOME
  • NEWS LIST
  • Movie
  • 映画『L.A.コールドケース』の本編映像が解禁—約20年ぶりの共演!ジョニー・デップとフォレスト・ウィテカーの迫真の演技

映画『L.A.コールドケース』の本編映像が解禁—約20年ぶりの共演!ジョニー・デップとフォレスト・ウィテカーの迫真の演技

2PAC氏とノトーリアス・B.I.G.氏が射殺された実話を題材に描く映画『L.A.コールドケース』の本編映像が公開された!どのような本編映像になっているの!?記事を読み進めよう!

 
City of Lies|L.A.コールドケース
映画『L.A.コールドケース』のポスタービジュアル © 2018 Good Films Enterprises, LLC.
City of Lies|L.A.コールドケース

ジョニー・デップさん演じるラッセル・プール © 2018 Good Films Enterprises, LLC.

映画『City of Lies』(邦題『L.A.コールドケース』)の本編映像が公開された。

 

映画『L.A.コールドケース』は、2002年に作家/ジャーナリストのRandall Sullivan(ランドール・サリヴァン)が1990年代のHIP HOPシーンを代表するラッパー/俳優の2PAC(2パック/1971-1996)とラッパー/ソングライターのThe Notorious B.I.G.(ノトーリアス・B.I.G./1972-1997)が射殺されたアメリカ合衆国史上最も“悪名高い”未解決事件(実話)を綴った著書『LAbyrinth』(『ラビリンス』)を原作とするクライム・サスペンス作品。当時事件の捜査を担当し、その後警察職から引退して私立探偵として事件とロサンゼルス市警察の汚職の調査を続けた実在の人物で元・ロサンゼルス市警察の刑事 Russell Poole(ラッセル・プール)を演じるのは俳優/プロデューサー/ミュージシャンのJohnny Depp(ジョニー・デップ)、事件を独自に調査していたジャーナリストのDarius “Jack” Jackson(ダリウス・“ジャック”・ジャクソン)を演じるのは俳優/監督/プロデューサー/活動家のForest Whitaker(フォレスト・ウィテカー)。この2人が共演するのは、1986年公開の映画『Platoon』(邦題『プラトーン』)以来約20数年ぶりとなった。本作の監督は、2011年公開の映画『The Lincoln Lawyer』(邦題『リーンカーン弁護士』)や2016年公開の映画『The Infiltrator』(邦題『潜入者』)の監督を務めた映画・ミュージックビデオ監督/プロデューサー/脚本家のBrad Furman(ブラッド・ファーマン)監督が務めた。

今回公開された本編映像は、ラッセル・プールとダリウス・“ジャック”・ジャクソンが言い争う、ジョニー・デップとフォレスト・ウィテカーの迫真の演技が切り取られた本編映像。神妙な面持ちで「W・ファウスの話を」と切り出すダリウス・“ジャック”・ジャクソンに対し、「ファウス?奴の口車に乗ったか」と穏やかではない様子のラッセル・プール。さらに「俺は刑事だ。証明できるまで確信はない」と言い放つが、彼は既に警察職を引退した元・刑事で、いまは私立探偵として独自に捜査を継続。ダリウス・“ジャック”・ジャクソンは、ラッセル・プールと協力しながら事件を追う中で、ラッセル・プールに疑問を抱き始め「汚職警官を批判するが、あんたは?」と、決してクリーンとは言えない彼の経歴を問いただす。ラッセル・プールは刑事を引退した後も私立探偵として独自に捜査を続け、事件解決に執着するあまり、家族とも疎遠になっていた。部屋の壁一面が捜査資料で埋め尽くされるほど、この未解決事件にすべてをかけてきた。そんなラッセル・プールに対し、「息子も無視するさ。これの方が大事か」と吐き捨てるダリウス・“ジャック”・ジャクソン。そして、やり場のない怒りをアメフトボールにぶつけるラッセル・プール。彼が仄めかす“ロス市警の汚さ”とは何か——果たして2人は“真実”にたどり着くことができるのか——2人を翻弄するL.A.の闇を暗示させるかのような本編映像になっている。

 

映画『City of Lies』(邦題『L.A.コールドケース』)は、2022年8月5日(金曜日)よりヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋、ほか全国で順次公開される。

INFORMATION

1997年3月。全米に衝撃を与えたノトーリアス・B.I.G.の暗殺事件が勃発。その担当刑事だった元・ロサンゼルス市警察署のラッセル・プール(ジョニー・デップ)は、事件から18年が経過した今も、未解決事件の真相を追い続けていた。ある日、彼のもとに事件の謎を独自に探っていた記者ジャック(フォレスト・ウィテカー)が訪れる。なぜラッセルが家族や友人に避けられるようになってまでこの事件に執着しているのか、そこから捜査が進まない原因を突き止めようとする。さらに、プールはノトーリアス・B.I.G.の事件に警察官たちの関与を疑い捜査を深めていく。そして、プールとジャクソンは手を組み複雑に絡む事件の真相に迫るが…
 
公開: 2022年8月5日(金曜日)よりヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋、ほか全国順次公開
監督: Brad Furman(ブラッド・ファーマン)
脚本: Christian Contreras(クリスチャン・コントレラス)
原作: LAbyrinth by Randall Sullivan(『LAbyrinth』by ランドール・サリヴァン)
出演: Johnny Depp(ジョニー・デップ)、Forest Whitaker(フォレスト・ウィテカー)、Toby Huss(トビー・ハス)、Dayton Callie(デイトン・キャリー)、ほか
配給: キノフィルムズ

 

 

© 2018 Good Films Enterprises, LLC.
 
 

Randall Sullivan氏が1996年に2PAC氏と翌年1997年にThe Notorious B.I.G.氏が射殺された未解決事件の真相を追って綴った著書『LAbyrinth』を原作とする映画『City of Lies』。本作は、2PAC氏とThe Notorious B.I.G.氏の死の真相とロサンゼルス市警察の汚職の真相を追う元・刑事とジャーナリストの奮闘が描かれる。著書『LAbyrinth』では、Death Row RecordsのCEOだったSuge Knight氏とロサンゼルス市警察の関係、そして事件を結び付けたことで論争と称賛を巻き起こした。警察によって一度終了した捜査は、その後も再開と打ち切りを繰り返すが、いまだ事件は解決していない。2018年には、本作の公開をロサンゼルス市警察や一部関係者が抑圧しようとしていた可能性があることをアメリカ合衆国のメディアが報じた。海外でもここ日本国でも、公権力は“薬”でも“毒”でもあるが、危険な“闇”が存在する。アメリカ合衆国から世界に広まったBlack Lives Matter運動のきっかけとなった事件からも明らかになったように、アメリカ合衆国はもちろん、海外でも日本国でも昔から公正さを失い偏った“正義中毒”に侵された一部の公権力(警察)による不正や隠蔽、(身体的や財産的、精神的な)暴力・制裁、抑圧、弾圧、癒着、冤罪、人種差別、人権侵害、プライバシー侵害、レイシャル・プロファイリング、違法捜査、違法取り調べ、印象操作、処罰感情の煽り、嫌がらせ等も実在する。本作と2大スターの死の真相を通して“闇”についても考える必要がある。今日は、Forest Whitaker氏61歳の誕生日!Happy Birthday Mr. Forest Whitaker!

 
error: