映画『キングコング:髑髏島の巨神』のジョーダン・ボート=ロバーツが緊急来日

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画・テレビ監督/脚本家のJordan Vogt-Roberts(ジョーダン・ボート=ロバーツ)監督が緊急来日し、映画『Kong: Skull Island』(邦題:キングコング:髑髏島の巨神)のフッテージプレゼンテーションが都内で開催された。

 

2017年3月25日(土曜日)より全国ロードショーで公開の映画『Kong: Skull Island』(邦題:キングコング:髑髏島の巨神)のJordan Vogt-Roberts(ジョーダン・ボート=ロバーツ)監督が緊急来日し、世界初公開の本編映像を使用したフッテージプレゼンテーションを実施。そして、映画『シン・ゴジラ』(英題:SHIN GODZILLA)の監督でもある映画監督/特技監督/映像作家の樋口真嗣監督が登壇し、日米怪獣対談が実現、オタクトークが炸裂した。

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

フッテージ映像の上映は、カメオ出演していることが明らかとなった“サムライ・ギタリスト”の異名を持つアーティストのMIYAVI(ミヤヴィ)演じるGunpei Ikari(グンペイ・イカリ)と、俳優のJohn C. Reilly(ジョン・C・ライリー)演じるHank Marlow(ハンク・マーロウ)の死闘シーンからスタートし、空中戦のシーン、巨神:キングコングが出現するシーン、ほかの巨神:クリーチャー(怪獣)が出現するシーンなど、ド迫力の連続、スピード感、アトラクション感満載で、フッテージ映像だけでも最高の完成度。2Dはもちろんだが、3DやIMAXでの観賞は必須となりそうだ。

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Jordan Vogt-Roberts(ジョーダン・ボート=ロバーツ)監督は、挨拶で「I love Japan! 日本のアニメ、ビデオゲーム、マンガに触れて育ち、私のDNAの一部になっている」と日本大好き宣言。映画『Kong: Skull Island』(邦題:キングコング:髑髏島の巨神)については「日本の怪獣映画にインスパイアされて制作した。日本の皆さんがどのように受け取ってくれるか楽しみ」と期待。MIYAVI(ミヤヴィ)の起用については「最初はエキストラを使って撮影しようとしていたが、重要なシーンになったので、私が以前からファンだったMIYAVI(ミヤヴィ)さんに話してお願いしてみようということになり、実現した」と明かした。巨神:キングコング以外のクリーチャー(怪獣)については「恐竜やエイリアンみたいなのは嫌だった。宮崎駿さんの作品に出てくるキャラクターをイメージして、スピリチュアルで美しく、パワフルで恐ろしい・・・そんな存在にしたかった」と語り、他にも映画『千と千尋の神隠し』やアニメーション『新世紀エヴァンゲリオン』、1933年に公開された映画『King Kong』(邦題:キング・コング)、ゲーム『ワンダと巨像』などのキーワードも飛び出し、自身の映画制作への拘りや日本愛、オタク要素を作品に盛り込んでいること、そして、「なぜお客さんが映画館に足を運んで映画を観るのか・・・そこもしっかりと考えながら制作した。最近は映画館に行かない人も増えていますから」とお客さん目線にも立って作品作りに取り組んだことを明かした。

 

樋口真嗣監督は、Jordan Vogt-Roberts(ジョーダン・ボート=ロバーツ)監督に「Gunpei Ikari(グンペイ・イカリ)のイカリは置いておいても、グンペイは、あのグンペイですよね?何でグンペイを知っているんですか?」と突っ込み、Jordan Vogt-Roberts(ジョーダン・ボート=ロバーツ)も「そこを指摘されたのは初めて。まさにその通りで、ゲームクリエイターの横井軍平さん、そして、『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジから取った名前」と告白。樋口真嗣監督は、さらにオタクならではのマニアックな質問を続けた後、「彼は本物。正統派な怪獣映画の予感がしている。作品を通して貫かれる監督の美学にシンパシーを感じる」と絶賛した。

プレゼンテーションの最後には、映画『Kong: Skull Island』(邦題:キングコング:髑髏島の巨神)の日本版ポスターが解禁され、『ゴジラ』シリーズや『ウルトラマン』シリーズなど怪獣・特撮のイラストを手掛けている、怪獣絵師の開田裕治が手掛けたことが明らかとなった。

映画『Kong: Skull Island』(邦題:キングコング:髑髏島の巨神)は、2017年3月25日(土曜日)より全国ロードショーで公開される。

Kong: Skull Island
キングコング:髑髏島の巨神

ハリウッド『GODZILLA ゴジラ』チームが贈る、暴走アドベンチャー・アトラクション超大作

全編、クライマックス。空前絶後の戦いが始まる!

それは簡単な任務のはずだった…。舞台は、神話の中にだけ存在するとされた謎の島、髑髏島(ドクロトウ)。未知の生物を求め調査遠征隊が潜入するが、島に着くやいなや、状況は一変する。島の至るところに、骸骨が散らばり、そして岩壁には血塗られた巨大な手跡。そこは人が決して足を踏み入れてはいけない場所だった…。そして遂にその姿を現す、巨大なる王コング。そして次々と現れる、正体不明の巨大モンスター達に人間は為す術もなく、逃げ惑うのみ。髑髏島の秘密とは―。果たしてコングは人類にとって悪魔なのか、神なる存在なのか―。果たして、人類は生きて、この島から脱出できるのか―。

人類よ、命を賭けて脱出せよ! 戦う覚悟はいいか!!

  • 公開: 2017年3月25日(土曜日) 丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国ロードショー
  • 監督: Jordan Vogt-Roberts(ジョーダン・ボート=ロバーツ)
  • 出演: Tom Hiddleston(トム・ヒドルストン)、Brie Larson(ブリー・ラーソン)、Samuel L. Jackson(サミュエル・L・ジャクソン)、John C. Reilly(ジョン・C・ライリー)、他
  • 配給: ワーナー・ブラザース映画

Kong: Skull Island
キングコング:髑髏島の巨神
http://kingkong-dokuro.jp

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

   
error: