• HOME
  • NEWS LIST
  • Movie
  • 映画『アイル・オブ・ドッグス』アイデアの源泉は黒澤明とランキン/バス
© Twentieth Century Fox

映画『アイル・オブ・ドッグス』アイデアの源泉は黒澤明とランキン/バス

© Twentieth Century Fox

映画監督/映画プロデューサー/脚本家のWesley Anderson(ウェス・アンダーソン)監督の最新作、映画『Isle of Dogs』(アイル・オブ・ドッグス(邦題未定))の続報が到着した。

 

Wesley Anderson(ウェス・アンダーソン)監督の最新作、映画『Isle of Dogs』(アイル・オブ・ドッグス(邦題未定))は、全編に渡って日本国がストーリーの舞台となり、失踪した愛犬を探す少年、そして、犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く。

監督は、2014年公開の映画『The Grand Budapest Hotel』(邦題:グランド・ブダぺスト・ホテル)の監督でもあり、Academy Awards®(アカデミー賞®)最多9部門ノミネート、最多4部門受賞に導いたWesley Anderson(ウェス・アンダーソン)監督。製作も映画『The Grand Budapest Hotel』(邦題:グランド・ブダぺスト・ホテル)の製作陣が集結。声優は、コメディアン/俳優/映画監督/脚本家のBill Murray(ビル・マーレイ)、俳優のJeff Goldblum(ジェフ・ゴールドブラム)、俳優のEdward Norton(エドワード・ノートン)、俳優のHarvey Keitel(ハーヴェイ・カイテル)、女優のTilda Swinton(ティルダ・スィントン)、俳優のF. Murray Abraham(F・マーレイ・エイブラハム)、俳優のBob Balaban(ボブ・バラバン)、クリエイター/俳優/ライターの野村訓市といったWesley Anderson(ウェス・アンダーソン)監督作品常連の豪華俳優・女優陣に加え、新たに女優/歌手のScarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)、女優/映画監督/脚本家のGreta Gerwig(グレタ・ガーウィグ)、俳優/声優/演出家のBryan Cranston(ブライアン・クランストン)、俳優のLiev Schreiber(リーブ・シュライバー)、俳優のKoyu Rankin(コーユー・ランキン)、アーティストのYoko Ono(ヨーコ・オノ)など多彩な才能が集結している。

Wesley Anderson(ウェス・アンダーソン)監督は、アメリカ合衆国のニュースサイト『IndieWire』(インディーワイアー)のインタビューで、映画『Isle of Dogs』(アイル・オブ・ドッグス(邦題未定))のアイデアの源泉、インスピレーションを受けた作品について語った。

Wesley Anderson(ウェス・アンダーソン)監督がインスピレーションを受けた作品として、子どもの頃に夢中で見ていたという1970年代にテレビアニメーション(ストップモーション・アニメーション)として一世を風靡したRankin/Bass Productions(ランキン/バス・プロダクション)が制作した、日本国では『Rudolph The Red-Nosed Reindeer』(邦題:ルドルフ 赤鼻のトナカイ)でも知られる『Rankin/Bass Christmas Special』(ランキン/バス クリスマス スペシャル)を挙げ、「いつか自分でもあんな作品(人形アニメーション)を作ってみたかったんだ」と語っている。続けて挙げたのが、日本国映画の巨匠:映画監督/脚本家の故・黒澤 明監督、そして、“黒澤映画”。映画『Isle of Dogs』(アイル・オブ・ドッグス(邦題未定))を制作にするにあたって、故・黒澤 明監督への熱烈なる敬愛を余すことなく表明しており、“黒澤映画”からの影響の方が(ストップモーション・アニメーションより)大きいかもしれない」と断言している。そして、Wesley Anderson(ウェス・アンダーソン)監督にお気に入りの“黒澤映画”を尋ねると、「もちろんお答えするよ!挙げるとすれば、『天国と地獄』、『悪い奴ほどよく眠る』、『酔いどれ天使』かな」と答え、日本国の文化への愛が垣間見られる回答となった。

 

Wesley Anderson(ウェス・アンダーソン)監督が挙げた『Rankin/Bass Christmas Special』(ランキン/バス クリスマス スペシャル)を制作したRankin/Bass Production(ランキン/バス・プロダクション)は、日米合作作品も多く制作し、映画史上にも残しており、のちに関連会社が映画監督/アニメーター/漫画家の宮崎 駿監督の映画『風の谷のナウシカ』の制作母体となったことでも知られる。Wesley Anderson(ウェス・アンダーソン)監督は、宮崎 駿監督とその作品に対しても深い敬愛を持っており、日本国のストーリーテイリング対する熱烈な関心、敬意の念、賞賛を感じることができる。

Wesley Anderson(ウェス・アンダーソン)監督が挙げた“黒澤映画”に、映画『Isle of Dogs』(アイル・オブ・ドッグス(邦題未定))のヒントが隠されているかもしれない。映画『Isle of Dogs』(アイル・オブ・ドッグス(邦題未定))がどのような世界観で描かれ、展開されるのかにも期待が膨らむが、まだ“黒澤映画”を観たことがないという人は、まずは“黒澤映画”からチェックしてみることもお勧めする。

単に日本国を舞台としているだけでなく、日本国のエンターテイメントの源流にまで視野に入れた映画『Isle of Dogs』(アイル・オブ・ドッグス(邦題未定))は、来年2018年に公開予定。

Isle of Dogs
アイル・オブ・ドッグス(邦題未定)

© Twentieth Century Fox

日本国がストーリーの舞台となり、失踪した愛犬を探す少年、そして、犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く。アンダーソン監督からみた日本とは一体どんなものなのか?全世界がウェス・アンダーソンの独創的なイマジネーションが生み出す、“誰も見たことがない日本”への旅に興奮を覚えるに違いない。“アニメーション”というカルチャーが台頭する日本において、ウェス・アンダーソンが新たなアニメーションの扉を開くとともに、この現代最高の才能が送り出す、日本文化発信の世界的ムーブメントが、いま、起ころうとしている―。

  • 公開: 2018年(予定)
  • 監督: Wesley Anderson(ウェス・アンダーソン)
  • 出演: Bill Murray(ビル・マーレイ)、Jeff Goldblum(ジェフ・ゴールドブラム)、Edward Norton(エドワード・ノートン)、Harvey Keitel(ハーヴェイ・カイテル)、Tilda Swinton(ティルダ・スィントン)、F. Murray Abraham(F・マーレイ・エイブラハム)、 Balaban(ボブ・バラバン)、野村訓市、Scarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)、Greta Gerwig(グレタ・ガーウィグ)、Bryan Cranston(ブライアン・クランストン)、Liev Schreiber(リーブ・シュライバー)、Koyu Rankin(コーユー・ランキン)、Yoko Ono(ヨーコ・オノ)、ほか
  • 配給: 20世紀フォックス映画

© Twentieth Century Fox

   
error: