The Classic Rock Awards 2016

©Michiko Yamamoto / TeamRock.com

©Michiko Yamamoto / TeamRock.com

The Classic Rock Awards 2016 / Classic Rock Roll of Honour(クラシック・ロック・アウォーズ2016 / クラシック・ロック・ロール・オブ・アーナー)が、2016年11月11日(金曜日)に東京・両国国技館で開催された。

 

The Classic Rock Awards 2016 / Classic Rock Roll of Honour(クラシック・ロック・アウォーズ2016 / クラシック・ロック・ロール・オブ・アーナー)は、イギリス(連合王国)の音楽雑誌『Classic Rock』(出版:TeamRock)が主宰しているアウォードで、2005年から開催され、今回初めてアジア、日本国で開催されるとあって注目を集め、国内外から多くのオーディエンスで埋め尽くされた。

©Michiko Yamamoto / TeamRock.com

©Michiko Yamamoto / TeamRock.com

授賞式とガラ・スペシャル・セッションの出演者には、世界三大ロック・ギタリストに名を連ねるJimmy Page(ジミー・ペイジ)とJeff Beck(ジェフ・ベック)、Joe Perry(ジョー・ペリー) from Aerosmith(エアロスミス)、Cheap Trick(チープ・トリック)、Phil Collen(フィル・コリン) & Joe Elliot(ジョー・エリオット) from Def Leppard(デフ・レパード)、Bamboo(バンブー)、Richie Sambora(リッチー・サンボラ)、Orianthi(オリアンティ)、YOSHIKI(ヨシキ)など、世界中からロック界のレジェンド、スターたちが集結。

©Michiko Yamamoto/TeamRock.com

©Michiko Yamamoto / TeamRock.com

そして、開催直前に急遽出演が決まった、今年2016年2月に開催されたGrammy Awards(グラミー賞)授賞式においてHOLLYWOOD VAMPIRES(ハリウッド・ヴァンパイアーズ)としてのパフォーマンスでも話題になった俳優のJohnny Depp(ジョニー・デップ)も来日・出演、日本国での初パフォーマンスを披露し、花を添えた。Grammy Awards(グラミー賞)授賞式の際、The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)のKeith Richards(キース・リチャーズ)と一緒にWOWOWの生放送に飛び入り出演したJohnny Depp(ジョニー・デップ)が「日本国でも機会があれば演奏したい」と言っていたことが、早々に実現した形となる。

授賞式では、Album Of The Year(アルバム・オブ・ザ・イヤー)にDef Leppard(デフ・レパード)、The Showman(ザ・ショウマン)にCheap Trick(チープ・トリック)、The Icon(ザ・アイコン)にJeff Beck(ジェフ・ベック)、The Asian Icon(ザ・アジアン・アイコン)にYOSHIKI(ヨシキ)が輝き、それぞれ喜びを語り、熱きパフォーマンスを繰り広げた。

The Showman(ザ・ショウマン)に輝き、トロフィーを受け取ったCheap Trick(チープ・トリック)のリード・ギター/バック・ヴォーカルのRick Nielsen(リック・ニールセン)は、「帰ってきたぜ、武道館!」(※会場は、両国国技館)と、お茶目でユーモア溢れるRick Nielsen(リック・ニールセン)らしいコメントで会場を沸かせ、往年の名曲と最新シングル曲を披露。日本国での不動の人気が伺えた。

 

Classic Songwriter(クラシック・ソングライター)に輝いたRichie Sambora(リッチー・サンボラ)は、映画『Michael Jackson THIS IS IT』(邦題:マイケル・ジャクソン THIS IS IT)でも脚光を浴びたギタリストのOrianthi(オリアンティ)、そして、ゲストにネイティヴ・アメリカンのブルースマンでハーモニカ奏者のHook Herrera(フック・エラーレ)を迎え、Bon Jovi(ボン・ジョヴィ)の曲をカヴァーし、披露。

The Asian Icon(ザ・アジアン・アイコン)に輝いたYOSHIKI(ヨシキ)は、Prince(プリンス)、David Bowie(デヴィッド・ボウイ)、George Martin(ジョージ・マーティン)など今年2016年にこの世を去ったレジェンドを追悼、そして、「この賞をX JAPAN、HIDEとTAIJIに捧げます」と語り、トリビュートとしてDavid Bowie(デヴィッド・ボウイ)の『Space Oddity』、X JAPANの『ART OF LIFE』を透明に輝くピアノで披露し、他のレジェンドやスターたちからも注目を集めた。

ガラ・スペシャル・セッションでは、ロック界のレジェンドやスターたちが入れ替わり立ち代わりパフォーマンス、次々と往年の名曲を披露し、オーディエンスの熱気も最高潮に。二度と同じメンバーでのパフォーマンスは実現しないであろう豪華なステージとなった。Johnny Depp(ジョニー・デップ)も後半ほぼ全てのセッションに出演し、ハードに格好良くギターを弾き、より鋭さが増したプレーを披露し、ロック界のレジェンドやスターたちとの共演を果たした。

そして、今回のThe Classic Rock Awards 2016 / Classic Rock Roll of Honour(クラシック・ロック・アウォーズ2016 / クラシック・ロック・ロール・オブ・アーナー)の大取は、最高栄誉のThe Icon(ザ・アイコン)の発表となり、プレゼンターとしてJimmy Page(ジミー・ペイジ)が登場し、Jeff Beck(ジェフ・ベック)にトロフィーを授与。Jimmy Page(ジミー・ペイジ)は、Jeff Beck(ジェフ・ベック)を称賛し、Jeff Beck(ジェフ・ベック)は「姉に感謝する。12歳のときに姉にJimmy(ジミー)を紹介されたことで自分の人生が大きく変わったからだ・・・ただし、悪い方にだけどね・・・冗談だよ!」とコメントし、Jimmy Page(ジミー・ペイジ)とJeff Beck(ジェフ・ベック)の友情がにじみ出るものとなった。その後のJeff Beck(ジェフ・ベック)のパフォーマンスは、言うまでもなく世界最高峰の演奏を見せ付けるものとなった。

※受賞及びセットリストは、次のページで紹介

日本国で、この豪華なメンバー出演のもとThe Classic Rock Awards 2016 / Classic Rock Roll of Honour(クラシック・ロック・アウォーズ2016 / クラシック・ロック・ロール・オブ・アーナー)授賞式とパフォーマンス、ガラ・スペシャル・セッションが実現されたこと自体が奇跡に近い。多くのオーディエンスが期待していたJimmy Page(ジミー・ペイジ)のパフォーマンスがなかったのは残念だったが、同じステージに世界三大ロック・ギタリストの2人が肩を並べて立ち、世界中から集結したロック界のレジェンドやスターたちが柵や垣根を越えてパフォーマンスをしたことも、多くの人々の記憶に残り、伝説となるだろう。

TeamRock.com
http://teamrock.com/

©TeamRock.com Limited.

   
error: