• HOME
  • NEWS LIST
  • Art
  • 漫画家 水木しげる生誕100周年を記念した初の大型展覧会の詳細が明らかにー海抜250mの天空に妖怪たちが大集合

漫画家 水木しげる生誕100周年を記念した初の大型展覧会の詳細が明らかにー海抜250mの天空に妖怪たちが大集合

妖怪漫画の第一人者である故・水木しげる氏初の大型展覧会の展示構成や展示イメージ、見どころが発表された!どのような展覧会になるの!?記事を読み進めよう!

 
水⽊しげるの妖怪 百⻤夜⾏展〜お化けたちはこうして⽣まれた〜
展覧会『水⽊しげるの妖怪 百⻤夜⾏展〜お化けたちはこうして⽣まれた〜』のエントランスとなる天空の水木しげるロード ※イメージ ©︎水木プロダクション
水⽊しげるの妖怪 百⻤夜⾏展〜お化けたちはこうして⽣まれた〜

展覧会『水⽊しげるの妖怪 百⻤夜⾏展〜お化けたちはこうして⽣まれた〜』第3章 水木しげるの妖怪工房 ※イメージ ©︎水木プロダクション

漫画家/妖怪研究家/紙芝居作家 故・水木しげるの生誕100周年を記念した初の大型展覧会『水木しげるの妖怪 百鬼夜行展〜お化けたちはこうして生まれた〜』の展示構成や見どころが明らかになった。

 

今年2022年3月に生誕100周年を迎えた故・水木しげるの妖怪世界に迫り、存命時に描き続けた妖怪画をフィーチャーする本展は、たくさん妖怪の名が描かれた提灯が灯る中、水木しげるの出身地・⿃取県境港市に並ぶブロンズ像と同じたくさんの妖怪たちが出迎えるほか、NHK Eテレ『てれび絵本』で紹介の「水木しげるの妖怪えほん」に登場する妖怪たちの迫⼒映像が上映されるエントランス「天空の水木しげるロード」、幼少期・境港時代・従軍時代・貧困の貸本漫画家から一躍人気漫画家となった時代までをたどる第1章「水⽊しげるの妖怪人⽣」、水木しげるが古書店で購⼊し所蔵していた⿃⼭⽯燕の『画図百⻤夜⾏』や柳⽥國男の『妖怪談義』をはじめとする妖怪関連の書籍が展示される第2章「古書店妖怪探訪」、水木しげるの妖怪画の創作方法を〈絵師たちから継承〉〈様々な資料から創作〉〈文字情報から創作〉に分けて紹介する第3章「水⽊しげるの妖怪工房」、⼭・水・⾥・家それぞれに棲む妖怪の原画が展示される第4章「水⽊しげるの百⻤夜」で構成され、『ゲゲゲの⻤太郎』にもメインキャラクターとして登場した妖怪“塗壁”(ぬりかべ)や、古くなって粗末に扱われた草履が化けた“化け草履”、狸が化けて人を驚かすという“大かむろ”などの妖怪画100点以上が公開。

さらに本展会場と同フロアにあるTHE SUN & THE MOON(Cafe)が、会期中はコラボレーションカフェ“妖怪の森Cafe”となり、本展のタイトルからインスパイアされた“百⻤夜⾏パフェ”をはじめ、妖怪の世界やキャラクター、水木しげるの漫画作品をモチーフにした8品の楽しいフードメニュー、デザートメニュー、ドリンクメニューが登場する。

海抜250m、東京の眺望が360度楽しめる東京シティビューに、水木しげるが生み出した妖怪たちが大集合し、妖怪の世界が広がる本展となる。

 

水木しげるは、1958年に漫画『ロケットマン』で漫画家デビュー。1960年に漫画『墓場鬼太郎』(1968年に漫画『ゲゲゲの鬼太郎』に改名)、1961年に漫画『河童の三平』、1963年に漫画『悪魔くん』など代表作となる作品を発表し、妖怪研究家としては1966年から『週刊少年サンデー』連載『ふしぎなふしぎなふしぎな話』で妖怪画を発表するなど、妖怪漫画の第一人者である。大人気を博す『ゲゲゲの鬼太郎』は、5度のアニメ化、2度の実写映画化。太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征、爆撃を受け左腕を失った経験から、戦争を主題とする作品も多く描いてきた。2010年には妻・布枝の著書『ゲゲゲの女房』がドラマ化・映画化。2015年11月30日に多臓器不全のため逝去、享年93歳だった。

故・水木しげるの生誕100周年を記念した初の大型展覧会『水木しげるの妖怪 百鬼夜行展〜お化けたちはこうして生まれた〜』は、2022年7月8日(金曜日)から9月4日(日曜日)まで東京シティビューで開催される。

RECOMMEND
INFORMATION

 

日程: 2022年7月8日(金曜日)から9月4日(日曜日)
時間: 10時00分から22時00分(最終入館は21時00分)
休館: 会期中無休
会場: 東京・東京シティビュー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
料金: 事前予約制 一般 当日 2,200円(税込) 前売り 1,900円(税込) / シニア(65歳以上) 当日 1,900円(税込) 前売り 1,600円(税込) / 高校生・大学生 当日 1,600円(税込) 前売り 1,300円(税込) / 4歳〜中学生 当日 1,000円(税込) 前売り 700円(税込) / ほか
注意: 本展覧会に関する情報は予告なく変更になる場合があります。また、情勢によりやむを得ず、営業時間に変更が生じる場合や、休業となる可能性もあります。最新情報、詳細、注意事項を公式サイトおよび公式SNSにて必ずご確認ください。
お問い合わせ: 東京シティビュー 03-6406-6652

 
水木しげる生誕100周年サイト
https://www.mizukipro.com/100th/

 

 

©︎ 水木プロダクション
 
 

展覧会『水木しげるの妖怪 百鬼夜行展〜お化けたちはこうして生まれた〜』のエントランスは、時間・昼夜で景色が変化するということで、何度行っても楽しめそう!会場エントランス内に隠れている妖怪5体を、“妖怪カメラAR”で探して一緒に記念撮影をすることもできるらしい!妖怪たちと仲良くなるチャンスだね!そして、通常チケットの他に、お得なペア割や、親⼦キッズワークショップ+展覧会チケット(10組20名様・抽選)も発売中!ワークショップやナイトツアーの詳細も公式サイトにアップされているのでチェックしよう!妖怪の森カフェでは、7月29日(⾦曜日)に東京・明治座で開幕する舞台『ゲゲゲの⻤太郎』とも連動し、舞台公演チケットの半券を提示すると、お食事メニューのセットドリンクが無料になるキャンペーンも!盛りだくさん!

 
error: