展覧会『鈴木敏夫とジブリ展〜宮さんは絵を描き、僕は字を書く。〜』が熱い—鈴木敏夫の言葉の魔法にかけられて

©︎TS ©︎Studio Ghibli ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate
Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

展覧会『鈴木敏夫とジブリ展〜宮さんは絵を描き、僕は字を書く。〜』が、2019年4月20日(土曜日)より東京・神田明神 文化交流館 EDOCCO内 神田明神ホールで開催されている。

 

展覧会『鈴木敏夫とジブリ展〜宮さんは絵を描き、僕は字を書く。〜』は、2017年に広島・筆の里工房、2018年に愛知・松坂屋美術館と石川・金沢21世紀美術館で好評を博した展覧会『スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展』を元に、さらにスタジオジブリとその作品の魅力を詰め込んで、バージョンアップして開催。東京でのスタジオジブリに関する展覧会の開催は、『ジブリの大博覧会』以来約3年ぶりとなる。長年に渡って世界中で愛され続けているジブリ作品を手掛け、作品の世界観をより多くの人に伝えるために監督の意図を汲み作品と真摯に向き合うことで、その本質を“言葉”にして伝えてきたスタジオジブリ 代表取締役/映画プロデューサーの鈴木敏夫の軌跡を追って6つの章で構成され、「原点」から「今」を紹介。さらに鈴木敏夫の“言葉”に焦点を当て、鈴木敏夫が書き下ろした書やイラストをはじめ、来場者に投げかける新たな時代へのメッセージが展示されている。

 

開幕前日4月19日(金曜日)には内覧会が開催され、鈴木敏夫と、2001年公開の映画『千と千尋の神隠し』で湯婆婆と銭婆のキャラクターヴォイスを務めた女優/シンガーの夏木マリが出席。鈴木敏夫は、挨拶で「僕は書き散らかしたものを未練たっぷりに残しておく癖があるのですが、宮崎駿という人は本当に思い切りのいい人で、どんどん捨てちゃうんです。宮崎(駿)がゴミ箱に捨てた物を僕が拾ってとっておくのですが、三鷹の森ジブリ美術館をつくるときに、宮崎(駿)は「あれとってあるよね?」って言うんですよ・・・(笑)」と映画監督/アニメーター/漫画家の宮崎駿監督についても話し、MCから宮崎駿監督の復帰作について聞かれると「そろそろジブリもネタ切れで・・・(笑)。宮崎(駿)が引退発表会見をして、僕は隣で終始嬉しそうにしていたのに。何もやらなくていいと思ってたら、騙されたんです。彼がもう一度やりたいと。(『君たちはどう生きるか』は)3年かけて、絵コンテがいままさに完成しようとしています。(公開時期は)まだわからないけど、3年後になるかな・・・」と復帰作についても言及。夏木マリは、2001年公開の映画『千と千尋の神隠し』の湯婆婆について「声を入れる日に、宮崎駿さんが私に「ジブリっていうのはね、一番上に鈴木敏夫っていうのが金勘定しているんだよ。だから悪役だからといって張り切らず、湯屋を立て直す一人の働く女性としてやってください」と話してくれた。そうだ、鈴木さんの女版でやればいいんだ!と楽しくなった思い出がある」と明かし、展覧会については「鈴木さんの頭の中が展示されているよう空間。パワースポットのように人気が出そう」と語った。

ここで展覧会『鈴木敏夫とジブリ展〜宮さんは絵を描き、僕は字を書く。〜』の見どころをご紹介する。

書の間

©︎TS ©︎Studio Ghibli ©︎ SAPIENS TODAY and Wingedicate Photo by Ryohei Ryan Ebuchi

提灯の灯るゲートを潜れば、そこは鈴木敏夫の頭と心の中。書の間には、鈴木敏男が書き下ろした言葉やジブリ映画の名台詞の書が展示されている。力強い言葉と書に囲まれ、圧倒される。

 

©︎TS ©︎Studio Ghibli

 

   
続きを読む
1 / 5
error: