Ghibli Expo

今日2016年7月7日(木曜日)から9月11(日曜日)まで、六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリーにて、『ジブリの大博覧会~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~』が開催される。

 

『ジブリの大博覧会』では、1985年のスタジオジブリ設立から30年間の歩みを体感できる特別企画となっており、スタジオジブリの倉庫や三鷹の森ジブリ美術館に貯蔵されていた原画、ラフ画、ポスターやチラシ、新聞広告、中刷り広告といった広告宣伝物、制作資料、企画書、台本など未公開資料を含む膨大な数の資料を展示。

image_2_ghibli

「レッドタートル ある島の物語」展、「ジブリの大博覧会」展、「空飛ぶ機械達」展の3つの企画展から構成され、その中には、大トトロが出迎えてくれるコーナーやジブリの倉庫と題していたるところにいままで販売されたグッズなどを展示しているコーナー、いまにも動き出しそうな猫バスに乗って写真撮影が出来るフォトロケーション、スタジオジブリのプロデューサーでもある鈴木敏夫のデスクが再現されているコーナーなど、見どころ満載。

風の谷のナウシカ ©1984 Studio Ghibli・H

中でもポスタールームに展示されている世界に1枚しか残っていない『風の谷のナウシカ』(1984年)の第1弾ポスターは、貴重な展示になっている。また、タイトルロゴやキャッチコピー、レイアウトを決める際のやり取りが書かれた書簡も資料として展示され、『耳をすませば』(1995年)では、鈴木敏夫からコピーライター/エッセイスト/作詞家の糸井重里宛に送られた書簡も見ることができ、作品ができるまでの過程もわかるようになっている。

また、カンヌ国際映画祭で上映された、2016年9月17日(土曜日)より全国公開となるスタジオジブリ最新作『レッドタートル ある島の物語』からは、原画やラフ画、カラースクリプトなども展示され、公開目前にしてイメージを膨らませることもできる。

スタジオジブリの中野晋輔氏は、私たちのインタビューに対して、「30年間もやっているとたくさんの資料が溜まり、こうやって見ると公開したときのことがわかり、懐かしくもある。広告宣伝物、ポスター、企画書などを見ていただくと、スタジオジブリの作品がどのようにして作られたのかもわかっていただけると思う。既にジブリを知っていただいている方、新たにジブリを知っていただく方に、色んな角度や別の視点から見てもらえる展示になっている。是非、多くの方々に『ジブリの大博覧会』に足を運んでいただき、楽しんでいただきたい」と話してくれた。

 

image_4_ghibli_2

オフィシャルショップでは、オフィシャルグッズが勢ぞろいし、1993年に一度だけ発売された『となりのトトロ』ベージュ色のぬいぐるみを限定復刻し、発売する(M 5,000円(税抜)/日本製/全高約27cm)ほか、1988年公開当時に発売された「ミミズクトトロ」のぬいぐるみを『ジブリの大博覧会』限定でマスコットにして発売する(1,200円(税抜)/日本製/全高約11cm)。また、スタジオジブリ×竹谷隆之×海洋堂が『風の谷のナウシカ』に登場す翅蟲(はむし)の一種「蛇螻蛄」(へびけら)の可動式フィギュアを限定発売(12,800円(税別))。

『ジブリの大博覧会』会期中は、Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE ROOM Cafe Area THE SUNでは、ジブリ作品をイメージしたオリジナルメニューも楽しめる。

ほかにも東京メトロクイズラリーの開催や日本郵便からオリジナルフレーム切手が発売されるなど、『ジブリの大博覧会』との連動企画もスタートする。

『ジブリの大博覧会』の開催が決定し、企画も進み、前売りチケットの発売も始まっていたが、一般の入場料が2,300円だということを気にしていたスタジオジブリのプロデューサーでもある鈴木敏夫。鈴木敏夫は、「汗と涙の30年間を、是非見てください。」と、スタジオジブリの30年の歩みをどうしても多くの人々に見てほしいという思いから、関係各所と交渉し、映画鑑賞料金と同じ1,800円にまで下げ、全ての入場料を一定額下げている。この並々ならぬ愛情と気合いの入った『ジブリの大博覧会』に遊びに、そして、海抜250mの高さであなたを待っているトトロや猫バスたちにも会いに行ってみてはどうだろうか。

ジブリの大博覧会~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~

  • 会期: 2016年7月7日(木曜日)から9月11日(日曜日)
  • 時間: 10時00分から22時00分(最終入場 21時30分)
  • 会場: 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー
  • 主催: 東京シティビュー
  • 企画制作協力: スタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館
  • 協賛: 日清製粉グループ、大日本印刷、ア・ファクトリー
  • 入場料: 一般 1,800円 / 高校・大学生 1,200円 / 4歳~中学生 600円 / シニア(65歳以上)1,500円
  • お問い合わせ: 03-6406-6652 (六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー)

ジブリの大博覧会~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~
http://www.roppongihills.com/tcv/jp/ghibli-expo/
http://twitter.com/ghibli_expo_t

   
error: