©Universal Studios.

映画『SING/シング』フランク・シナトラを彷彿させる山寺宏一の歌唱力

©Universal Studios.

映画『Sing』(邦題:シング)日本語吹き替え版で声優/タレント/俳優/ナレーター/MCの山寺宏一がキャラクターヴォイスを務める白ネズミのMike(マイク)の特別映像が公開された。

 

現在、映画『Sing』(邦題:シング)は、全世界で続々と公開され、世界各国で週末興行収入初登場第1位を獲得するなど大ヒットしている。

今回公開された映像は、日本語吹き替え版の本編映像。白ネズミのMike(マイク)が、コアラのBuster Moon(バスター・ムーン)が主催するコンテストで、シンガー/俳優のBing Crosby(ビング・クロスビー)の「Pennies from Heaven」(ペニーズ・フロム・ヘブン)を見事に歌い上げるシーン。

欲張りで、自己チュー、騙すのも、歌うのも、同じくらい軽やかにやってのけるずる賢い白ネズミのMike(マイク)は、お金・権力、そして、派手なものが大好きで、シンガー/俳優/プロデューサーのFrancis Sinatra(フランク・シナトラ)のように歌うことを得意とするジャズ・ミュージシャン。賞金目当てにコアラのBuster Moon(バスター・ムーン)が主催するコンテストに参加するが、ほかのアマチュアの挑戦者たちを小バカにするちょっぴり意地悪な一面もある一方、歌のスキルが抜群に高い。

オリジナル版で白ネズミのMike(マイク)のキャラクターヴォイスを演じるのは、映画『Ted』(邦題:テッド)の監督でもあり、シンガーとしてはThe GRAMMYs®(グラミー賞®)にもノミネートされるほどの実力を持つなど、マルチに活躍している俳優/コメディアン/シンガー/声優/アニメーター/映画監督/脚本家/プロデューサーのSeth MacFarlane(セス・マクファーレン)。

特別に全編吹替え版の制作が許された日本国、日本語吹き替え版で白ネズミのMike(マイク)のキャラクターヴォイスを演じるのは、テレビアニメーション『新世紀エヴァンゲリオン』の加持リョウジ、ディズニーキャラクターではドナルド・ダックをはじめとするディズニーの仲間たちのキャラクターヴォイスを多数担当、映画では俳優のJim Carrey(ジム・キャリー)や俳優/映画プロデューサーのBrad Pitt(ブラッド・ピット)の声を務めるなど幅広く活躍し、高い演技力と何層にも及ぶ声域、魅力的な歌声も高く評価されている“七色の声を持つ声優”山寺宏一。

山寺宏一は、白ネズミのMike(マイク)のキャラクターヴォイスを演じるにあたり、Seth MacFarlane(セス・マクファーレン)の歌声を聴いたり、Francis Sinatra(フランク・シナトラ)の動画を見たりしたことによって、かなりのプレッシャーを感じ、「やってやろうじゃないかと息を巻いていたが、セスとシナトラの色んな動画を見たり、曲を聴いたりしていたら、やべーぞっと思って・・・。レコーディング前日はプレッシャーでなかなか寝付けなかった」と当時を振り返っている。しかし、そんな山寺宏一の心配をよそに、収録本番では日本語吹替え版の音楽プロデュースを手掛けるミュージシャン/音楽プロデューサーの蔦谷好位置も絶賛するほどの見事な歌声を披露。劇中では、他にもFrancis Sinatra(フランク・シナトラ)の「My Way」(マイ・ウェイ)や俳優/シンガー/ダンサーのFred Astaire(フレッド・アステア)の「Let’s Face the Music and Dance」(レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス)も日本語で披露している。Francis Sinatra(フランク・シナトラ)を彷彿とさせる低く渋みのかかったダンディーな山寺宏一の歌声に、誰しもが驚き、聞き入ってしまうだろう。

 

The GRAMMYs®(グラミー賞®)受賞総数100を超える錚々たるアーティストたちの楽曲が使用され、豪華スターが夢の共演を果たし、歌声を披露することでも世界中から注目を集めている超話題作―映画『Sing』(邦題:シング)は、2017年3月17日(金曜日)より全国ロードショーで公開される。

Sing  (Original Motion Picture Soundtrack)
Stevie Wonder Faith feat. Ariana Grande
スティーヴィー・ワンダー フェイス feat. アリアナ・グランデ

©Universal Studios.

  • デジタル配信中
  • 輸入盤サウンドトラック発売中(国内盤サウンドトラック 2017年3月発売予定)
Sing
シング

動物だけが暮らすどこか人間世界と似た世界――取り壊し寸前の劇場支配人バスター(コアラ)は、かつての栄光を取り戻すため、世界最高の歌のオーディションを開催することに。主要候補は5名。極度のアガリ症のシャイなティーンエイジャーのミーナ(ゾウ)、ギャングファミリーを抜け出し歌手を夢見るジョニー(ゴリラ)、我が道を貫くパンクロックなティーンエイジャーのアッシュ(ヤマアラシ)、25匹の子ブタ達の育児に追われる主婦のロジータ(ブタ)、貪欲で高慢な自己チューのマイク(ハツカネズミ)、常にパーティー気分の陽気なグンター(ブタ)。人生を変えるチャンスを掴むため、彼らはオーディションに参加する!劇中にはレディ・ガガの「バッド・ロマンス」やビートルズの「ゴールデン・スランバー」など誰もが聴いたことがあるヒットソングや名曲が60曲以上も登場!

  • 公開: 2017年3月17日(金曜日) 全国ロードショー
  • 監督/脚本: Garth Jennings(ガース・ジェニングス)
  • 製作: Chris Meledandri(クリス・メレダンドリ)、Janet Healy(ジャネット・ヒーリー)
  • 出演: Matthew McConaughey(マシュー・マコノヒー)、Reese Witherspoon(リース・ウィザースプーン)、Seth MacFarlane(セス・マクファーレン)、John C. Reilly(ジョン・C・ライリー)、Taron Egerton(タロン・エガートン)、Tori Kelly(トリー・ケリー)、Nick Kroll(ニック・クロール)、Jennifer Saunders(ジェニファー・サンダース)、Peter Serafinowicz(ピーター・セラフィノウィッツ)、Leslie Jones(レスリー・ジョーンズ)、(ジェイ・ファロア)、Nick Offerman(ニック・オファーマン)、Beck Bennett(ベック・ベネット)、ほか
  • 配給: 東宝東和

Sing
シング
http://sing-movie.jp/

©Universal Studios.

   
error: